三つのポイント

インターホンカメラの最新事情を徹底解説!より強固な防犯のコツ教えます

この記事を読むメリット

電気のトラブル対応や工事をしている当社が発信する情報だから安心!!

・創業10年、問合せ件数60万件の実績から、あなたのお悩みを解決。
・自社工事社員が約20人在籍で、ノウハウも多くあるので情報発信の幅も広い。

その他電気トラブルでの不明点があれば、電話での無料相談もお気軽にご利用ください。どこに頼むかわからない方でも、些細な事からご相談を承ります。
電気は万が一(火災など)があるので少しでも心配であれば必ずご相談ください。

0120-966-765

※Pマークを取得しているので個人情報を適切に管理しています。

※Pマークを取得しているので個人情報を適切に管理しています。

玄関でのカメラ付きインターホン。 
現在ではとても多くの住宅で導入されています。 
しかし、暗くてうまく映らないなど、性能への疑念・不満を持っている方も多いのではないでしょうか。 
また、インターホンが鳴ったのにカメラに人が映ってない。 
せっかくカメラが付いているのに、どんな人が来たのか分からないし防犯的にもよくないのではないか…と不安に思っている方もいるのではないでしょうか。 
今回の記事では、カメラ付きインターホンの機能やメリットから注意点、デメリットへの対策についてお話しします。

カメラ付きインターホンのメリット 

・どんな人が訪問して来たのかがすぐに分かる 
まずはこれが一番ではないでしょうか。 
部屋にいながら、誰が来たのかがすぐに分かります。 
知らない人だと何かの勧誘の可能性も高いですが、そのような場合には出ない、または居留守をして、知っている人や配送業者などなら出る。 
と使い分けることが可能です。 


・防犯・トラブル防止になる 
相手に気づかれることなく、訪問者の確認ができるので、明らかにセールスや勧誘だなという場合は居留守ができます。 
そのため、本来は必要ではない対応をしたり、直接対応してトラブルが起こるということが防げます。 
また、録画機能のついているカメラ付きインターホンもありますので、不審者が来た時や、しつこくインターホンを鳴らされたり、ドアを蹴ったり叩かれたりした場合も録画で残すことができるので安心かつ心強いです。 
さらに、録画だけでなく録音機能が付いているタイプもあります。 
音声として残すことができるので、その時の状況に合わせて使い分けるとよいでしょう。 


・玄関外の確認ができる 
カメラ付きインターホンの映像は、インターホンが鳴った時しか見れないわけではありません。 
外で物音がしたけど、なんなのか確認したい。 
セールスらしき訪問者が、もう帰ったのか確認したい。 
という場合にも、音声を繋げずに、映像の確認だけすることができます。 


・子機付き 
固定電話のように、カメラ付きインターホンにも子機が付いているタイプがあります。 
親機しかないタイプでは、親機が取り付けられている場所まで確認しに行かなければなりません。 
しかし、子機があれば親機から離れた場所にいるときにもすぐに確認することができます。 
部屋数が多い住宅や、2階で過ごすことが多かったり、家族が多い場合には特に便利です。 


・スマホと連動 
技術はどんどん進んでいて、最近ではスマホと連動しているものもあります。 
外出先でも訪問者を映像で確認し、応答することができるのです。 
仕事などで留守にする時間が長い場合や、ちょっと買い物に出たタイミングで宅配が来てしまった、子供だけで留守番をしている。 
などという場合に便利です。 

カメラ付きインターホンの注意点 

インターホンを設置する場所によっては、逆光になって映りにくくなったり、日陰で薄暗かったり、夜間で暗くて映らない…というケースもよくあります。 
そうなるとせっかくの機能が台無しになってしまうので注意が必要です。 
カメラ付きインターホンはカメラの位置が分かりやすくできています。 
そのため、わざとカメラに映らないように、隠れる訪問者もいます。 
また、わざとではなくても、角度の問題でモニターに映らない場合もあります。

デメリットへの対策は? 

まず映りにくいというデメリット。 
逆光に対応していたり、LED付きなどで夜間でもカラーで映すことができるカメラ付きインターホンがあります。 
購入後に後悔しないよう、このような機能のついたものを選ぶとよいでしょう。 
また、カメラに映らないように隠れてしまう場合の対策として、カメラを複数設置するという方法があります。 
予備の防犯カメラを追加して、死角をなくすことが可能となります。 
防犯の観点からも、防犯カメラを追加で設置し、さらに『カメラ録画中』などのステッカーを貼っておくと、抑止力になるのでおすすめです。 
角度の問題でモニターに映らない場合は、少し角度を変えるだけで映るようになることも多いです。 

インターホンの交換やカメラの追加取り付けは業者に相談しよう 

先述したとおり、カメラ付きインターホンの不満点やデメリット解消には、カメラ付きインターホンの交換やカメラを追加で取り付けるのが最適です。 
自分で取り付けられるカメラ付きインターホンもありますが、そうは言っても自分で行うのはなかなか難しい、ちょっと苦手。という方も多いでしょう。 
また、配線をする場合には電気工事士の資格が必要となります。 
そうなると個人で行うのは不可能です。 
やはり、業者に相談・依頼するのが早くて安心でよいでしょう。 
『街の修理屋さん』では、インターホンの交換を税込み5,500円〜承っております。  
お見積もり・ご相談は無料です。 
また、インターホンの交換だけでなく、エアコンや室外機の点検・修理なども行っております。 
ぜひお気軽にご相談ください。 

 

 

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す