三つのポイント

シャープ エアコン(AY-Z25SD-W)ルーバー不調

壊れただけと思っていませんか? 火事や感電などの危険があります。至急電話してください!!

この記事を読むメリット

電気のトラブル対応や工事をしている当社が発信する情報だから安心!!

・創業10年、問合せ件数60万件の実績から、あなたのお悩みを解決。
・自社工事社員が約20人在籍で、ノウハウも多くあるので情報発信の幅も広い。

その他電気トラブルでの不明点があれば、電話での無料相談もお気軽にご利用ください。どこに頼むかわからない方でも、些細な事からご相談を承ります。
電気は万が一(火災など)があるので少しでも心配であれば必ずご相談ください。

0120-966-765

※Pマークを取得しているので個人情報を適切に管理しています。

※Pマークを取得しているので個人情報を適切に管理しています。

「AY-Z25SD-W」
の施工実績有り!

お困り事・ご質問があれば実績のある弊社にご相談!

「エアコンの風向きが変わらなくなった」「部屋が冷えにくい」といった経験はありませんか?こういったトラブルが発生したとき、エアコン本体が故障してしまったのではないかと焦りますよね。エアコン本体ではなく、風向きを調整する部品であるルーバーの調子が悪いのかもしれません。今回は実際にあったルーバーのトラブル事例をもとに、解決までの手順や不調が起こる原因、そして改善方法を解説していきます。

エアコンのルーバーが動かないトラブル

神奈川県南足柄市のお客様から、家庭用壁掛けエアコンのルーバーが動かなくなったため、調査してほしいとのご依頼がありました。何が原因でルーバーが動かなくなってしまったのかを調査するために、お客様のご自宅に訪問しました。

汚れが原因

お客様のご自宅にてエアコンを調査したところ、ルーバーに汚れが溜まってしまっているようでした。点検と清掃を行い、復旧を確認できたため、これで作業は完了です。

エアコン【AY-Z25SD-W】を点検清掃

エアコン【AY-Z25SD-W】の点検清掃を行なっていきます。

点検

はじめに、今回トラブルが発生したルーバーの点検をします。エアコンのルーバーは吹き出し口に設置されている風向きを調整する部品なので、カバーを外すと直ぐにルーバーが見えます。ここに汚れが溜まってしまうと動きが悪くなったり、異音がしてきます。他の場所にも異常がないかを確認し、清掃作業に入ります。

清掃

ルーバーやルーバーの内部は空気が循環する場所なので、汚れやカビが付着しやすいです。ルーバーを取り外したら、洗剤を含ませたキッチンペーパーを固めに絞って拭いていきます。

汚れやカビが拭き取れたら、今度はキッチンペーパーにお湯を含ませて固く絞ってから洗剤を拭き取っていきます。綺麗に清掃できたらエタノールで除菌を行います。十分に乾燥させたら、点検清掃の完了です。

【AY-Z25SD-W】の特徴

今回、点検清掃を行なったエアコン【AY-Z25SD-W】は、シャープのプラズマクラスター搭載SDシリーズです。高濃度プラズマクラスター7000を搭載しており、浮遊するカビ菌やアレル物質、付着した匂いを分解・除去します。

また、オゾン層を破壊しない新冷媒HFCを採用していたり、メイン基板に無鉛はんだを採用していたりと、人や地球環境に配慮されたものをできる限り使用して作られているのも特徴のひとつです。

ルーバーの不調の原因や改善方法

今回の事例では、汚れがルーバーの不調の原因でしたが、ルーバーが不調になる原因は他にもあります。改善方法と合わせて見ていきましょう。

汚れ

今回のように汚れが溜まると、ルーバーが動かなくなったり異音がしたりと、トラブルの原因となります。この場合はエアコンを掃除することで改善できます。エアコンの掃除は定期的に行うのがおすすめです。

しかし、ルーバーは無理に取り外すと壊れてしまうことがあるので、不安な方は業者に依頼してクリーニングしてもらいましょう。

オイル切れ

ルーバーの付け根にはオイルがついており、そのオイルが切れると動きが悪くなって異音がします。この場合は適量のオイルを指すことで改善できます。オイルさしても異音が消えない場合や、動きがスムーズにならない場合は、他に原因がある可能性があるため、業者に依頼して一度点検してもらうのがおすすめです。

ルーバーの破損

エアコンの使用期間が長くなれば、ルーバーが破損することもあります。特にルーバーの連結部分は摩耗によって破損しやすいです。また、ルーバーの交換や取り外そうとした際に破損してしまうケースも多いです。折れたり、壊れてしまった場合は、新しいものと交換しましょう。

ルーバーはインターネットや家電量販店で購入できます。購入する際には、使用しているエアコンと同じ機種機番または対象機種であることを確認してください。分からない場合にはメーカーに問い合わせるか、業者に依頼して交換してもらいましょう。

ルーバーの交換方法

交換作業に取り掛かる前に、必ずエアコンのコンセントを抜いておきましょう。まずは取り外していきます。ルーバーの中央の留め具を外し、ルーバー全体をしならせて左側を抜きます。そうしたら、少しずつ慎重に動かしながら右側も抜き取ります。

無理に動かして外そうとすると破損や故障の原因になるため、外すのが難しそうな場合は自分でやろうとせず、業者に頼ってください。取り付け方は、取り外した時と反対の手順で行います。ルーバーの右側からはめ込み、左側もはめ込みます。最後に中央の留め具を装着したら交換の完了です。

ルーバー故障の見分け方

ルーバーが動かなくなったとき、ルーバーに原因がある場合と、ルーバーを動かすモーターが壊れている場合があります。どちらが原因なのかを判断しなくては対処できません。

判断方法は、まず電源を切ったエアコンからルーバーを外します。ルーバーを外した状態でエアコンの電源を入れて、稼働させて風向きを変えてみます。このとき、きちんとエアコンが動けばモーターは正常で、ルーバーに問題があると考えられます。エアコンが動かない場合は、ルーバーではなく内部の異常なので、業者に依頼して点検と修理をしてもらいましょう。

ルーバーを長持ちさせる方法

経年劣化で摩耗していくとはいえ、できるだけ長持ちさせたいですよね。ルーバーを長持ちさせるためにできることがあります。

定期的な掃除

1つ目は、定期的に掃除をすることです。これは、ルーバーだけではなくエアコン全体に当てはまります。汚れやカビ、ホコリが溜まると性能が落ちてしまいますし、長期間放置すると故障の原因にもなります。そのため、こまめな掃除が長持ちに繋がります。

エアコン関連で困ったことがあれば街の修理屋さんへ

ルーバーの動きが悪くなったり、異音がしてきたらまずはルーバーを掃除してみましょう。それでも改善しない場合には、業者に点検を依頼してください。街の修理屋さんでは、エアコンの修理から交換取り付けまで幅広く対応しています。年中無休で対応していますので、お気軽にご相談ください。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す

topに戻る