テレビアンテナの撤去の費用と最適な取り外しタイミングを解説!

テレビアンテナは、雨風の影響や年月の経過により劣化していきます。また近年では、アナログ放送から地上デジタル放送に移行したり、光回線に付属したテレビ視聴サービスも提供されたりするようになりました。
そのため「アンテナを立ててはいるけど使っていない」という家庭も多いのではないでしょうか。

「使わなくなったテレビアンテナはいつ撤去すればいいの?」
「テレビアンテナの撤去費用ってどれくらいなの?」

この記事では上記のような疑問を持っている人へ向け、下記内容についてご紹介します。

  • テレビアンテナを撤去する3つのタイミング
  • 作業工程ごとにかかる費用

それでは順番に見て行きましょう。

テレビアンテナを撤去する最適なタイミング

はじめに、テレビアンテナを撤去する最適なタイミングを3例ご紹介します。

引っ越しのため

1つ目は、今住んでいる住居を引き払い、引っ越しをするタイミングです。
すでに使っていないアナログアンテナなどは撤去してそのまま廃棄できます。しかし、地デジアンテナなどを引っ越し先で引き続き使用する場合は、外して持っていく必要があります。

引っ越し業者のなかには、荷物の運搬だけでなく、アンテナの取り外し・取り付け作業まで請け負っているところもあります。アンテナのサービスが一緒になった業者を選ぶか、取り外し・取り付けをしてくれる業者を別途で探すか、費用などとの兼ね合いで選んでみてくださいね。

アンテナの寿命がきた

テレビアンテナは屋根の上でずっと雨や風に晒されています。そのため雨や台風が多い地方では劣化も早くなることでしょう。一般的には、アンテナの寿命はおよそ10年と言われています。
アンテナにサビや配線の破損があるまま放置しておくと、落下の原因となります。早めの撤去をオススメします。

アンテナが必要なくなった

アナログ放送から地上デジタル放送へと移行し、アナログアンテナはほとんどのケースで不必要になりました。また近年では光回線やケーブルテレビなどのサービスもあるため、テレビアンテナ自体がなくても地上波放送を見られるようになりましたよね。

途中から使用しなくなったアンテナは、うっかりそのまま放置してしまうことが多々あります。しかし落下や破損の危険があるため、早めに業者に依頼して撤去するようにしましょう。

過去の費用っていくつぐらい?

次にテレビアンテナの撤去費用の目安をご紹介します。
利用する業者によって実際にかかる費用は前後します。予算に合致するところを見つけられるよう、複数社から相見積もりを取ることをオススメします。

撤去をするための費用

テレビアンテナを撤去するだけであれば、およそ10,000~15,000円からで依頼することができます。
なお、街の修理屋さんでは、5,000円~対応しています。

かかるのは撤去費用だけじゃない

アンテナ撤去工事では撤去費用以外にも、高所作業費や調査費なども必要になってきます。
街の修理屋さんの場合、基本調査費は5,000円ですが高所作業費は高さによって金額を設定してあります。ご依頼の予約時に、場所やおおよその高さなどの情報をお伝えいただくとより正確なお見積もりが提示できます。

また撤去して役目を終えたテレビアンテナは、業者がそのまま処分まで代行する場合があります。その場合は、アンテナ処分費なども必要になる可能性があります。

アンテナを外さないままだと……

上記の費用を考慮すると、テレビアンテナを外すだけなのに結構なお金が必要になってしまうことがわかりました。
正直、放置しておいてもいいのではないかと考えてしまいますよね。

ですが少し待ってください。冒頭でも少し説明した通りテレビアンテナは消耗品で、劣化がつきものです。そのため傷ついたアンテナをそのまま放置しておくと、以下のようなリスクが生まれてしまうのです。

建物に被害がある

たとえば、近年ですと毎年台風が大きな被害を残していきます。
いろいろな看板が飛ばされてしまったり、停電したりと明確な被害が出ていますよね。そこからわかるように、台風による暴風は、各家庭の劣化したアンテナをなぎ倒してしまう可能性も考えられます。
このような災害によるトリガーがなくとも、経年劣化により勝手に倒れてしまうことも多々あります。そうなると、住宅の屋根や外壁を傷つけてしまう可能性もあります。ひどいケースだと、屋根の破損部分から雨漏りがしてしまい、室内が水浸しになってしまう可能性だってあるのです。雨漏りによる水濡れで電化製品が壊れてしまったり、漏電などの二次被害に発展することもあります。

人への被害もある

地上から見上げてみると、遠近法によりアンテナが小さく見えます。しかし、実際は全長約1~2メートルと、人ひとりの身長ほど背丈があります。大きなアンテナは屋根から落下してしまうと、地上の歩行者に怪我を負わせたり、走行中の車を妨害したりすることになってしまうので、早めに撤去しましょう。

安全に平和に撤去したい

アンテナは自力で撤去することも可能です。しかし、屋根の上に登って支線を取り外したり、自分の背丈ほどの大きさのものを地上に降ろしたりしなければなりません。
自分でやるのは不安だと感じる場合、無理は禁物です。撤去工事の業者に頼みましょう。

安全に取り外しするために

街の修理屋さんでは、テレビアンテナの撤去工事をお受けしています。

不要になったアンテナや、劣化や寿命が心配なアンテナの撤去はぜひお任せください。
はじめはメールや電話で相談・見積もりをし、お客さまに納得していただいてから作業に取りかかります。

街の修理屋さんは年中無休で対応しているため、お客さまの希望する日時に合わせて、全国各地にある拠点からスタッフが駆けつけます。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す

施工事例

街の修理屋さんのスタッフブログ