三つのポイント

寝室におしゃれな照明を探している人必見!おすすめや選ぶポイントを教えます

壊れただけと思っていませんか? 火事や感電などの危険があります。至急電話してください!!

この記事を読むメリット

電気のトラブル対応や工事をしている当社が発信する情報だから安心!!

・創業10年、問合せ件数60万件の実績から、あなたのお悩みを解決。
・自社工事社員が約20人在籍で、ノウハウも多くあるので情報発信の幅も広い。

その他電気トラブルでの不明点があれば、電話での無料相談もお気軽にご利用ください。どこに頼むかわからない方でも、些細な事からご相談を承ります。
電気は万が一(火災など)があるので少しでも心配であれば必ずご相談ください。

0120-966-765

※Pマークを取得しているので個人情報を適切に管理しています。

※Pマークを取得しているので個人情報を適切に管理しています。

「照明をおしゃれにして寝室の雰囲気を変えたい」という皆さま。寝室の照明選びで迷っていませんか?

引越しや部屋の模様替えをするタイミングで、照明器具も新しいものに交換する方は多いと思います。照明はインテリアの一種ですから、お気に入りのデザインを選びたいところ。
とはいえ、照明にもいろいろ種類があり、部屋の用途によって向き・不向きがあるため、商品を選ぶのが難しいかもしれません。

そこで今回は、寝室におしゃれな照明を探している人に向けて、照明の種類や寝室におすすめの照明、購入時の選ぶポイントをご紹介します。

直接照明と間接照明の違いについて

照明器具の種類や特徴を理解することで、部屋に合った照明を選ぶのが簡単になります。ここでは、一般的に家庭で使用されている2種類の照明「直接照明」と「間接照明」の違いをご説明します。

直接照明とは?

天井から床に向かって直接光を当てる照明のことです。
部屋全体を明るくする用途で使用されるため、「全体照明」「主照明」と呼ばれることがあります。太陽の光を再現することで、人を活動的にする作用を持ちます。
下方向への照明効率は90~100%と高く、一般家庭のほか、オフィスや学校などでも使用されています。

<直接照明の例>シーリングライト、ダウンライト、シャンデリア

間接照明とは?

直接光を照射するのではなく、天井や壁を照らし、反射光で間接的に明るくする照明のことです。天井や壁だけでなく、家具やインテリアに光を当てることで照明効果を生む方法もあります。

上方向への照明効率は高いですが、下方向への照明効率は0~10%と低く、柔らかい光が特徴的です。
直接照明に比べて暗い印象ですが、リラックス効果があるため、ベッドルームに設置する照明として人気です。

<間接照明の例>スタンドライト、ブラケットライト、フットライト

寝室におすすめの照明にはどんな種類がある?特徴や人気アイテムをチェック

寝室に直接照明と間接照明の両方を設置することで、シーンによって使い分けができて便利です。ここでは、寝室におすすめの照明の種類や特徴、人気アイテムをご紹介します。

シーリングライト

天井に直接取り付けるタイプの照明器具で、全体照明の一種です。
広範囲を照らすことができるため、部屋のメイン照明として広く使用されています。
平たい円形のデザインが主流ですが、最近はサイズや機能も多様化しており、製品ラインナップが豊富です。
例えば、和室用の和モダンなデザイン、子供部屋に喜ばれるカラフルな枠のシーリングライトがあります。

ダウンライト

全体照明の一種で、天井に埋め込む形で取り付ける照明です。天井に収まるため、すっきりとした空間を演出することができます。
光の拡散が一定範囲のため、複数の照明を設置し、他のメイン照明の補助的なライトとして使用するのが一般的です。
中でも、気分によって角度が変えられるユニバーサルダウンライトがおすすめです。
寝室以外にも、玄関、リビング、ダイニング、キッチン、和室、子供部屋、廊下などさまざまな場所に用いられます。

シャンデリア

天井から吊り下げるタイプの全体照明で、複数のライトで構成されています。装飾品が多く華やかな空間が演出できるため、寝室を豪華にしたい時や大きくイメージチェンジしたい時におすすめです。
ゴージャスなデザインのものもあれば、北欧インテリアのようなデザインやアンティーク、モダンなデザインまで幅広いです。

ペンダントライト

ペンダントのように、天井からチェーンで吊り下げるタイプの照明です。
電球型やボール型などおしゃれなデザインが多く、インテリア性に優れています。
直接照明に分類されますが、部屋全体を明るくするシーリングライトに対し、ペンダントライトは一部分にスポットが当たるため、若干暗く感じます。そのため、主照明のシーリングライトなどと併用することが望ましいです。
ペンダントライトを寝室に用いると、落ち着いた雰囲気になります。

スタンドライト

文字通り、床に置いて使用するタイプの間接照明です。床に置くものを「フロアライト(フロアランプ)」、テーブルに置くものを「テーブルライト(テーブルランプ)」と呼びます。
ナイトライトとしての役割が大きく、常夜灯や読書の際の明かりとして用いられています。
シンプルなバー型のものから、デザイナーが手掛けた芸術的なものまで、デザインは多岐にわたります。

スポットライト

狭い範囲を強い光で集中的に照らすことのできる照明です。直接照明としても間接照明としても使用できます。
壁や天井、床に光を当てることもできますが、インテリアや美術品を照らして立体的に見せる用途でも使えます。複数のスポットライトを取り付ける場合は、天井にダクトレールを設置します。

ブラケットライト

壁や柱に設置して影を作り、おしゃれな空間を演出することができる照明です。
限られたスペースにも取り付けられるため、寝室以外にもキッチンや廊下、洗面所、トイレなどにも設置できます。傘のような形のシェードが付いたタイプが定番ですが、木製のナチュラルテイストのデザインも人気です。

フットライト

夜間に足元を照らす目的で使用される間接照明です。廊下や階段に設置されることが多いですが、寝室に設置してベッドサイドランプとしても使用されます。夜間のみ点灯するタイプのものや人感センサー付きのものがあります。

照明を選ぶ際に注意するポイントとは?

寝室で活躍する照明はたくさんあり、選ぶのが大変という人も多いでしょう。ここでは、照明を選ぶ際に注意するポイントを3つご紹介します。

照明の色

同じ照明でも、光の色によって感じ方や効果が異なります。
光の色は「色温度」と呼ばれ、K(ケルビン)の単位で表示されます。色温度は大きく分けて4種類あるため、それぞれの効果を知っておきましょう。

  • 電球色 約3,000K 赤みが強く温かみを感じる、リラックス効果
  • 温白色 約3,500K 適度に温かみがあり優しさを感じる
  • 昼白色 約5,000K 太陽光に似ており自然体な雰囲気
  • 昼光色 約6,500K 青みがかった色で集中力を高める効果

照明の中でも、色温度を選ぶことのできるLEDライトがおすすめです。昼夜で色温度を変えたい場合は、調色機能付きの照明を選ぶと良いです。

明るさ

部屋の広さによって適切な明るさも変わります。LEDの場合、明るさはlm(ルーメン)の単位で表示され、畳数が多いほど必要なルーメンの数値も上がります。

  • ~4.5畳 2200~3200lm
  • ~6畳 2700~3700lm
  • ~8畳 3300~4300lm
  • ~10畳 3900~4900lm
  • ~12畳 4500~5500lm

LEDシーリングライトの中には、リモコンで明るさを段階的に調整できる調光機能の付いたものもあります。

デザイン

照明を選ぶ時は、価格や好みも重要な要素になると思いますが、基本的には寝室のインテリアに合ったデザインを選びましょう。
例えば、落ち着いた和室には和風のデザインを、木製の家具が多いお部屋には木目調のデザインを選ぶなど、統一感があるとご家族からも喜ばれるでしょう。

寝室の照明選びや取り付けで困った時は街の修理屋さんにお任せください

今回は、寝室におしゃれな照明を探している人に向けて、寝室の照明選びのポイントをご紹介しました。

LEDにはおしゃれなデザインの照明が多いため、従来の白熱電球や蛍光灯を使用している方は、この機会にLEDに変更してみませんか?

街の修理屋さんでは、寝室の照明選びはもちろん、LEDの取り付けや、シーリング・ローゼットなどの照明器具の取り付けにも対応しています。
おしゃれな照明を寝室に取り付けたい方は、お気軽にお問い合わせください。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す

topに戻る