ブレーカーで漏電トラブルを確認したら早めの対策で解決しよう!

「漏電ブレーカーが落ちてしまったとき、どのように対処すればいいの?」と疑問に思う方は多いでしょう。また、なるべく漏電が発生しないように予防もしておきたいですよね。

そこで今回は、下記の内容を解説させていただきます。

  • ブレーカーの仕組み
  • 漏電ブレーカーが落ちたときの確認方法
  • 漏電を発生させない予防策

街の修理屋さんでは、全国の工事実績が15万件以上あります。国税庁や日本郵便など、有名企業からも依頼を受けた実績があります。記事の信頼性は、確保されていますよ。ぜひ参考にして、トラブル解決に役立ててくださいね。

ブレーカーの仕組み

基本的に、分電盤のなかには下記の3種類のブレーカーが収められています。

  • アンペアブレーカー
  • 漏電ブレーカー
  • 安全ブレーカー

それぞれのブレーカーの仕組みや、役割についてご説明していきます。

アンペアブレーカー

アンペアブレーカーは、基本的に分電盤の左端に設置されている大きなつまみのことです。アンペアブレーカーの周辺には「20A」や「30A」など、アンペア数が表記されています。

このアンペア数は、電力会社との契約によって決められている電気の量です。決められた量を超えて電気を使用した際に、ブレーカーが落ちる仕組みになっています。

アンペアブレーカーが落ちると住宅内の電気すべてが遮断されるため、電気が使用できなくなります。

漏電ブレーカー

漏電ブレーカーは、主に分電盤の真ん中あたりや、アンペアブレーカーの右隣に設置されているつまみのことです。

漏電ブレーカーは、住宅内で漏電が発生した際に感知します。

もし漏電した状態で電気を使用し続けると、感電してケガをしたり、火災などの大きな事故が起こったりする危険性があります。このような事故を起こさないために、漏電を感知するとブレーカーが落ちて、電気を遮断してくれます。

安全ブレーカー

安全ブレーカーは、分電盤の右側に複数個取り付けられているつまみのことです。

複数の安全ブレーカーはそれぞれつながっている部屋が異なります。「キッチン」や「トイレ」など、場所の名前が表記されていることもあります。

安全ブレーカーの役割は、各部屋につながっている回路に流れる電気の管理をすることです。各部屋で使っている電化製品などが故障やショートした場合や、電気を使い過ぎた場合にブレーカーを落として電気を遮断します。

漏電ブレーカーが落ちたら確認を!

漏電ブレーカーが落ちた場合、漏電している可能性が高いです。漏電が発生しているのであれば、いきなり漏電ブレーカーを上げても、またすぐにブレーカーが落ちてしまいます。

また、漏電したまま電気を使用すると、火災や感電の危険性もあります。まずは落ち着いて、どこで漏電が発生しているのか把握することから始めましょう。

(1)漏電ブレーカーが落ちているか確認

分電盤を見て、漏電ブレーカーが落ちているか確認してください。

(2)安全ブレーカーを全て切る

安全ブレーカーを全て切ってから、アンペアブレーカーと漏電ブレーカーを上げて「入」の状態にします。

(3)安全ブレーカーのスイッチを1つずつ上げる

安全ブレーカーのスイッチを、1つずつ場所を確認しながら上げていきます。

(4)漏電ブレーカーが再度落ちた場所が漏電している場所

安全ブレーカーを1つずつ上げていくときに、漏電ブレーカーが再度落ちるか確認してください。その安全ブレーカーとつながっている場所で、漏電などの問題が発生していることがわかります。

漏電箇所を特定したら、感電しないようにゴム手袋をはめた状態で、電化製品のコンセントを抜きます。このとき、どの電化製品で漏電が発生しているか特定できれば、それ以外の電化製品は問題なく使用できます。

電化製品のコンセントを抜いても漏電ブレーカーが落ちる場合は、配線や、漏電ブレーカー自体に問題がある可能性が高いです。電気工事の業者に連絡して、対処してもらいましょう。

漏電しないように管理するのも大切

漏電が発生すると、修理をするまでの間電気を思うように使用できず、生活が不便になってしまいます。

なるべく漏電を発生させないためには、漏電ブレーカーが落ちた際の対処法だけでなく、漏電の予防策を知っておくことも大切です。

コンセントにホコリが溜まっていないか

コンセントのプラグ部分は、ホコリが溜まりやすい場所です。ホコリが溜まった状態にしておくと、発火や漏電などの恐れがあります。

特に台所など、湿気の多い場所はホコリが湿気を吸収することで、漏電が発生しやすくなってしまいます。最悪の場合は、火災を引き起こしてしまう可能性もあります。

ホコリが溜まる前に定期的に掃除をして、きれいな状態を保つようにしましょう。

配線やコードが破損していないか

配線やコードが切れていたり破損していたりすると、そこから漏電してしまう可能性があります。

もし破損している部分を見つけたら、早めに新しいものに交換しておくほうがよいでしょう。

ただし、配線の引き直しは素人では対処できません。電気工事を行うには、電気工事士の資格が必要です。作業は電気工事の業者に任せるようにしてください。

絶縁体が劣化していないか

家庭内のさまざまな配線やコードには、「絶縁体」が使われています。絶縁体は漏電が起きないように、電気を遮断する役割があります。

この絶縁体が劣化すると、コードが変形して電気を遮断できなくなり、外部に電気が流れ出て漏電が発生してしまう可能性があります。

絶縁体の劣化と配線破損

絶縁体の劣化を防ぐには、コードを無理に曲げたり、コードの上に家具を置いたりなど、負荷をかけないようにしてください。もしコードが劣化や変形しているのを見つけたら、新しいものに交換しておきましょう。

また、屋内配線の劣化の確認や交換をするのは難しいため、業者に来てもらうようにしてください。

ブレーカーの配線が緩んだり汚れていないか

ブレーカーの配線が緩んでいたり、分電盤にホコリが溜まっていたりすると、漏電や発火につながります。正常な状態になっているか確認し、ホコリが溜まらないように定期的に掃除をしてください。

また、ブレーカーの配線が緩んでいる場合、ブレーカーが落ちやすくなったり、電気が正常に使用できなかったりといった異常が見られることがあります。

少しでも異変を感じたら、業者に相談して現場を見てもらうようにしてください。

漏電したら早めに相談しよう!

専門知識のない方が配線に触れると、感電したり、さらに状態が悪化してしまったりすることもあります。

素人が無闇に触るよりも、業者に依頼して対処してもらうほうが安全です。

早めに相談して修理・交換してもらおう

漏電しているとわかって不安なまま過ごすよりは、早めに業者に頼んで、修理や交換をしてもらうほうがよいでしょう。

街の修理屋さんでも電気工事を承っていますので、お気軽にご相談ください。

全国各地に多数の拠点があるため、ご連絡いただいた日にお近くの作業員が向かいます。年中無休で対応しておりますので、平日はお仕事が忙しい方も休日にご連絡が可能です。

お見積り・ご相談も無料で対応しております。興味のある方は、ぜひお電話やメールでお問い合わせください。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す

施工事例

街の修理屋さんのスタッフブログ