三つのポイント

子供部屋に照明を取り付けたい人必見!取り付け方法やおしゃれ照明を教えます

壊れただけと思っていませんか? 火事や感電などの危険があります。至急電話してください!!

この記事を読むメリット

電気のトラブル対応や工事をしている当社が発信する情報だから安心!!

・創業10年、問合せ件数60万件の実績から、あなたのお悩みを解決。
・自社工事社員が約20人在籍で、ノウハウも多くあるので情報発信の幅も広い。

その他電気トラブルでの不明点があれば、電話での無料相談もお気軽にご利用ください。どこに頼むかわからない方でも、些細な事からご相談を承ります。
電気は万が一(火災など)があるので少しでも心配であれば必ずご相談ください。

0120-966-765

※Pマークを取得しているので個人情報を適切に管理しています。

※Pマークを取得しているので個人情報を適切に管理しています。

これから成長していく我が子が長く過ごす子供部屋。「機能性とおしゃれさ」を兼ね備えた照明を取り付けたいと考えている人も多いのではないでしょうか?

照明は部屋の用途によって選ぶと、それぞれの部屋の雰囲気を演出できるなどメリットもたくさんあります。ただ、見た目だけで選ぶと使い勝手が悪かったり、思っていたイメージと違ったりと後悔する可能性も……。

今回は、子供部屋におすすめの照明の種類と、取り付け方法を紹介します。子供部屋への照明の取り付けを検討している人は、ぜひ参考にしてくださいね。

一般的な照明の種類

一口に「照明」と言っても、さまざまな種類があります。それぞれの照明や用途や目的、デザインなど、複数の角度から選ぶと失敗しにくくなります。

ここでは、おもに家庭用に使われる照明と、それぞれの特徴を紹介します。

シーリングライト

シーリングライトは、天井にピタッと取り付ける照明です。リビングなどのメイン照明として使われることも多く、部屋全体を均一に明るくできるのが特徴です。また、木でフレームを囲ったものなど、デザインもさまざまあります。

ダウンライト

ダウンライトは天井の高さとフラットになるため、開放感のあるすっきりとした見た目の照明です。部屋全体を明るくすることは可能ですが、天井に埋め込むための工事が必要となります。なお、一度設置すると手軽に位置や個数を変更することはできません。

ブラケットライト

ブラケットライトは、壁に取り付ける間接照明のことです。サブ照明として使うのが一般的で、壁面の絵や写真を照らすなど雰囲気作りに役立ちます。

ペンダントライト

ペンダントライトは、天井から吊り下げるタイプの照明です。デザイン性の高いものが多く、インテリアにこだわりたい方におすすめ。ただし、デザインによっては子供部屋に不向きなものもあるので、安全性の高さも考慮しましょう。

スタンドライト

スタンドライトは、床やテーブルに置いて使うライトです。大きなスタンドライトであれば、部屋の角やソファーの横に置いて空間を演出できます。

また、小型のスタンドライトあれば、勉強机の上に置いて手元を照らしたり、ベッドサイドに置いて寝る前の読書に使ったりと、さまざまな用途に使えます。

スポットライト

スポットライトは、「ダクトレール」と呼ばれるレールに複数の照明を組み合わせて設置します。1つ1つのスポットライトは、ダクトレール上で位置や照らす方向を好きに変えられるため、空間の演出や模様替えがしやすいのがメリットです。

ただし角度によっては直接光があたり、眩しく感じることも。大人と子供の身長の違いなどを考慮して、眩しくならない角度で設置する必要があります。

子供部屋におすすめの照明の種類

子供部屋には、「シーリングライト」「ペンダントライト」「ダウンライト」がおすすめです。成長しても長く使えるものであれば、シンプルなシーリングライト。デザイン性が高くて遊び心を取り入れたいのであれば、ペンダントライトがおすすめです。

また、新築や転居による工事をおこなうのであれば、ダウンライトを選ぶのも良いかも知れませんね。子供部屋の照明選びでは、以下のポイントをおさえておきましょう。

  • 部屋全体を照らす明るさ
  • 安全性の高い素材や形
  • 「昼光色」は勉強部屋にも最適

子供部屋は部屋全体を明るくすることが重要です。そのため、広範囲に光が拡散できる照明を選びましょう。また、照明の明るさは部屋の広さとも関係します。

日本照明工業会では、LEDシーリングライトの明るさと部屋の広さの基準を以下のように設定しています。なお、ルーメン(lm)という言葉は、LED照明の明るさを表す単位です。

  • 〜4.5畳:2,200〜3,199lm
  • 6畳:2,700~3,699lm
  • 8畳:3,300〜4,299lm
  • 10畳:3,900~4,899lm

上記を参考に、暗すぎず明るすぎない照明を選びましょう。

子供部屋への照明の取り付け方

照明は購入したお店で取り付けてもらえないことも多く、その場合は自分で取り付けるか業者に依頼する必要があります。ここでは、もっとも子供部屋に選ばれることの多い、シーリングライトの取り付け方法を紹介します。

  1. 天井の引掛シーリングに照明のアダプタを差し込む
  2. アダプタが「カチッ」というまで回す
  3. 本体を中央の穴に合わせて押し上げる
  4. ツメが引っかかり「カチッ」といえばOK
  5. 中央にあるコネクタ端子を本体に差し込む
  6. 本体カバーを上へ押し上げながら回す
  7. カバーにロックがかかれば完了

取り付けが完了したら、カバーを左に軽く回して外れないことを確認しておきましょう。さらに詳しい取り付け方法や確認点は、以下の記事にて解説しています。あわせてご覧ください。

子供部屋への照明取り付けが難しいなら、業者へ依頼しよう!

シーリングライトなど照明のみの設置は個人でもできますが、照明器具自体を取り付ける「引掛シーリング」や「ローゼット」がない場合は電気工事が必要になります。

引掛シーリングやローゼットは、照明側のアダプターを引っ掛けて電気を通すために必要なパーツなので、これらがなければ照明はつけられません。

照明をつけたい場所に引掛シーリングやローゼットがなかったり、新しく照明を増設したい場合は、電気工事士の資格を持った業者に配線工事を依頼しましょう。

『街の修理屋さん』では、照明設置を5,500円から承っています。お見積もりは無料で、ご連絡いただければすぐに駆けつけます。365日営業しておりますので、お気軽にご相談ください。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す

topに戻る