ドアホンの工事において気になる点をまとめて紹介します!

セキュリティの強化のために、あるいは経年劣化などによって、玄関先のドアホンを取り替えたいと考えている人も多いのではないでしょうか。しかし近年だと、モニターや録画機能などが搭載された機種がたくさん販売されており、どれがオススメなのかわかりにくいですよね。それに加え、少しでも費用を抑えるために、DIYやセルフ工事ができるかどうかも確認しておきたいところです。

「ドアホンを取り替えようと思うけれど、どの種類が使いやすいのだろう?」
「ドアホンって自分で取り付け工事できるのかな?」

この記事では上記のような疑問を持っている人に向けて、扱いやすいドアホンの種類や、自分で工事ができるかどうかの状況別にご紹介します。

扱いやすいドアホンはどのようなもの?

冒頭でも説明した通り、近年では録画機能やモニターつきなどの高機能なドアホンがたくさん販売されています。しかし、ドアホンは多機能になればなるほど工事の難易度が上がるもの。ここでは扱いやすいドアホンとそうでないものを比較してご紹介します。

扱いやすい種類というと

扱いやすいドアホンというと、大事なポイントは一点のみ。それは「防犯対策(録画機能)があるもの」です。録画機能のあるドアホンは、家族が外出中に誰が訪れたのか一発でわかります。そのため空き巣や不審者の姿もバッチリと映るので、防犯性が高まるのです。
録画機能以上の防犯対策があるドアホンはより安心度が高まりますが、設置してみると意外と使わないということもあります。使わない機能を搭載した高価なドアホンを購入するのではなく、必要な機能のみを備えたドアホンを選ぶのがよいでしょう。

逆に多機能のものだと

録画機能以外にも下記のような機能がついたドアホンも多々あります。

・スマートフォンとの連動機能
・LEDライト機能
・電気錠システム機能
・ボイスチェンジ機能

一見スマートフォンとの連携やボイスチェンジ機能は使い勝手がよさそうですよね。しかしよく考えてみると、多くの人が配達の手配を在宅時間に設定していると思います。また来客側も、わざわざ家主が不在の時間に来ることのほうが少ないのではないでしょうか。
「在宅ワークでインターホンのチャイムが聞こえない場所で作業している」などの事情がある人にとっては、手元のスマートフォンで対応できるのは便利でしょう。しかし、よほどのことがなければ連携機能はあまり出番がないかもしれません。
さらに多機能のドアホンは、機能が多い分商品自体の金額が高く、工事の配線難易度が上がるなどのデメリットがあるのです。

ドアホン工事が自分ではできない場合

ドアホンは電源プラグ式から同じ形式のドアホンに取り替える場合などを除き、自分では工事できないケースが多くあります。以下の項目で、ドアホン工事が自分では行えないケースをご紹介します。

業者に頼まないとできない場合

初めに、そもそも資格や技術面の問題で業者に頼まなければいけないケースを5つご紹介します。

・親機の電源がコンセント(電源プラグ)式ではない
・チャイムコードなどの配線を断線する必要がある、または断線している
・熱感知器やガス警報器とドアホンが連携している
・集合住宅でオートロックや電気錠、集合ドアホンと連動している
・固定電話と接続している

ドアホン自体が故障している場合

次に、ドアホン自体が故障したために取り替える場合です。

・経年劣化による内部故障の可能性がある
・通話ができなくなった
・映像が乱れる、映らない
・内部配線が切れている

このような場合は、部品の劣化による漏電発生など危険な箇所がある可能性があります。無理に触らず、業者に交換を依頼したほうが良いでしょう。

埋め込み式や特殊な子機の場合

特殊な子機や特殊な配線方法を採用しているドアホンも、業者に頼まないと取り替えできない場合があります。
自宅のドアホンが一般的なものか否かがわからない場合は、1度メーカーの商品紹介カタログを確認してみたり、業者に調査や相談依頼を出してみたりすることをおすすめします。

ドアホン工事の費用相場っていくら?

次にドアホンの工事費用についてご紹介します。

取り付けにおける費用

ドアホンの工事は、だいたい簡単なもので5,000~10,000円ほどとなっています。
しかし、依頼する業者やドアホンや配線の種類・状態によって価格は変動します。そのためいきなり工事を依頼するのではなくて、1度複数社に相見積もりを取って比較してみることをおすすめします。

作業費や処分費など

ドアホンの種類によっては、壁の穴開けを伴ったり、それ以上に大がかりな工事が必要になったりするケースもあります。
機能によっては、さらに5,000円以上かかってしまうこともしばしば。調べてみると、大体5,000~20,000円円ほどで、作業費用を合計すると50,000円ほどかかることもあるようです。

ドアホン工事は安心できるプロに任せましょう

ドアホン工事は一見、前機と取り替えるだけ簡単な作業だと感じられます。しかし実は資格が必要で、精密な作業や知識を必要とします。工事に関するノウハウをお持ちの方であれば大丈夫かもしれませんが、より安全に行うためにも、ぜひ工事業者に依頼してみてはいかがでしょうか。

信頼できる業者にお願いするなら

ドアホン工事業者を選ぶときに大切なのは、その業者のスタッフが「電気工事士」の資格を持っているかどうかという点です。
また見積もりをしっかりと出して、工事内容や現状を説明してくれるかどうかも大切になってきます。

街の修理屋さんでは、有資格で知識・経験豊富なスタッフが全国各地の拠点に常駐しており、いつでもドアホン工事をお受けしております。
作業に入る前に事前調査やヒアリングを行い、見積もり金額を出しておりますので、安心してご利用いただけます。
相談や見積もりはメールや電話から無料で対応していますので、気になるところがある方は気軽にご連絡ください。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す

施工事例

街の修理屋さんのスタッフブログ