LEDのシーリングライトに交換する方法【素人でも可能です】

「家のシーリングライトが古くなったので、そろそろ交換したい。どうせ交換するなら、LEDのシーリングライトに変えようかな……」という方は多いでしょう。

シーリングライトは、主にリビングに設置されます。一番使用する場所なので、LEDに変更して、電気代を抑えたい方がほとんどでしょう。

そこで今回は、以下の内容について解説します。

  • シーリングライトの選び方
  • シーリングライトの交換方法

街の修理屋さんでは、全国の工事実績が15万件以上あります。国税庁や日本郵便など、有名企業からも依頼を受けた実績があります。記事の信頼性は確保されているので、ぜひ参考にして、照明の情報収集に役立ててくださいね。

LEDへの交換には配線器具が必要

シーリングライトを交換するにあたり、まず確認が必要なのは設置場所に配線器具が付いているかどうかです。

配線器具はシーリングライトに電気を送るための器具で、丸型や四角型の大きめのコンセントのような形状をしています。

蛍光灯シーリングライトからLEDシーリングライトに交換するのであれば、蛍光灯の時に使用していた配線器具をそのまま使用することが可能です。

しかし、もしも以前のシーリングライトが配線器具を使わずにダイレクトに配線されていたり、配線器具の付いていない場所にLEDシーリングライトを取り付けたい場合は、新たに配線器具を設置しなくてはなりません。

配線器具の設置は電気工事が必要となります。電気工事士の資格を持っていないとできないため、専門の業者に依頼する必要があります。

LEDのシーリングライトの選び方

機能

LEDシーリングライトには光の明るさや色を調整する機能が搭載されたものがあります。

「調光機能」は明るさを調整できる機能です。[明るい・普通・暗い]など段階的に明るさのモードを替えられるものや、無段階に任意の明るさに調節できるものなどがあります。

「調色機能」は光の色を替える機能です。仕事や勉強の時は文字がはっきり見えやすい白く明るい光、夜のリラックスタイムはやや暗めのオレンジの光というように生活シーンに合わせて光の色を調整できます。

そのほか、センサー搭載で自動的に調光・調色してくれる機能や、定めた時刻に点灯・消灯してくれる「タイマー機能」、長期の不在時に点灯・消灯して誰かがいるように装える「留守番機能」など、さまざまな機能があります。

デザイン

LEDシーリングライトは長く使うものですから、お部屋の雰囲気に合ったデザインのものを選ぶことが大切です。

一般的にLEDシーリングライトは円形のシンプルなデザインのものが多いですが、各メーカーからさまざまなデザインや形状の製品も販売されています。

たとえば、和室であれば縁に木材が使われていて四角いもの、天井が低めの部屋であれば薄型でシンプルなものなど、お好みのシーリングライトを見つけましょう。

部屋の広さ

お部屋の広さに合った明るさのLEDシーリングライトを選ぶことは、とても重要なポイントです。

陽当たり状況や使用シーンなどによって、そのお部屋に必要な明るさは変わってきますが、製品のパッケージに「6〜8畳用」「10畳用」といった表記がされているので、それを目安にして適したものを選びましょう。

なお、従来の蛍光灯や白熱灯は明るさを表す単位としてワット(W)数が用いられていましたが、LEDの場合はルーメン(lm)という単位で明るさを表します。

一般的に[部屋の畳数×400lm]が、お部屋の広さに適した明るさといわれています。こちらも参考にして、お部屋に合った明るさのものを選んでください。

LEDのシーリングライトに交換する方法

冒頭で述べた配線器具がすでに設置されているという前提で、現在お使いの蛍光灯シーリングライトをLEDシーリングライトに交換する方法をご紹介します。

まずは蛍光灯シーリングライトを取り外しましょう。手順は以下の通りです。なお、作業にあたっては、脚立のような安定感のある踏み台を用意してください。

シーリングライトの取り外し方

①シーリングライトの電源を切り、熱を帯びている蛍光灯が冷めるまで待ちます。

②シーリングライトのカバーを取り外します。製品によって取り外し方は異なりますが、よく見られる円形のものの多くは、少し持ち上げながら反時計回りにカバーを回すと取り外せます。

③蛍光灯と配線器具をつないでいるコード(コネクター)を外します。

④蛍光灯を支えている数ヵ所のフックを外して、蛍光灯を取り外します。

⑤シーリングライト本体からコネクターを外します。コネクター側面にあるツメをつまみながら引き抜いてください。

⑥アダプターから本体を取り外します。本体が落下しないように片手でしっかり支えながら、本体中央にあるアダプターのレバーを動かして、本体を固定しているロックを解除します。レバーを動かす方向は、多くの場合、アダプターに記載されています。

⑦配線器具からアダプターを取り外します。アダプターの外側にあるロックボタンを押しながら、反時計回りに回すとアダプターが外れます。

アダプターを外したあと、天井に残っている大きいコンセントのようなパーツが、冒頭に紹介した配線器具です。これさえあれば、新しいシーリングライトを取り付けるのも簡単です。

シーリングライトの取り付け方

①LEDシーリングライトに付属している専用アダプターを配線器具に取り付けます。アダプターの金属の出っ張りを配線器具の穴に挿し込み、カチッと音がするまで時計回りに回して固定してください。

②専用アダプターにシーリングライト本体を取り付けます。まずライト本体の中央の穴から、アダプターのコード(コネクター)を引き出します。続いて、ライト本体を押し上げて、アダプターにしっかり固定します。カチッと音がすれば、OKです。

③アダプターのコード(コネクター)をライト本体側の端子口に挿し込みます。

④ライト本体にカバーを取り付けます。カバーの出っ張りを本体の溝に挿し込み、カチッと音がするまで時計回りに回してください。

⑤LEDシーリングライトがしっかり取り付けられているか、平行に取り付けられているかをチェックしましょう。最後にスイッチを入れ、点灯すれば取り付け完了です。

シーリングライトの交換は業者に依頼できる

シーリングライトの交換は、慣れた人であれば、簡単にできる作業です。しかし、不慣れな方やこうした作業が苦手な方、ご高齢の方などにとっては難しい作業といえるかもしれません。

踏み台の上に乗って、両手を使って作業することになるので、もし転倒してしまうと、大きなケガにつながりかねません。

不安のある方は、無理をせず、業者に依頼されることをおすすめします。業者であれば、迅速かつ確実にシーリングライトの交換が可能です。

弊社、街の修理屋さんでもシーリングライトの交換を承っています。料金は5,000円です。お気軽にお問い合わせください。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す

施工事例

街の修理屋さんのスタッフブログ