失敗しないためにテレビアンテナの工事費用や基礎知識を解説!

「テレビアンテナを設置したいけれど、どのアンテナを選べばいいの?」と思う方は多いでしょう。アンテナといってもいろいろな種類がありますし、それぞれ工事費用も異なるため迷ってしまいますよね。

そこで今回は、下記の内容を解説させていただきます。

  • テレビアンテナの基礎知識
  • テレビアンテナの工事費用の相場

街の修理屋さんでは、全国の工事実績が15万件以上あります。国税庁や日本郵便など、有名企業からも依頼を受けた実績があります。記事の信頼性は、確保されていますよ。ぜひ参考にして、エアコンのトラブル解決に役立ててくださいね。

失敗したくないテレビアンテナの基礎知識

まずはテレビアンテナの基礎知識について解説します。

自分の家に向いているアンテナを選ぼう

テレビアンテナは大きく分けて、地上デジタル放送を見るためのアンテナと、衛星放送を見るためのアンテナの2種類があります。

地デジアンテナ

地デジアンテナは「八木式アンテナ」「デザインアンテナ」「室内アンテナ」の3種類に分かれます。

八木式アンテナは、魚の骨のような形をしています。3種類のなかで最も電波が強いアンテナです。デザインアンテナは、八木式アンテナよりも電波が弱いですが、コンパクトな箱型のため家の景観を損ないません。そして室内アンテナは、室内用の据え置き型のアンテナで、3種類のなかで最も電波が弱いです。

アンテナのデザイン、電波の強さ、持ち運びのしやすさの3つの観点から、自分の家に合ったものを選択しましょう。

衛星放送アンテナ

衛星放送を見るためのアンテナは、どの番組を視聴したいかによって、設置するアンテナが異なります。

たとえば、「BS/CSアンテナ」はBS/CS放送を視聴するためのアンテナです。視聴するには、アンテナの設置だけでなく、視聴したいチャンネルとの契約もしなければなりません。

また「4K/8Kアンテナ」という、4K/8K放送に対応したアンテナもあります。4K/8Kの綺麗な画質で放送を視聴することが可能ですが、視聴するには4K/8K対応のテレビやブースターなどが必要です。

アンテナの種類によって費用の相場が変わる?

アンテナの設置工事にかかる費用は、アンテナの種類によって変わります。アンテナ本体の値段はもちろんですが、配線工事や電波の測定などの作業内容が、アンテナの種類によって異なるためです。

また、テレビや周辺機器の台数によっては、ブースターやアンテナ端子の増設が必要になることもあります。さらに、業者によっては、高所で作業を行う場合に追加料金がかかったり、出張料金がかかったりすることもあります。

具体的なお値段を知りたい場合は、業者に見積もりを立ててもらうことをおすすめします。

工事費用の相場って実際いくらになる?

テレビアンテナの設置工事を行うには、一般的にどのくらいの費用が必要になるのでしょうか?

業者によってお値段は変わるのですが、ここでは工事費用の相場をご紹介します。ぜひご依頼の際の参考にしてみてください。

地デジアンテナの工事費用相場

地デジアンテナのうち、

八木式アンテナの工事費用の相場は、15,000円~35,000円です。

デザインアンテナの工事費用の相場は、20,000円~35,000円です。

BS/CSアンテナの工事費用相場

BS/CSアンテナの工事費用の相場は、

単体で設置する場合は、12,000円~20,000円です。

地デジと合わせて設置する場合は、60,000円~65,000円になります。

4K/8Kアンテナの工事費用相場

4K/8Kアンテナの工事費用の相場は、

単体で設置する場合は、15,000円~25,000円です。

地デジやBS/CSと合わせて設置する場合は、70,000円~100,000円になります。

ここまで工事費用の相場をご紹介しましたが、「金額が安い」というだけの理由でアンテナを選んではいけません。状況によっては、設置できるアンテナや、設置場所が限られることもあります。

電波や距離によってアンテナの得意分野も変わる

八木式アンテナはその形状や大きさから、壁面への取り付けは向いていないため、屋根上に設置することが多いです。高い位置にアンテナを設置するということは、それだけ電波感度が高くなります。

一方、デザインアンテナはコンパクトなため、壁面やベランダに設置することもできます。しかし、壁面やベランダは屋根の上よりも電波状況が悪く、取り付け可能な場所が限定されてしまうことがあります。

また、衛星放送用のアンテナは、地デジアンテナよりも取り付ける際の角度がシビアです。そのため、取り付ける前に、設置可能な場所や角度について確認しておく必要があります。

周辺機器が必要になってくる可能性もある

電波状況によっては、周辺機器が必要です。

電波が弱い場合、電波を増長させる「ブースター」という機器を取り付けなければなりません。ブースターを設置すれば、アンテナが受信した電波を、正しい感度に調整してくれます。

また、BS/CS放送を視聴する場合は、混合した電波を地上波とBS/CS放送に分けるための「分波器」が必要です。さらに、複数のテレビで視聴する場合は、電波を分配するための「分配器」を使用しなければなりません。

電波の強さや、テレビの台数、視聴する番組など、詳しい状況はご家庭によってさまざまです。そのため、自分の家の電波状況や、周辺機器が必要か、また工事費用がどのくらいになるかを知るためには、業者に相談するのが確実です。

実際の費用を知るためにもまず相談

業者に相談をすれば、アンテナ工事にかかる実際の費用を把握することができます。また、万が一アンテナの故障が見つかっても、修理や交換などを行ってもらうことも可能です。

街の修理屋さんでも、アンテナ工事を承っています。全国各地に多数の拠点があるため、ご連絡いただいた日にお近くの作業員が向かいます。年中無休で対応しておりますので、平日はお仕事が忙しい方も休日にご連絡が可能です。

お見積り・ご相談も無料で対応しております。興味のある方は、ぜひお電話やメールでお問い合わせください。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す

施工事例

街の修理屋さんのスタッフブログ