エアコンコンセントの工事がしたいときの大切なポイントを解説!

部屋の温度を調節してくれるエアコンは、今では日常生活に欠かせない大切な家電の1つになりました。今となっては、1部屋に1台エアコンを設置している家庭も少なくないのではないでしょうか。
または、今までエアコンを置いていなかった部屋に新たに設置しようと考えている人もいると思います。しかし冒頭でも言った通り、エアコンは電化製品です。使用するためにはコンセントから電力を供給しなければなりません。

「どうしてエアコンのコンセントは独立しているの?」
「エアコン用のコンセントは増設できるの?」

この記事では、上記のような疑問を持つ人に向けて、エアコン用コンセントの仕組みや増設工事の際に気をつけたいことをまとめました。

なぜエアコン専用のコンセントがいるの?

部屋に設置したエアコンを見ると、本体周辺にコンセントがささっているのがわかると思います。これはエアコン専用のコンセントで、壁の低い位置についている家電用コンセントと独立していますよね。ではなぜ、エアコンにはエアコン専用のコンセントが必要なのでしょうか。それには以下の3つの理由があります。

エアコンの消費電力が大きい

1つ目の理由はエアコンの消費電力が極めて大きいためです。壁の低い位置にあるようなコンセントに繋いで大きな電力を使用すると、多くの電流が流れるためにブレーカーが落ちやすくなってしまうのです。
コンセントごと、あるいは部屋ごとに1度に流せる電流の量は決まっており、その許容量を超すとブレーカーが落ちる仕組みになっています。そのため、消費電力の大きいエアコンだけはブレーカーが別で用意されていることも多々ありますよ。

許容最大電力を超えるため

2つ目の理由は、コンセントの許容最大電力を超える可能性があるためです。エアコンは、起動時にもっとも多くの電力を消費します。起動した瞬間には1,000W以上の電力を消費するのだとか。しかし一般的なコンセントの許容最大電力は1,500W程度。エアコンの種類によっては、1,500W以上の電力が流れる機種もあります。安全を考慮した結果、使用できないことになっています。

コンセントごとの仕組みや形状などが異なっているため

3つ目の理由は、使っているエアコンの性能や電力量によって、コンセントの穴も形状が異なるからです。実は、メジャーなものだけでも、「平行形」「アイエル形」「タンデム形」「エルバー形」などがあります。
違う形状のプラグのエアコンに取り替える場合は、それに伴いコンセントの交換作業が必要になります。

エアコンコンセントの増設工事をする前に確認!

次にエアコンコンセントの増設工事をする前に、確認することを2つご紹介いたします。

消費電力の高いエアコンでも対応可能か?

1つ目の確認事項は、消費電力の高いエアコンでも対応可能かどうかです。
まずはブレーカーを確認しましょう。一般的なエアコンの消費電力は200Vです。そのため、確認する点はアンペアブレーカーの配線が3本あるかどうかです。3本あれば200Vのエアコンに対応しているので大丈夫ですが、足りない場合は200Vへの変更作業が必要です。

電源コードの長さが足りない場合延長コードを使っていいか

次に、電源コードの長さが足りない場合に延長コードを使ってもよいかどうかを確認します。エアコン本体を設置したい場所とコンセントの位置が離れているとき、どうすればよいのでしょうか。ほかの家電と同じように延長コードを用いればよいのではないかと思う人もいるかもしれません。

しかし、先述の通り、エアコンにはきわめて大きな電流が流れます。そのため普通の延長コードでは、電流に耐えきれず熱を持ったり、最悪の場合発火したりする可能性もあります。

コードが足りないときは自己判断で延長コードを用いるのではなく、延長工事を行いましょう。

エアコンに専用コンセントを使わないと……

エアコンはエアコン専用コンセントへ。
もし正しく使わないと、思わぬ事故やトラブルに繋がってしまいます。

正しいコンセントを使わないと事故につながる

正しいコンセントを使用しなかった際に起こりうるトラブルは下記の4つです。

・エアコン自体の使用電力が大きいため電力が足りない
・同じ回路を使って電力を供給すると使用できる電力が少なくなる
・電力不足に陥り、ブレーカーが落ちやすくなる
・電流がたくさん流れるため、電化製品の故障や火災につながる

これらのトラブルは起こってからでは遅く、取り返しのつかないことになる可能性があります。工事費用を出すのをためらい無理して使用したばかりに、電気系統に負荷をかけすぎてしまい、結局修繕費用のほうが高くつく、というような事態に陥るケースもあるかもしれません。

エアコンコンセントの工事はプロに任せよう

エアコンコンセントの増設・交換工事はその道のプロに依頼してすばやく終わらせてしまいましょう。業者によってかかる工事費用は異なりますが、およそ15,000~30,000円あたりが相場となっています。

自分ではできない作業が多いためプロに任せよう

街の修理屋さんでは、エアコンコンセントの増設工事や交換作業をお受けしています。
複雑なエアコンコンセントの工事も、たしかな知識と豊富な経験を持つ私たちであれば、部屋の壁を傷つけることなく素早く作業いたします。

無料で見積もりや相談もお受けしていますので、気軽にメールや電話からご相談ください。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す

施工事例

街の修理屋さんのスタッフブログ