エアコン取付にかかる費用を解説【取付業者を選ぶポイント】

「エアコン取付にかかる費用が知りたいな…」という方は、多いと思います。エアコンの取付は、人生で何度も経験することではありません。相場や業者の選び方など、よく分からないですよね。

そこで今回は、以下の内容について解説します。

  • エアコン取付にかかる費用
  • エアコン取付業者の選び方

街の修理屋さんでは、全国の工事実績が15万件以上あります。国税庁や日本郵便など、有名企業からも依頼を受けた実績があります。記事の信頼性は、確保されていますよ。ぜひ参考にして、エアコンの取付に役立ててくださいね。

エアコン取付にかかる費用

エアコン 取付 費用

まずは、エアコンの取付に掛かる費用について確認していきましょう。エアコン取付に掛かる費用の相場については、どのような作業依頼をするかによっても異なるため、それぞれ「新設する場合」「交換する場合」「移設する場合」の3つの視点で確認していきましょう。

新設する場合

新設する場合とは、その名前の通り新しく設置する時です。エアコンを購入したときに家の中に設置をする際、どれくらいの費用が掛かるかというと、一般的には数千円~2万円程度でしょう。工事を行う業者によっても異なりますが、新設する場合には一般的に家電量販店で購入し、そのまま設置工事も依頼することが多いでしょう。

交換する場合

次に、交換する場合には、既存のエアコンの取り外し費用や、処分費用なども費用として発生することがあり、その場合には数千円上乗せされた見積もりになります。業者の中には下取りしてくれる業者もあるため、そのような業者を見つけると良いでしょう。

移設する場合

次に、エアコンの場所を変更するという工事の費用です。エアコンの場所が気に入らず、家の中の別の場所に配置したいという場合には、エアコンの移設工事となり、設置する場所によっても異なりますが、新設の時と同様に数千円~2万円程度になるでしょう。

特殊な条件のとき

エアコンを設置する際に、取付をする家が特殊な条件の場合には追加費用が発生する可能性があり、その特殊な条件とは以下のようなものです。

  • 既存の穴が無い場合
  • コンセントの増設が必要な場合
  • 配管の延長が必要な場合
  • ドレンホースの延長が必要な場合

上記のように、一般的な条件ではなく特殊な条件や追加の工事が必要な場合には追加で費用が発生するでしょう。

新規の部品が必要なとき

また、新規の部品が必要になるような工事では、追加費用が発生します。例えば、エアコンと取付する場所が複雑な場所でL型のカバーがいくつも必要になる・冷媒配管の延長が必要となり新規の部品が必要になるなど、設置する状況によって新たな部品が必要となります。

エアコン取付業者を選ぶポイント

エアコン 取付業者 選ぶ

次に、エアコン取付業者を選定するポイントとして「料金が明確か」「保証制度があるか」「キャンセル料金が必要か」があり、取付業者の選定を間違えてしまうと、トラブルの原因となりますので、ポイントを細かく見ていきましょう。

次に、エアコン取付業者を選定するポイントとして「料金が明確か」「保証制度があるか」「キャンセル料金が必要か」があり、取付業者の選定を間違えてしまうと、トラブルの原因となりますので、ポイントを細かく見ていきましょう。

料金が明確か

まず重要なのは、エアコン取付に関する料金が明確かというポイントです。エアコン取付には、これまでご紹介してきたように追加費用が発生するケースもあり、事前に見積もりをもらうことができればこのような追加費用もある程度予測ができます。

これまで実績があり、数多くのエアコン取付をしてきた業者であれば、現場を確認したり電話や口頭である程度の状況を確認したりすることができれば、追加費用もある程度の金額まで概算を出せるはずですが、このような金額が明確ではない業者の場合には、見積もりもなく請求時に多額の請求になる可能性があります。

このような業者に当たらないように、料金が明確であり、事前に概算見積もりなど出してくれる業者に依頼するようにしましょう。

保証制度があるか

次に、保証制度があるかというのもポイントの一つです。エアコン設置など、素人目線では簡単にできると思いがちですが、設置する場所によっては壁に穴をあけたりカバーを設置したりするなど、家の中での工事も必要になることがあります。

また、設置をする際に室外機など大きな機械を壁にぶつけてしまうなど、トラブルが発生することもありますので、保証制度があるかどうかを見ておくのは重要です。エアコン取付時にどのようなところまで保証してくれるのか、設置後、何年保証してくれるのかなどを確認しておくのがおすすめです。

キャンセル料金が必要か

エアコン取付を依頼した後に、キャンセルをした場合の料金が発生するかも確認しておくと良いでしょう。購入したエアコンを設置するために、業者が家の中で作業を進めていると、思わぬハードルによって追加費用がかなり掛かってしまうケースもあります。

その場合、エアコン本体よりも工事費用の方が莫大にかかるというケースもあるため、場合によってはキャンセルすることも頭に入れておくべきでしょう。そのような場合、キャンセル費用が掛かってしまうと無駄な料金を支払うことになるため、キャンセル時にも料金が発生するのかを確認しておくことも必要です。

このように、エアコン取付業者を選ぶには、単純に購入した場所でお願いすると決めるのではなく、それぞれの条件や補償なども確認しておくことが必要です。

まとめ

まとめ

ここまで、エアコン取付に関する費用や、追加費用、業者選定のポイントなどをご紹介してきました。エアコン取付をする際には、家の環境によって追加費用が発生したり追加工事が発生したりすることもあるので、キャンセル時のことや保証制度なども確認しておくことがおすすめです。

弊社、街の修理屋さんではエアコン取付の依頼をお受けしています。全国各地に多数の拠点があるため、ご連絡いただいた日に問題を解決します。年中無休で対応しており、夜間のトラブルでも安心です。エアコン取付は、8,000円より受け承っております。作業前に無料でお見積もりを行うので、興味のある方は電話・メールでお問い合わせくださいね。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す

施工事例

街の修理屋さんのスタッフブログ