シロアリ駆除剤の選び方は?自分で対処するコツ教えます

最近羽のついたアリを見かけるけど、もしやシロアリ?

そう思ったらすぐに対処をしていきましょう。

シロアリは手遅れになる前に対処しなければ大切な住まいをボロボロにされてしまいます。

気づいた時には修理が必要なほどの被害が…なんてことも珍しくありません。

コツさえ理解すれば、自分で対処することも可能なのでシロアリにお悩みの方はぜひこの記事を参考にしてみて下さいね。

自分で対処する場合は被害も少なく、シロアリの数も大量ではないことが条件となります。

被害によっては業者への依頼が必要になりますので、しっかり判断して行いましょう。

シロアリとは?種類や生態を解説

日本には20種類以上もの「シロアリ」が生息している事をご存知ですか?

シロアリという名前から「アリ」の仲間だと思っている方も多いようですが、アリではなく祖先はゴキブリと言われているのです。

種類によって生態や駆除方法も異なるシロアリは、私達の住まいに影響をもたらすことも…。

中でも私達の暮らしを脅かす種類が

  • ヤマトシロアリ
  • イエシロアリ

家の木材を食べてしまうため、住みつかれてしまっては大変です。

ほぼ1年中活動できるといわれているシロアリですが、種類によって発生時期が異なります。

まずはシロアリの生態を理解しておきましょう。

ヤマトシロアリの生態について

ヤマトシロアリは生息地が広く、日本でも生息数が多い種類です。

その生息数の多さにより最も被害が多いシロアリだといわれています。

羽アリは背中の一部が黄色の黒褐色をしています。

住みつかれてしまうと家は食害でボロボロになり、耐震が弱くなってしまうため注意しましょう。

ヤマトシロアリの発生時期

気温も暖かく穏やかな4月~5月と言われています。

この時期に巣から大量のヤマトシロアリの羽アリが飛び立っていくのです。(群飛)

繁殖が盛んな時期も同じ4月~5月といわれているため、早めに駆除をしていきましょう。

ヤマトシロアリの発生場所

乾燥に弱いヤマトシロアリは多湿な場所を好みます。

特に土の中・湿った木材が大好きなので、床下での被害が多いのです。

  • 湿気の多いジメジメした場所
  • 光が当たらず風通しの悪い場所

このような場所には要注意!

シロアリを確認する際も、上記の箇所はしっかりとチェックしましょう。

主な被害場所

被害場所で多く報告されているのが床下。

ヤマトシロアリによって床下をボロボロにされてしまうと大変です。

  • 耐震強度の低下
  • 家が傾く
  • 床が抜ける

など深刻な問題へと発展していきます。

また、床下だけでなく天井での被害も報告されているため少しでも不審に感じたら早めに調査をしてみましょう。

イエシロアリの生態について

イエシロアリの羽アリは茶褐色をしていて、ヤマトシロアリより生息地が狭いとされています。

生息地は狭いですが、被害を受けてしまうと大変だと言われているのがイエシロアリ。

なぜなら、深刻な問題に発展してしまうほど激しい被害がでる危険な種類なのです。

その被害についても詳しく解説いたします。

イエシロアリの発生時期

気温が高く暑くなってきた6月~7月といわれています。

夕方から夜の活動が多く、ヤマトシロアリとは逆の活動時間です。

夜になると大量のイエシロアリの羽アリが明かりに集まります。

イエシロアリの発生場所

イエシロアリも多湿な場所を好みます。

ヤマトシロアリと同じように床下での被害も多いため

  • 湿気の多いジメジメした場所
  • 光が当たらず風通しの悪い場所

このような場所は十分注意しましょう。

ヤマトシロアリとの違いに、イエシロアリは自分で水を運ぶことができるという特徴があります。

乾燥している木材でも自分達で水を運び湿らせて食べてしまうため、厄介で危険だと言われているのです。

確認する際は、湿った場所以外にも注意していきましょう。

主な被害場所

イエシロアリはエサ場だけでなく、離れた場所でも活動ができる種類。

1つの集団の個体数も多く、圧倒的なスピードで建物を食害していきます。

床下だけでなく、樹木や天井など建物全体におよぶためヤマトシロアリよりも被害が激しいのです。

イエシロアリに狙われてしまうと、取り返しのつかないことになってしまうため早めに調査をしていきましょう。

シロアリ駆除剤の成分を知ろう

シロアリの被害が少ない場合やまだ数が多くない場合、自分で対処してみようと思う方もいるでしょう。

そんな時に使用するのが「シロアリ駆除剤」

シロアリ駆除剤には様々な成分があり、その成分を把握せずに購入してしまうととても危険です。

成分によっては人体に悪影響を及ぼすため、お子様やペットと暮らしている方は特に気をつけて下さい。

成分ごとの特徴について解説していきますので、しっかりと把握したうえで購入しましょう。

ピレスロイド系

ピラゾール系は家庭用の殺虫剤や蚊取り線香にも含まれている成分の駆除剤。

速効性に優れているピレスロイド系は、忌避性なのでシロアリを寄せ付けません。

人体への影響も低く、お子様やペットと暮らしているご家庭でも安心してご利用いただけます。

殺虫剤にも含まれる成分なので魚を飼育している方は 注意して下さい。

また、他のシロアリに薬剤が伝わりにくいため(伝播性が低い)しっかり巣を狙って使用するのがポイントです。

ネオニコチノイド系

ネオニコチノイド系は煙草に含まれるニコチンを元にして作られた成分の駆除剤。

ニオイも少なく、シロアリなど昆虫に対して効果的なのが特徴です。

安全性が高いため、お子様やペットへの害がなく安心して使用することができます。

非忌避性なので、巣にいるシロアリに対しても効果的です。

フェニルピラゾール系

フェルピラゾール系は家庭用殺虫剤でも使用されていることもある成分の駆除剤。

非忌避性で伝播性も高いため、巣にいるシロアリ駆除にも効果的です。

少量でもしっかり駆除できるため、徹底的に駆除したい方にはおすすめ。

しかし、その毒性は強く人体やペットにも影響を及ぼすともあるため使用する際には注意が必要です。

お子様やペットと暮らしている方は特に注意して下さい。

カーバメート系

カーバメート系は除草剤などにも使用される成分の駆除剤。

伝播性に優れている上、遅効性もあるカーバメート系は巣にいるシロアリ退治にも効果的です。

熱や光にも強い成分なので安定性があるのも特徴。

毒性がやや高く、空気を汚染するため室内での使用する際は注意しましょう。

シロアリ駆除剤の種類

駆除剤の成分についてわかったところで、いよいよ駆除剤選びです。

こちらもどのように駆除をしたいのかなど目的によって選ぶ駆除剤が変わってきます。

ここでもしっかり確認をして、現状に合った駆除剤を探していきましょう。

スプレータイプ

エアゾール剤ともいわれているスプレータイプは、吹きかけるだけで駆除できるので簡単に使用することができます。

ノズルの長いものが多いので、狭い場所にも使用可能です。

木材にスプレーを吹きかければ予防にもなり効果的。

持続性が続くタイプも多いため、とても使いやすいタイプと言えるでしょう。

注意点としては、スプレーが風で流されてしまう事。

やみくもにスプレーしてもシロアリにとどかず逃げられてしまうこともあるため、しっかりと狙ってスプレーを吹きかけましょう。

液体タイプ

液体タイプは木材に穴を開けて注入したり、直接塗ったりして使用するタイプです。

原液のまま使用できるタイプや水で薄めて使用するタイプがあるため購入後はしっかり確認をしましょう。

木材に使用することでシロアリの侵入や通り道を塞ぐことができます。

駆除だけでなく予防にも効果がありますが、素人が行う場合は床下に潜る必要も出てくるため難しいかもしれません。

ベイトタイプ

ベイトタイプはシロアリの通り道などに設置する置き型タイプです。

置くだけなので簡単に使用できるのが特徴。

おびき寄せられたシロアリが毒エサを食べ、巣に持ち帰ることで効果を発揮します。

毒エサを巣に持ち帰ることで、しっかり巣を駆除できるのでおすすめです。

しかし、置き場所を間違えてしまうと食べてもらえないため意味がありません。

設置場所はしっかり検討しましょう。

また、定期的に薬剤の減りを確認することも忘れずに。

おすすめのシロアリ駆除剤

成分や種類がわかっても、いざ購入となると何が良いのか悩んでしまいますよね。

ここからはおすすめのシロアリ駆除剤を使用している成分共に一部ご紹介致します。

購入時の参考にしてみて下さい。

シロアリジェットプロ

ピレスロイド系の成分を使用しているため人体への影響が少ない上に即効性があります。

シュッと吹きかけるだけで駆除できるため、素早く使用できて簡単です。

忌避性もあり、予防効果が長く続くのも特徴。

スプレーすると薬剤が広範囲に広がってくれるため、狭い空間や巣にも使用できます。

駆除だけでなく、予防や木材の防腐効果にも期待できる商品です。

シロアリフォーム

フェニルピラゾール系の成分を使用したスプレーなので、その効果は抜群。

徹底的に駆除したいという方におすすめです。

忌避性がなく、伝播性にも優れているため巣ごとしっかり駆除できます。

但し、毒性が強く人体やペットに影響を及ぼすことも。

取り扱いには十分注意が必要です。

シロアリミケブロック

50倍に薄めて使用する液体タイプの駆除剤です。

ネオニコチノイド系の成分を使用しているので人体への害もなく安心して利用することができます。

ニオイも少ないためお子様やペットと暮らすご家庭におすすめ。

被害に遭っている箇所だけでなく、他の部分に使用することで予防や木材の防腐効果にも期待できます。

シロアリハンター

置くだけで簡単に駆除できる優れもの。

毒エサを食べたシロアリが巣に帰ることで薬剤がまわり、巣ごとしっかり駆除することができます。

置くだけなので、面倒な手間もなく人体への影響もありません。

但し、置き場所によっては効果がない場合や、子供やペットがいたずらをしてしまうことも。

使用する際にはどこに設置したのかしっかり把握し、注意して使用しましょう。

駆除機材のレンタルも可能

プロが使用しているような駆除機材をレンタルすることもできます。

購入すると20万ほどかかってしまうプロの駆除機材もレンタルであれば手が出しやすいのではないでしょうか。

市販の駆除剤ではなかなか対処できないとお困りの方は検討してみて下さい。

徹底的に駆除したいなら専門業者に依頼を

家庭でも簡単に使用できる駆除剤が多数販売されていますが、状況によってはやはりプロに依頼するのが一番です。

素人判断で駆除をしたために

  • 使用方法を誤ってしまいなかなか駆除できない
  • 他の巣に気が付かず被害がでてしまった
  • 駆除したつもりが不十分で再発してしまった

なんてケースになったら最悪です。

手遅れになる前に、まずは相談だけでもしてみましょう。

街の修理屋さんなら見積もりは無料なので安心して相談することができます。

料金も税込み7,700円~と良心的で、即日対応!

駆除後の死骸処理と掃除・除菌も行ってもらえます。

詳しく知りたい方は今すぐクリック↓

※消費税転嫁対策特別措置法の失効により令和3年4月1日から、消費税の税込価格表示(総額表示)が適用されます。これに伴い、当サイトの価格はすべて消費税10%を含む税込みの総額を表記しております。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す