テレビの地デジのアンテナ工事および取り付け方と費用を解説

テレビアンテナとは

テレビアンテナとは、テレビを視聴する際に必要となるアンテナのことです。テレビは電波塔から地上デジタル放送やBS、CS放送を視聴するための電波を流し、その電波をアンテナでキャッチして変換することで視聴することができています。
テレビアンテナがなかったり、テレビアンテナがあっても調子が悪かったりすると、テレビを綺麗に視聴することができません。また、テレビアンテナにも色々な種類があり、家の状況や工事が入れるかどうかによって取り付けが可能なアンテナの種類も変わってきます。

地デジとBS/CS用のアンテナの違い

アンテナには、地上デジタル放送、いわゆる地デジを受信するためのアンテナと、BSやCSなどの衛星放送を受信するためのアンテナがあります。
地デジを受信するためのアンテナは、魚の骨のような形をした八木式アンテナや、スリムで取り付けがしやすいデザインアンテナなどが主流です。一方、BSやCSの受信や視聴に使われるアンテナは、丸いお皿のような形をしたパラボラアンテナと呼ばれるものが一般的です。

地デジアンテナの選ぶポイント

地デジアンテナを選ぶ上で最も重要なポイントは、自宅の環境に合ったアンテナを選ぶことです。地デジは電波を受け取ることができないと、どんなに良いアンテナを立てたとしても視聴が不安定になってしまいます。そのため、アンテナできちんと地デジ視聴用の電波を受け取れるように設置しないと、アンテナ工事をした意味が薄くなってきてしまいます。
また、電波の安定している八木式アンテナやデザインアンテナは、設置の際に外壁工事が必要となる場合もあります。賃貸物件などの管理者の許可なく外壁工事ができない環境では、壁に穴をあけない室内アンテナが最適なアンテナになります。

地デジのアンテナは用途別に3種類ある

地デジのアンテナと一口に言っても、用途別に三種類あるのをご存知でしょうか?
地デジを視聴するために重要なアイテムとなるアンテナ、でも意外とアンテナのことは詳しく知らないという方は意外と多いです。
ここでは、地デジを受信するために必要となる地デジアンテナを三種類ご紹介します。

八木式アンテナ

八木式アンテナは、最もよく見かけるメジャーなアンテナです。魚の骨のような形をしており、屋根の上に置かれていることが多いアンテナです。実際に屋根の上にこのアンテナが立っているところを見たことがある、という方も多いのではないでしょうか。
三種類のアンテナのなかでは最も大きく、電波の受信が安定しているという特徴があります。ただし、設置の際に壁や屋根裏に穴をあけなければいけなかったりと、三種類のアンテナのなかでは最も設置に手間がかかるのも特徴です。

デザインアンテナ

デザインアンテナは、長方形の箱のような形をしているアンテナです。外見がスタイリッシュで、色も外壁に合わせて選べるという特徴を持っています。
八木式アンテナと比較すると電波の受信感度は弱めになってしまうというデメリットはありますが、人が簡単に持ち運べるほどのサイズで、取り付けも簡単、見た目にも響かないという点から、新築の家に取り付けるには最適なアンテナです。

室内アンテナ

室内アンテナは、その名前の通り室内で使用できるアンテナです。サイズも小さく、簡単に持ち運びができます。
八木式アンテナやデザインアンテナと違って取り付け工事が不要なため、手軽に使うことができますが、電波の受信感度は三種類の中では最も弱いという特徴があります。そのため、賃貸で工事ができないというお宅や、車で地デジを安定して視聴したいという場合には最適なアンテナです。

地デジのアンテナの取り付け方

では、地デジのアンテナはどのように取り付ければよいのでしょうか。それぞれのアンテナの種類ごとに、取り付け方法も異なります。三種類のアンテナの取り付け方についてご紹介します。

八木式アンテナの取り付け方

八木式アンテナは三種類のアンテナの中でも最も大型のため、まずはアンテナを組み立てるところから始める必要があります。
アンテナの組み立てが終わったら、アンテナに配線をつなぎます。ブースターなどの必要な機器もここで接続します。
接続が終わったら、アンテナを屋根の上に取り付けます。このとき、電波が安定して入ってくる場所を探して取り付けないと、テレビの視聴に影響が出てしまいます。
安定して電波が入ってくる場所を見つけたら、その方向にアンテナを向けて、固定します。これで八木式アンテナの取り付けは終了です。

デザインアンテナの取り付け方

デザインアンテナは組み立ての必要が無いので、壁面に金具で固定するのが一般的な取り付け方です。取り付けたい場所に設置用の金具を取り付け、アンテナを取り付けてから配線を接続します。このとき、構造によっては壁に穴をあけることがあります。
最後に電波が安定して入ってくる向きにアンテナを調整し、固定します。これでデザインアンテナの取り付けは完了です。

室内アンテナの取り付け方

室内アンテナは、使用にあたって特に大がかりな工事は必要ありません。テレビとアンテナをケーブルで接続し、電波の入りやすい場所に設置するだけで気軽に使用することができます。

当サイトでは、アンテナの接続工事や取り付け工事を承っています。アンテナの設置は10,000円~、接触改善は一か所3,000円~、テレビコンセント交換は6,000円~、分配器交換は8,000円~、アンテナ方向調整は8,000円~という料金で受け付けております。
テレビのトラブル発生の際は、ぜひ当サイトにご相談ください。

快適に地デジを見るために

快適に地デジを視聴するためには、電波がきちんと入ってくるようにアンテナを設定することが何よりも重要です。
街の修理屋さんでは、アンテナ工事や設置はもちろん、電波が乱れる、うまく視聴ができないなどのトラブルにも対応しています。即日対応で見積もりから安心してご利用いただけるように誠心誠意作業を行いますので、テレビやアンテナの不調の際はぜひ当サイトまでお問い合わせください。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す

施工事例

街の修理屋さんのスタッフブログ