アンテナの取り外しの手順と処分にかかる費用を解説します!

「使わなくなったアンテナがそのまま残っている…」なんてことはありませんか?

アンテナを放置しておくとトラブルの原因になります。

自分が住んでいる建物や近くを歩いていた人、停めてあった車などに被害が出る可能性もあります。

そうなってからでは遅いので、早めに対処しましょう。

また、引越しなどでアンテナを撤去しなくてはならない場合もあります。

この記事では、アンテナの取り外しにかかる費用を簡単に解説します。

アンテナを放置したままにすると……

アンテナは金属でできているので、設置してから時間が経つと劣化します。

さらに屋外にあるため、天候の変化による影響を受けます。

そのままアンテナを放置すると、どうなると思いますか?

屋根が損傷

アンテナは屋根に設置されていることが多いです。

屋根には金具を使い固定してあります。

経年劣化により固定部分が外れたり、アンテナ本体が倒れて屋根に当たったりすることがあります。

この時に屋根を傷つけることがあり、

  • 穴があく
  • 雨漏り
  • 漏電

などのトラブルが考えられます。

倒壊により人への被害

アンテナは金具やワイヤーで固定されています。

金具やワイヤーも時間が経つと天候の影響などで劣化します。

するとアンテナが設置場所から外れる可能性があります。

アンテナの大きさは約1〜2m、重さは約1〜5Kgです。

もし高い所から落ちてきて、人や車に当たったら大変です。

ケガをするだけでなく、法的なトラブルに発展する可能性も考えられます。

壁が劣化する

アンテナや固定している金具が、劣化すると現れる症状として多いのがサビです。

アンテナや金具がサビて雨で流されることで、外壁のシミや汚れになる場合もあります。

汚れの範囲が広がる前に対処しましょう。

アンテナの取り外しの流れ

ここからはアンテナの取り外しについて簡単に説明します。

作業自体はそれほど複雑ではありません。

「自分でもできそうだな」と思うかもしれません。

問題はアンテナが設置してある場所です。

アンテナは基本的に高い所に設置してあるため、安全に作業ができる準備が必要になります。

(1)支線を取り外しアンテナを取り外す

アンテナは屋根に設置してあることが多いです。

屋根に登るためには『はしご』が必要になります。

はしごを使う時の注意点はいくつもあります。

  • 立てかける場所
  • 立てかける角度
  • 足もとを安定させる
  • ふたり以上で作業する
  • 落下物に注意

屋根に登ったら、アンテナの取り外し作業です。

工具を使いアンテナを支えている支線を切断します。

切断した勢いで倒壊するおそれもあるため、注意が必要です。

続けてアンテナ本体を取り外します。

この時も、部品などを落とさないように注意します。

作業のポイント

  • 高所での作業
  • 必要な工具
  • 落下物

などに気を付ける必要があります。

(2)支柱や固定箇所の確認

アンテナ本体を外したら、続いて支柱や固定してあった金具を外していきます。

屋根や外壁が破損していないかも確認します。

さらに配線の処理も必要です。

作業のポイント

  • 金具や配線の知識
  • 必要な工具
  • 破損箇所の確認
  • 落下物

適当に作業すると、トラブルの原因になるので注意します。

(3)支柱やアンテナや部品を下ろす

次に撤去したものを下に下ろす作業です。

下ろす時にも周りに注意する必要があります。

アンテナや部品はもちろん、作業している本人もケガをしないように気を付けます。

専門業者は命綱を付けるなど、安全面にも細心の注意をはらい作業を行います。

(4)アンテナなどの処分

取り外したアンテナなどはそのまま置いておくわけにはいきません。

処分するためには、分解して小さくする必要があります。

専門業者は慣れていますので、適切に分解し処分できます。

ここまでアンテナを取り外す流れを簡単に説明してきましたが、どのように感じましたか?

意外と簡単だと思われたでしょうか?

実際に屋根の上に登り撤去作業を始めたとしても、「できないかも…」と思った場合はすぐに専門業者に依頼しましょう。

もちろん早く確実に作業を終えるように、初めからプロにまかせることをおすすめします。

取り外すのに料金はいくら?

アンテナの取り外しを専門業者に依頼すると決めたはいいけど、お金はいくらかかるのか気になる方は多いと思います。

ここからは『アンテナの撤去にかかる費用』について簡単に解説します。

設置した場所や方法によっても価格は変わりますが、一般的な例で説明します。

アンテナの取り外しにかかる料金は、全部込みで約50,000円~80,000円前後の値段になることが多いです。

依頼する業者によっても料金は違うため、一度見積もりを出してもらうと正確な費用を知ることができます。

それでは費用の詳細について説明します。

実際の撤去料金

約5,000円~20,000円

アンテナを撤去するための費用です。

アンテナの種類や大きさによって料金は変わります。

処分料金

約5,000円~15,000円

撤去したアンテナを処分するための費用です。

分解して、ゴミとして処分します。

高所作業費や出張費などの作業料金

約3,000円~20,000円

アンテナを撤去する際の、作業環境にかかる費用です。

現場までの移動や、アンテナの設置場所、調査の有無などで料金は変わります。

気になる場合は専門業者にお問い合わせください。

アンテナを安全に取り外したいなら

ここまでアンテナの取り外しについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

使わなくなったアンテナは、そのまま放置してあることも多いです。

思わぬトラブルに発展しないように、早めに撤去しましょう。

安全で確実に作業を終えるためには、専門業者にお願いしましょう。

プロに頼んでスムーズな取り外しをしましょう!

アンテナの撤去にかかる費用を説明してきましたが、それぞれのお宅によってアンテナの設置方法は異なります。

できるだけ正確な費用を知りたい場合は、専門業者に連絡してみましょう。

電話で状況を説明すれば、どのくらいの費用がかかるか確認できると思います。

すぐに撤去を依頼しても、業者側が忙しいと作業まで何日もかかることもあります。

まずは費用を相談してみて、納得できれば撤去を依頼するという流れで良いと思います。

連絡して料金を確認するのに費用はかかりませんので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す

施工事例

街の修理屋さんのスタッフブログ