【テレビアンテナの取付工事】工事費用の相場や工事の流れについて解説!アンテナの種類も紹介

取付工事依頼の前に知ってほしい   
アンテナ工事の作業内容費用について
八木式アンテナ 画像

アンテナを取り付けたり、交換したりすることは、そう頻繁にある訳ではありません。

しかし、アンテナの取り付け工事が必要になるシーンは、さまざま考えられます。
例えば、

  • 新築などに引っ越した
  • BSまたはCS放送の契約をした
  • 既存のアンテナが破損、老朽化したので交換が必要

などが挙げられます。

今回は、アンテナの取り付け工事が必要になった場合に参考になる、アンテナの種類についてや、種類別の工事費用の相場、アンテナ取り付け工事の大まかな流れなどをご紹介します。

アンテナの種類と費用の相場

まずはじめに、アンテナの主な種類と、それぞれの取り付け工事にかかる費用の相場をご紹介します。

地デジアンテナ

八木式アンテナ 画像
  • 八木式アンテナ (UHFアンテナ)
  • 電波強度
特徴

八木式アンテナ、別名UHFアンテナは、テレビアンテナの中でも最も一般的なアンテナの種類です。

屋根や屋根裏、壁面などに設置される場合が多いです。
3種類あるテレビアンテナの中で、1番電波の受信感度が高く、電波レベルの弱い地域(弱電界地域)でも、"素子" と呼ばれる部分を増やすことによって、受信感度を向上させることができます。

本体重量が1~5kgと重く、屋根に設置する際には、支線や支柱、屋根馬といったアンテナを支える器具や土台の設置も必須になります。

費用

八木式アンテナの取付工事費用は、"アンテナ本体 + ブースター等周辺機器 + 作業料や技術料" で、15,000円~となっており、次に紹介するデザインアンテナよりも費用は抑えられます。

デザインアンテナ 画像
  • デザインアンテナ
  • 電波強度
特徴

デザインアンテナ、別名平面アンテナは、箱型のコンパクトなアンテナです。

名前通り、デザイン性やカラーバリエーションに優れており、八木式アンテナの欠点である住宅の外観が悪くなるという点をカバーしています。

しかし、電波受信感度については八木式アンテナより劣ってしまうため、感度を増強させるブースターの設置は必須になります。

費用

デザインアンテナの取付工事費用の相場は、"アンテナ本体 + ブースター等周辺機器 + 作業料や技術料" で、20,000円~と八木式アンテナより割高となっています。

理由としては、デザインアンテナが市場に登場してから間もないという点と、新築、引っ越し時に選ばれるアンテナとして、とても人気があるという点が挙げられます。

室内アンテナ 画像
  • 室内アンテナ
  • 電波強度
特徴

室内アンテナは、片手で持ち運びができるほどコンパクトなサイズで、室内のテレビ横や出窓などに設置するアンテナです。

こちらも、設置が簡単にできる、アンテナ本体の値段が安いということから、近年人気のアンテナです。

しかし、テレビアンテナの中では1番電波受信感度が弱く、電波レベルの弱い地域などでは、テレビ画面にノイズが走ったり、まともに視聴することが困難なケースもあります。

最近では、上記の問題を解決するために、ブースター内蔵型の機種も発売されているそうです。

費用

室内アンテナの本体価格は、3,000円~と、とても安価で購入できるものが多いです。

室内アンテナは、設置場所が室内であることや大きさもコンパクトであるため、個人での設置が容易にでき、特別、工事は必要ないものがほとんどです。

しかし、先述した通り、電波受信感度がとても弱いため、事前に住んでいる地域の電界強度(放送電波の地域ごとの強さ)を調べておく必要や、ブースターなどの電波増幅器が必須になります。

ここまでは、地上デジタル放送受信用のテレビアンテナについてご紹介しました。

次は、衛星放送受信用のBS/CSアンテナについてです。

BS/CSアンテナ

BS/CSアンテナ 画像
特徴

BS/CSアンテナは白いお皿型をした、パラボラアンテナという種類のアンテナです。

衛星通信や衛星放送用に使われるアンテナで、テレビアンテナが地上の電波塔から電波を受信するのに対して、BS/CSアンテナは軌道上の人工衛星からの電波を受信しています。

そのため、アンテナの設置角度(方位角・迎角)が非常に重要で、さらに、周囲に障害物が無いかなども考慮しなくてはなりません。

アンテナの角度、方位などが少しでもズレてしまうとテレビが見られなくなってしまうので、設置はアンテナ業者などのプロに依頼しましょう。

費用

BS/CSアンテナの本体価格は、5,000円~と比較的安価ではありますが、取付工事のトータル費用は、視聴できる部屋の数で大きく差があります。

1部屋だけ視聴できればいいという場合の費用相場は、15,000円~ですが、テレビがある部屋が複数あり、全ての部屋で視聴できるようにする場合は60,000円~とかなり高額となるケースもあります。

4K8Kアンテナ

4K8Kアンテナ 画像
特徴

4K8K放送が2018年12月1日より実用化され、注目が集まっているのが、4K8K放送受信用の4K8Kアンテナです。

フルハイビジョンより4倍も高精細な映像を映し出すことができる4K8Kテレビは、大画面でも映像が粗くなりません。

今後、間違いなく4K8Kテレビが主流になっていくでしょうが、対応テレビ購入時は対応アンテナの購入や設置も忘れないようにしましょう。

費用

まず、4K8K放送を受信するためには、専用アンテナの他にも、専用のチューナーなどが必要になります。

また、既存のブースターやケーブル、分配器なども4K8Kに対応した種類の機器へ交換する必要もあり、通常のテレビアンテナやBS/CSアンテナに比べて、費用が高額となってしまいます。

その他にも、BS/CSアンテナの場合と同じく設置する建物全体で視聴できるようするのか、1部屋だけでいいのかによっても費用が変わっています。

1部屋だけ見られればいいという場合、工事費用の相場は20,000円~となっています。

地デジ + 4K8K対応BS/CSアンテナを新規設置する場合や、既存のBS/CSアンテナを4K8K放送に対応したものに交換する場合は、最低でも50,000円~程度にはなってしまうでしょう。

アンテナの種類によって、対応する周辺機器や、工事費用などが変わってきます。

まずは、自分がどのアンテナを、どんなプランで取り付けたいかなどをよく確認するようにしましょう。

アンテナの種類や、各アンテナの取り付けにかかる費用などは、以下の記事でもご紹介しております。

それでは、ここまでご紹介した各種アンテナの、取り付け工事費用を一覧表にします。

八木式アンテナ取付・交換費用 15,000円~
デザインアンテナ取付・交換費用 20,000円~
地デジアンテナ設置時のブースター追加費用 (新築の場合等) 取付費用 + 12,000円~
BS/CSアンテナ設置・交換費用 (単体の場合) 12,000円~
地デジ + BS/CSアンテナ新規設置費用 50,000円~
4K8Kアンテナ設置 (単体・視聴可能1部屋のみの場合) 15,000円~
地デジ + 4K8K対応BS/CSアンテナ新規設置費用 50,000円~
電波の状況や周辺機器の有無によって価格は変動します。

アンテナ取付工事の流れ

それでは、実際のアンテナ取り付け工事がどんな流れで行われているかを、ご紹介します。

  • 1, 受信電波の強さを測定 測定器を用いて、電界強度の強弱を調べます。
  • 2, 電波の強さに応じてアンテナや周辺機器を選定 ここで、八木式アンテナやデザインアンテナが使えるか等を判断して適切なアンテナを選定します。
    また、ブースターが必要か等も判断します。
  • 3, アンテナの取り付け作業 取り付けるアンテナが決まったら、アンテナの方向や、種類によっては角度等も十分に気を付けながら、設置を行います。
  • 4, 屋内へのアンテナケーブル配線作業 アンテナの取り付けが完了したら、アンテナケーブルを屋内に配線します。
  • 5, ブースター等の周辺機器設置 ブースターや分配器、混合器等を必要に応じて設置します。
  • 6, テレビが正常に映るかチェック もちろんアンテナ取り付け工事は、取り付けて終わりではありません。
    最後にテレビが正常に映るか、視聴できるかを確認して作業完了となります。

上記のような工事内容で、丁寧に、しっかりと施工します。

住宅の屋根の形状やアンテナの種類によって異なりますが、平均して2~3時間ほどで、作業を完了できることが多いです。

アンテナの取り付けは街の修理屋さんにお任せください!

弊社、「街の修理屋さん」では、アンテナの取り付け工事をはじめ、アンテナ撤去、交換、修理などさまざまなサービスを行っております。

基本作業費は5,000円からで、作業前の見積もりは無料でいたします。

基本作業料 5,000円~
アンテナ設置 10,000円~
アンテナ向き調整 8,000円~
接触改善 (1箇所) 3,000円~
街の修理屋さんのアンテナサービス料金表 (※表示の価格は税抜です。)

この他にも、アンテナやテレビに関連する周辺機器 (ブースター・分配器・テレビ端子) 等の設置、交換や、アンテナのレベル調整なども承っております。

弊社の、詳しいアンテナに関するサービスや、各サービス料金などは以下のボタンからご確認いただけます。

アンテナの取り付け工事、また、アンテナトラブルなどは、「街の修理屋さん」にお任せください。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す

施工事例

街の修理屋さんのスタッフブログ