エアコンが昼間に冷えない原因と対処法【室外機をケアしよう】

「昼間にエアコンを付けても部屋が冷えない。夕方や夜は問題ないけれど、昼間は暑すぎて家で過ごせないよ…」という悩みのある方は、多いと思います。近年の夏をエアコンなしで乗り切るのは、かなり難しいです。健康を害さないためにも、早めに解決したいですよね。

そこで今回は、以下の内容について解説します。

街の修理屋さんでは、全国の工事実績が15万件以上あります。国税庁や日本郵便など、有名企業からも依頼を受けた実績があります。記事の信頼性は、確保されていますよ。ぜひ参考にして、エアコンのトラブル解決に役立ててくださいね。

エアコンが昼間に冷えない理由

エアコンが昼間に冷えない理由

エアコンを付けているのに暑い…!夏の1番暑い時間帯にエアコンがうまく作動しないのはツライですし、電気代を使っているだけにストレスですよね。

でも、朝や夜などの比較的涼しい時間はちゃんと効いているので、壊れているわけではなさそう。そんな時どうすればいいのか困ってしまいますね。

一体なぜ昼間だけエアコンが効かないといった現象が、起こってしまうのでしょうか。その原因の多くは、室外機にある場合が多いです。

室外機は、室内の熱い空気を外へと排出してくれる役割があります。ですが、例えば余りに直射日光が室外機に当たっていたりする場合、正常に熱交換ができずに室内機に冷却ガスが回らなくなってしまうのです。

空気をうまく排出できないなど、室内機の方に問題があるのであれば、いくら設定温度を下げても部屋が冷えなくなります。どの時間帯も変わらず、エアコンが効かなくなります。

この場合は室内機の方の故障を疑いますが、朝や夜などはちゃんと冷えているのであれば、室外機側のトラブルを疑ってみましょう。

エアコンが昼間に冷えない際の対処法

エアコンが昼間に冷えない際の対処法

昼間にエアコンが冷えない時に、自分で行える対処法をご紹介していきます!
まずは、室内機の中のフィルターをチェックしてみてください。

フィルターにほこりが溜まってはいませんか?フィルターがほこりで目詰まりしてしまっていたら、冷気がそこでブロックされて部屋が冷えにくくなってしまいます。

フィルターのお手入れは簡単に行えます。まずは室内機を開けてフィルターを外し、掃除機でおおまかにほこりを吸ってしまいましょう。

その次に、優しく丸洗いをしてあげます。要らない歯ブラシで力を入れ過ぎないよう気をつけながらこすると、キレイに掃除ができますよ。それでも昼間にエアコンが冷えない時は、室外機の方のお手入れに移ります。

室外機を掃除する

室外機を覗いてみて、ゴミなどが溜まっているようだったら、掃除をしなければいけません。しかし、分解を伴うような本格的な掃除は、専門の知識がないと行うのは難しいでしょう。

自己流に行ってしまったら故障に繋がってしまうので、分解する時は必ず専門のエアコン業者に依頼してくださいね。自分で掃除を行えるのは、外側の汚れを取り除くことと、フィンと呼ばれる部分の2箇所です。

それぞれのお掃除方法をお伝えしていきますね。

1、室外機の外側の汚れ

室外機に付着しているほこりやゴミをほうきなどで、取り除きましょう。表面がキレイになったら、雑巾で仕上げに拭いていきます。余りに泥などの汚れの付着が激しい場合は、上から水をかけてもOKなんです。

ただし、ホースを下から上へと向けて水を送って、室外機の内部へと水が浸入してしまうような掃除の仕方は避けてください。

2、フィンの汚れ

フィンは室外機の裏側や、側面にある薄い金属板の部分のことを指します。ここで熱交換を行っているので、汚れていたら掃除をしてあげましょう。

フィンはアルミでできているので、力を加え過ぎてしまうと変形してしまあう恐れがあります。優しく拭き洗いをしてみてくださいね。

もっと内部の方にほこりやゴミが溜まっているのを見つけたら、故障してしまう前にエアコン業者に依頼をかけてください。

室外機の周辺を掃除する

室外機の周りの掃除もポイントとなります。室外機の周りが枝や葉っぱなどで汚れていると、異物混入の原因となってしまう場合があります。

また、室外機の近くに荷物が置かれていると、作動効率が悪くなって余分に電気代がかかってしまうことがあります。室外機の近くにはなるべく荷物を置かないようにして、キレイに保っておきましょう。

室外機の汚れをチェックする時は、一緒にドレンホースも汚れていないか覗いてみてくださいね。ドレンホースの詰まりもエアコンの効きが悪くなってしまう要因となりかねないので、こちらも清潔な状態を保ちましょう。

ドレンホースキャップや、ドレンホースの先にネットを付けて汚れが入りにくいようにしておけば、お手入れも簡単になりますよ。

室外機にカバーをかける

室外機に異物が混入するのを防いだり、直射日光が当たるのを避けるために、室外機カバーを付けてみるのもおすすめです。室外機カバーを付けるようになったら電気代が下がった!という声も少なくないんです。

ただし、余り隙間のないフィット感のある室外機カバーをかけてしまうと、エアコンの効きがより悪くなってしまうこともあります。実際にエアコンを取り扱っているダイキンは、エアコン作動時に室外機カバーを付けることをおすすめしていません。

では、どのように室外機を覆ってあげればいいのかというと、密着しているタイプではなく、すだれのような直射日光は避け、空気の通り道は残しておくタイプのものです。熱の逃げる場所がなくなってしまうと、エアコンの効きが悪くなるので、しっかり覆ってしまうタイプの室外機カバーは余り良くないのですね。

反対に、エアコンを使わない時期はほこりなどの混入を避けるために、覆うタイプの室外機カバーを付けるといいかもしれません。室外機カバーはネットショップなどでも購入できるので、是非上記のことを踏まえてお手持ちの室外機に合いそうなものを選んでみてくださいね。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す

施工事例

街の修理屋さんのスタッフブログ