コガタスズメバチの巣は案外身近だった!意外な営巣場所と駆除方法など徹底解説

暑くなってきて、蜂が飛んでいる姿をみることも増えてくる頃ではないでしょうか。 
また、庭などに巣ができていたりはしないでしょうか? 
コガタスズメバチの可能性があります。 
スズメバチというと、人を刺すことで有名。怖い存在です。 
今回の記事では、コダカスズメバチの特徴から駆除方法までお話しします。 

コガタスズメバチとは? 

コガタスズメバチの特徴 

働き蜂の体長約22〜27mm 
女王蜂の体長約25〜29mm 

コガタスズメバチは北海道から沖縄まで、日本全国で見られるスズメバチの一種です。 
オオスズメバチよりも一回り小さく、コガタと呼ばれるようになりました。 
それでも3cm弱あるので、近くで飛んでいる時の存在感は大きなものがあるでしょう。 
大きさがオオスズメバチより少し小さい以外はとてもよく似た外見で、見た目の判別は難しいかもしれません。 
スズメバチの中では攻撃性が低めで割と穏やかな性格です。 
しかし、夏以降は攻撃的になり、巣に触ったり刺激したりすると、攻撃してきます。 
また、オオスズメバチと同様、毒性の強い針を持っているため危険です。 
アナフィラキシーショックを起こす可能性もあり、命の危険もあるため、細心の注意が必要です。 

その他の似ている蜂 

・オオスズメバチ 
オオスズメバチは日本全国に生息しています。 
働き蜂の体長は約27〜40mm 
女王蜂の体長は約40〜55mm 
日本に生息する蜂の中で最も強い毒を持っていて、毒針を何度も突き刺します。 
時速約40kmで飛び、一日で約100kmも移動できる持久力を持っています。 

・キイロスズメバチ 
働き蜂の体長は約17〜25mm 
女王蜂の体長は約25〜28mm 
体は発色の良い黄色をしています。 
巣は1m以上にもなり、攻撃性が高く、都市部に被害例が多いのも特徴です。 
民家の軒下や屋根裏などに巣を作るので、刺される被害がとても多いスズメバチです。 
狭い場所から広い開放的な場所に巣の引越しをすることもあります。 

・アシナガバチ 
その名の通り、足が長いことから、アシナガバチと呼ばれるようになりました。 
スズメバチ科で、スズメバチと生態が似ているところもあります、 
幼虫への餌に他の昆虫の肉などを与える点が同じです。 
見た目もよく似ています。 
スズメバチよりやや小型で細身のため、攻撃力では劣ります。 
スズメバチは動きが機敏でスピーディーですがアシナガバチは素早い飛行が苦手。 
単独で飛んでいるアシナガバチが人を刺すことはあまりなく、急に近づいたり触ったりしなければ基本的には刺しません。 
また、巣の形が違います。 
スズメバチの巣と違い、幼虫を育てる穴が外側に露出しているのが特徴です。 

コガタスズメバチの巣の特徴について 

コガタスズメバチは、軒下やガレージ、ベランダ、樹木の枝などに巣を作ります。 
5月頃から女王蜂が1匹で巣を作り始めます。 
初期の頃は丸底フラスコのような形をしていて、この頃はまだコダカスズメバチの数も少なく、攻撃性もあまり高まっていません。 
丸底フラスコの巣を見つけたら、早めに駆除するのがよいでしょう。 
6月の中期序盤は凹みがなくなり、丸型になります。 
7月の中盤になると少し大きくなり、出入口が横へ移動し、形もマーブル柄のような球体になります。 
8月になるとさらに大きくなり、はちも増えてきます。 
9月10月は後期で最も大きな巣になります。 
巣が大きければ大きいほどコガタスズメバチの数も増え、攻撃性も高まり、近づくと刺されるので危険です。 
とにかく、少しでも早く、小さいうちに駆除するのがポイントです。 

コガタスズメバチの巣の駆除はどうすればいいの? 

コガタスズメバチは、スズメバチの中では比較的攻撃性が低い蜂と言えますが、巣に近づくと毒針で刺してきます。 
それでも、6月頃までの丸底フラスコ型をした、巣のサイズの小さいうちは働き蜂の数も少なく、攻撃性もあまり高まっていないため、自分での駆除もできなくはありません。 
ハチ用の殺虫剤を噴射し、撃退してから巣を撤去するのです。 
防護服や道具の準備も必要となります。 
とはいえ、非常に危険な作業であることには変わりなく刺されると最悪なケースでは死に至る危険もあることを十分理解しておく必要があります。 
また、7月以降は働き蜂の数も増え、攻撃性も高まってくるので自力での駆除は無謀です。 業者に依頼するようにしましょう。 

コガタスズメバチの巣の駆除はプロの業者へ任せよう 

先ほどもお話しした通り、コガタスズメバチは比較的攻撃性の低い蜂とはいえ、巣の駆除には危険が付き纏います。 
また、コダカスズメバチがいるはずなのに、巣の場所が高いところにあって届かなかったり、そもそも巣がどこか分からないケースもあるかもしれません。 
このような場合はプロである業者に巣の駆除を依頼するのが一番早く、安心で安全です。 
『街の修理屋さん』では、コガタスズメバチの巣の駆除を7,700円〜行っています。      
お電話1本で依頼が可能で、お見積もりは無料です。      
コガタスズメバチだけではなく、イタチやゴキブリなどの害獣、害虫にも対応しています。    
お困りの際は、ぜひお気軽にお問い合わせください。 

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す