テレビが受信できないのはアンテナのせい?チェックポイントと対処方法

テレビが映らないと思ったら、電波を受信できない状態だった……

そんな経験はありませんか?

テレビのトラブルは様々なものがありますが、中でも受信できないというトラブルは「何か重大な事故が起きているのかも」と不安になってしまいますよね。

案外単純な不具合ということもあれば、懸念の通り重大事故が原因となることもある受信トラブル。

今回は、そんな電波を受信できない状態について解説しますね。

受信できない原因は?

八木式アンテナとパラボラアンテナ

テレビが電波を受信できないとき、「テレビが壊れたのかな?」「アンテナが倒れたのかな?」と考えがちです。しかし、受信トラブルの場合、原因はこれだけではありません。

他にも様々な原因があるんですよ。

原因① 天気が悪い

台風など雨風が強く荒れた天気の日は、電波の受信も悪化するものです。

特に、普段からあまり電波の受信状況が良い方ではない場合、悪天候でアンテナレベルが下がると途端に映らなくなることもあります。

原因② アンテナケーブル

アンテナケーブル側の問題ということもあります。アンテナの芯線が折れたり曲がったりしているとテレビコンセントに挿さらないだけでなく、きちんと受信ができません、

ケーブルが抜けかけているなど、緩い状態でもアンテナレベルは大幅に下がります。

ケーブル自体が劣化や断線している場合も同様です。

原因③ 遮へい物

家のアンテナへ届く電波を遮るように大きな木が生えていたり、建物が建った場合です。

電波は自分から障害物を避けて到達はしないので、電波塔から届く電波を受け取るためのアンテナの前に何か障害物があると届かなくなります。

原因④ テレビのトラブル

テレビ自体が故障している場合もあります。

テレビの壊れ方は様々なので、映像の乱れや音の不具合だけでなく、電波の受信そのものに不具合が生じることもあります。

原因⑤ 周辺機器

アンテナ周辺機器には、弱い電波を強くするブースターや、強すぎる電波を適度なアンテナレベルに下げるアッテネーターなど、電波に直接干渉するものも多くあります。そのどれかに不具合が起きているとアンテナレベルが変わり受信できない状態を引き起こします。

原因⑥ アンテナ

屋根の上のアンテナが倒れたり、ベランダのパラボラアンテナが落ちてしまったり、アンテナ自体に問題が起きれば電波を受信できません。

アンテナレベルとは

アンテナレベルを確認するチェッカー

テレビを見るためには、電波塔から送られる電波を受信する必要があります。

受信する電波は弱すぎると映像を見ることができず、逆に強すぎてもうまく表示ができません。

この受信強度のことを、アンテナレベルと呼びます。受信強度とも呼ばれます。

アンテナレベルは、機種によって最大値が異なるものの大抵は50から65くらいあれば視聴可能です。

このアンテナレベルは、天候など状況次第で上下するものです。

そのため、アンテナ設置の際はこのアンテナレベルを低すぎないレベルに調整することが大切です。

台風一過で秋晴れなのに、台風前と比べて一気にアンテナレベルが下がったなどの場合は、台風によってこの微調整したアンテナが倒れたり調整するための周辺機器が破損していることが考えられます。

対処方法

電波が受信できないとき、自分で対応できる内容と業者に依頼した方が良い内容があります。ここではその両方をそれぞれ解説しますね。

自分でできる対応

自分でどうにかできる対策と、連絡さえすれば無料で対処してくれるものがあります。

遮へい物の場合

建物や樹木など、何かの障害物が原因で電波が受信できない場合です。

この場合は、建物や樹木の所有者に直接連絡する以外に、役所に対応してもらうこともできます。

建造物の影響で周辺住宅の電波に影響を与えた場合、所有者はその対処をしなければなりません。この時の対処で何かしらの工事等必要になった場合は原因となった建造物の所有者が費用等負担することになります。これは法律で決まっていることなので、問題なく対応してもらえるはずですよ。

悪天候が原因の場合

この場合、天候回復を待てば電波も回復します。

ただし、台風などが原因の場合は、天候が原因でアンテナにトラブルが起きていることもあります。アンテナトラブルが併発した時は個人で対処せず業者を頼りましょう。

なお、台風によるアンテナトラブルの場合は火災保険など適用されることもあります。詳しくはご加入の火災保険の特約をご確認ください。

ケーブルが原因の場合

ケーブルの場合はケーブルプラグの芯線が折れたり曲がったり、ケーブルそのものが劣化したり断線したりと原因は様々です。ですが、ケーブル自体は安価で家電量販店や通販サイトで手軽に購入できます。ケーブルトラブルの場合は、ケーブルを新しいものと交換しましょう。

業者に頼る対応

個人でどうにかするには難しい内容だったり、高所作業になるため危険なものは業者に頼りましょう。

テレビが原因の場合

テレビ自体に問題がある場合、個人での対処は難しいです。メーカー保証期間内ならメーカーに連絡すると良いでしょう。

保証期間を過ぎている場合は電気工事の業者などに相談すると良いでしょう。

アンテナが原因の場合

アンテナトラブルが原因の時は業者に対応を依頼しましょう。

地デジの八木式アンテナの場合は、屋根の上など高所作業になるため危険です。

BSCSのパラボラアンテナの場合は、アンテナレベルの調整が難しいため業者に依頼した方が確実です。

周辺機器が原因の場合

ブースターや分配器など、アンテナ周辺機器に不具合が生じたことが原因の場合です。

周辺機器はテレビ本体付近に設置する屋内タイプと、アンテナに設置する屋外タイプがあります。八木式アンテナに設置するタイプの場合、屋根上でアンテナレベルを確認したりと作業に危険が伴います。業者に依頼した方が安全ですよ。

業者に依頼すべきか迷ったときは

工事のためにハシゴをかけている様子

テレビが受信できないとき、原因はアンテナから周辺機器まで様々です。

「いろいろ調べたけど原因がどこにあるか分からない……」という場合や、「忙しくて原因を探っていられない」という方は業者に相談すると良いでしょう。

たとえ業者が調査した結果原因が個人で対処できるレベルのものだったとしても、怒らずにきちんと最後まで対処してくれますよ。

また、個人で対処が難しい高所作業なども、安全を確保したうえで業者が作業します。難しいことや危険なことは、安全を確保する道具も知識も持っている業者にすべて任せてしまいましょう。忙しい人ほど業者に頼んだ方が早くトラブル解決できるのでおすすめですよ。

もちろん、街の修理屋さんでもご相談承っております。お気軽にお問い合わせくださいね。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す