ハエの種類から生態や特徴を知ることで対処法を詳しく解説します!

ハエを近くで見たことはありますか?
実は、ハエの種類は多く、それぞれ特徴があります。
また、とても小さなハエが飛んでいて、気になったことはありませんか?
あのハエは一般的に『コバエ』と呼ばれていて、小さい種類になります。
しかし、そのコバエの中にも種類はたくさんあります。
ただ、ハエ対策は基本的に同じなので、種類を覚える必要はありません。
ですから、ハエの種類に興味の無い方は、駆除する方法のみ確認しておけば良いでしょう。
この記事では、ハエの種類や対処法を解説しています。

ハエの種類について

では、ハエの種類について見ていきましょう。
まず、ハエは体の大きさで2つに分けられます。
その中にもたくさんの種類がありますが、代表的なハエをまとめています。

ハエの種類と生態

ハエは日本の中だけでも、約3,000種類も存在しています。
まずは、良く見かける大きさのハエについて、生態や特徴を解説します。

イエバエ

  • 家の中で良く見る種類
  • キッチンやトイレ、ゴミ箱などで発生する
  • 初夏~秋口に多い

ニクバエ

  • 代表的な例はセンチニクバエ
  • トイレやゴミ置き場などに多い
  • 動物の糞や死骸、生ゴミや食品などに卵を産む

食品に産み付けられた卵を食べてしまい、病気になることもあります。

クロバエ

  • 代表的な例はオオクロバエ
  • 比較的に低温を好むので春や秋頃に多い
  • 動物の糞や死骸などに発生する

キンバエ

  • 代表的な例はヒロズキンバエ
  • 体に光沢がある
  • 動物の糞や死骸、生ゴミから発生する

コバエの種類と生態

次に、小さいハエの種類について解説していきます。

ショウジョウバエ

  • 生ゴミに発生する
  • 腐った果実が好きで、食品に集まる
  • 主にキッチンで活動する

ノミバエ

  • 腐った植物やゴミに発生する
  • 食品や肉などに卵を産む
  • キッチンに多い

キノコバエ

  • 湿気が多く薄暗い場所を好む
  • 腐った植物が好き
  • 観葉植物や、腐葉土に生えるキノコ類をエサにする

チョウバエ

  • 排水口や下水管などのヘドロから発生
  • 他の部屋に侵入することも多い

ハエ症という病気になることも

ハエの中には、食べ物に卵を産み付ける種類がいます。
卵が産み付けられた食品を食べてしまうと、体内で孵化した幼虫が原因で下痢や腹痛になることがあります。
この症状は一般的に『ハエ症』と呼ばれていて、もし心当たりがある場合は医療機関で診てもらいましょう。

種類の多いハエが大量発生するサイクル

ハエは放っておくと、繁殖を繰り返して数が増えていきます。
ですから、ハエは早めに退治することが重要です。
しかし、飛び回っているハエを退治しただけでは、繁殖を止めることはできません。
そのため、発生を予防する対策が必要です。
そこで、ハエがどのようにして増えるのか確認しておきましょう。

ハエの一生について

まず、ハエの成虫の寿命は約1〜2ヶ月です。
ハエは成虫になり、5日ほど経つと産卵を始めます。
ハエは、5〜10回ほどに分けて卵を産みます。
一度に産む卵の数は種類によって差があり、イエバエは50〜150個、キンバエなら200〜500個です。
その後、半日~3日でウジ(幼虫)が生まれ、4〜10日でサナギになり、4〜11日ほどで成虫になります。
つまり、ハエの成虫だけではなく、卵なども合わせて駆除する必要があるということです。
ハエを駆除する方法については、別の記事でも解説しています。

たくさん種類がいるハエを対処するには?

ここからは、ハエを駆除する方法について解説します。
まず、ハエを家の中に入れないことが重要です。
その上で、家の中にいるハエを退治します。
では、それぞれ見ていきましょう。

外からハエが入ってくる場合

ハエは窓の隙間などから侵入します。
ですから、換気をする窓には網戸を取り付けましょう。
また、『ピタットボックス』などのハエ取り紙を、出入口に切って設置しても良いでしょう。
他にも、匂いで誘引させる『フライマグネット』や、ライトで誘引する『ムシポン』などの捕獲器を使えば、飛んでくるハエを屋外で捕獲することもできます。
ハエを退治する簡単なトラップについては、別の記事で解説しています。

室内にハエが飛んでいる場合

次に、家の中のハエを駆除する方法です。
まず重要なのは、ハエの発生源をきれいに掃除することです。

  • キッチンの三角コーナーや排水口
  • お風呂の排水口
  • ゴミ箱

などに気を付けましょう。

それから、ハエの成虫には電流が流れる『ハエ取りラケット』やハエ叩き、『アースジェット』などの殺虫スプレーを使います。
また、『桐灰のハエ取りリボン』や『カモ井の粘着式ハエ取り 吊るすだけ!』などの粘着シートを、吊り下げて捕獲する方法もあります。
ハエ取りグッズについては、別の記事で解説しています。

ハエの種類を関係なしに徹底対策したい……

ここまで、ハエの種類や対処法について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?
ハエにはたくさんの種類がありますが、基本的な対処法は同じです。
ですから、ハエの成虫は早めに退治して、卵を産みそうな場所はきれいに掃除しておきましょう。
さらに、外から入れないようにすれば、ハエの駆除は完了です。

ハエの種類関係なしに徹底した対策がしたい方はプロに頼もう!

しかし、中には対策をしてもハエが発生し続けることもあります。
おそらく、発生源を突き止めていないことが原因と考えられます。
また、自分でハエの対策をしたくない方もいらっしゃるでしょう。
そんな時は、専門業者にハエの駆除を依頼しましょう。
プロなら徹底的に調べて、ハエの発生を予防できます。
もし、ハエに関してお困りでしたら、お気軽にご相談ください。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す