エアコンの移設費用の相場を解説【買い替えた方がいいケースも紹介】

「今度引っ越しをすることになったので、エアコンを移設したい。でも、費用の相場が分からないから知りたいな…」という方は、多いと思います。引っ越しは、一生に何度も経験することではありません。エアコンを移設するべきか、どれくらいの費用が必要かなど、疑問は尽きないですよね。

そこで今回は、以下の内容について解説します。

  • エアコンの移設費用の相場
  • エアコンを買い替えたほうがいいケース

街の修理屋さんでは、全国の工事実績が15万件以上あります。国税庁や日本郵便など、有名企業からも依頼を受けた実績があります。記事の信頼性は、確保されていますよ。ぜひ参考にして、エアコンの移設に役立ててくださいね。

エアコンの移設費用の相場

エアコンの移設費用の相場

エアコンの移設を考えたとき、一番気になるのは「費用相場」ではないでしょうか。

エアコンの移設に関して、相場は業者によってバラツキがあります。一般的には、20,000円前後で済む場合が多いです。

しかし、エアコン設置の際に追加工事が必要な場合など、費用が追加でかかる場合もあります。事前に見積もりを取りましょう。

一般的な相場は、以下の費用一覧の通りです。この金額を目安として、見積もりを確認しましょう。

  • 壁の穴あけ     … 10,000円~
  • 電圧の変換工事   …   6,000円~
  • 冷媒ガスの補充   … 15,000円~
  • コンセントの交換  …   3,000円~
  • コンセントの増設  … 15,000円~
  • 室外機の特殊設置  … 15,000円~
  • 追加配管の取り付け …   2,000円~

エアコンを買い替えた方がいいケース

エアコンを買い替えた方がいいケース

エアコンの移設に費用が掛かるのであれば、今使っているエアコンではなく、新しいエアコンを購入したいという方もいるでしょう。

次に、エアコンを買い替えた方がいいケースを見ていきましょう。

部屋の広さが変わる

エアコンの買い替えがおすすめのケースとして、引っ越し先の家の広さが変わるケースが挙げられます。

部屋の広さや家の広さが異なると、これまでのエアコンの機能では不十分の場合や、部屋の大きさに合っていない場合があります。このようなときはエアコンの買い替えがおすすめです。

エアコンは、部屋の広さや環境によって機能性なども異なります。例えば寒冷地に住んでいた方が使っていたエアコンを、暖かい地域で利用する場合には、環境が激変します。地域や環境に合ったエアコンに買い替えるべきでしょう。

5万円以下で購入した

買い替えを迷う際は、購入した金額も判断材料の一つとなります。

基準としては、5万円以下で購入したエアコンは、買い替えた方が良いでしょう。

なぜなら、引っ越しの取り外しと新居への取り付けの際に2万円ほどかかり、さらに場合によっては追加費用が掛かるケースもあるためです。結果として購入金額の5万円と同じくらいの費用が掛かってしまうことになります。

結果的に高額な移設費用を支払うのであれば、同じ金額で新しいエアコンを購入した方がお得です。新しいエアコンは長期的に使用もできます。この機会に性能の良いものを購入するというきっかけにもなるでしょう。

古くて安いエアコンの場合には買い替えを決意するべきでしょう。

7年以上使用している

購入から7年以上経過したエアコンも、買い替えを決意しましょう。

一般的に、エアコンは7年以上使用した場合には寿命が近いため、買い替えすることがおすすめです。

エアコンの寿命は10年~15年です。エアコンの個体によっても異なりますが、10年近くなったら使えなくなるケースが一般的です。

そのため、7年も利用している場合は、既に寿命が折り返し地点に来ている可能性が高いです。新しいエアコンを購入しましょう。

買取が可能なエアコンの特徴

買取が可能なエアコンの特徴

エアコンを買い替える際、古いエアコンを下取りしてもらったり、リサイクルショップで買取してもらうことを希望する方もいるでしょう。

買取が可能なエアコンとはどのようなものか、見ていきましょう。

状態が良い

買取してくれる条件として重要なのは、状態が良いということです。

状態が良いものは、買取してもらえることが多いです。しかし、状態が良くても年数が経過している場合には寿命も近いため買取拒否されることがあります。

日頃から定期的に清掃やメンテナンスを行うことで、買取の可能性が上がります。普段からキレイに使うと良いでしょう。

製造から5年以内

家電製品は、状態が良いことにプラスして、製造から経過した年数も重要です。

家電製品は特に、時代と共に製品の性能や機能性が向上しています。そのため、古いものを利用しようと思う方が少なく、リサイクルショップなどでも古いものは買取しない傾向にあります。

エアコンを高く買い取ってもらうコツ

エアコンを高く買い取ってもらうコツ

次に、エアコンを高く買取してもらうコツについて詳しく見ていきましょう。

繁忙期を狙う

エアコン需要が高まる繁忙期に合わせて売るのは、エアコンを高く買い取ってもらうコツの一つです。繁忙期は夏、次点で冬です。冬や夏が始まる前が良いでしょう。

猛暑や続く年では、通常繁忙期にはならない時期にも、エアコンの需要が高まることがあります。社会の状況や気温気候の変化を確認して、ベストなタイミングで買取してもらいましょう。

定期的に掃除をする

高く買い取ってもらうためには、状態を良くしておきましょう。

状態を良くするためには、定期的に掃除とメンテナンスが重要です。ほこりや異物などがエアコン内部に溜まらないようにしましょう。

定期的に清掃していない場合には、ほこりやダニなどの害虫が溜まることもあります。これらにより家の空気を汚してしまうことに繋がります。

ダニやほこりはアレルギーの原因にもなります。買取金額だけではなく、健康維持のためにも、エアコンの定期的な清掃がおすすめです。

買取できないエアコンの処分方法

買取できないエアコンの処分方法

買取してもらえないエアコンの処分はどのようにしたら良いでしょうか。ここからは、エアコンの処分方法について見ていきましょう。

家電量販店

家電量販店においては、家電回収サービスというものを実施していることがあります。

詳細は店舗ごとに異なりますが、家電回収のための送料が無料の場合や、エアコンの処分を対象としているお店もあります。エアコンの処分に困ったときはこのようなお店を利用することがおすすめです。

不用品回収業者

不用品回収業者は、粗大ゴミやパソコン、家電などさまざまなものの処分を依頼することができます。

引越しの際に出る大型ゴミや、使わなくなった家具・家電、ゴミ屋敷の対応など、さまざまなサービスを行っています。身近な不用品回収業者を探してみると良いでしょう。

自治体のリサイクル

自治体においても、リサイクルなどの活動をしている場合があります。

リサイクル活動を推奨している地域では、決められた日にリサイクル回収を行っていたり、自治体の決められた場所に持ち込みできる場合があります。

お住まいの地域ではどのような活動をしているのか、確認してみると良いでしょう。

まとめ

ここまで、引っ越しをした場合にエアコンは移設するべきか、買い替えるべきかについてご紹介してきました。

エアコンが古い場合や、5万円以下で購入したものなどは買い替えるべきで、買って間もないものや、高価なものに関しては、移設を決断すると良いでしょう。

ただし、移設の場合には、設置する場所次第で追加費用が掛かるケースがあります。事前に複数社から見積もりをもらいましょう。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す

施工事例

街の修理屋さんのスタッフブログ