アイリスオーヤマのエアコンが冷えない時の対処方法教えます

この記事を読むメリット

電気のトラブル対応や工事をしている当社が発信する情報だから安心!!

・創業10年、問合せ件数60万件の実績から、あなたのお悩みを解決。
・自社工事社員が約20人在籍で、ノウハウも多くあるので情報発信の幅も広い。

その他電気トラブルでの不明点があれば、電話での無料相談もお気軽にご利用ください。どこに頼むかわからない方でも、些細な事からご相談を承ります。
電気は万が一(火災など)があるので少しでも心配であれば必ずご相談ください。

三つのポイント
0120-966-765

※Pマークを取得しているので個人情報を適切に管理しています。

※Pマークを取得しているので個人情報を適切に管理しています。

アイリスオーヤマといえば、ペット用品や家具、布団乾燥機などの小型家電が有名ですよね。

リーズナブルでシンプルな機能が使いやすいと人気のアイリスオーヤマ

実はここ数年はエアコンなどの大型家電も売り出しているんですよ。

エアコンは10年同じものを使用するため普段新商品を注目することもあまりありませんよね。気軽に衝動買いするものでもないので、買い替えタイミング以外にあまり注目することもないでしょう。「アイリスオーヤマはエアコン出してないでしょう?」と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回はアイリスオーヤマのエアコンの特徴と、冷えないなどのよくあるトラブルについて解説しますね。

アイリスオーヤマのエアコン

IHFやairwill(エアウィル)のようなアイリスオーヤマのエアコンは、お値段が比較的リーズナブルであること、そして機能がシンプルなことが大きな特徴です。

シンプルとはいえ、Wシリーズはスマートフォン操作も可能で、GVシリーズのように音声操作可能な機種、AWシリーズのようにスマートスピーカーでの操作が可能です。冷暖房機能と除湿機能は全機種備わっています。必要な機能は充分備えながら、空気清浄機能などの他社の上位機種に搭載されるような機能は無いといったところでしょうか。けれど、必要なものは備えているため「操作性に優れて冷暖房と除湿ができればいい」と考える人にはピッタリですね。

また、機能はシンプルながらDシリーズのように白以外のカラーエアコンもあります。Dシリーズのエアコンはフローリングや木製家具に馴染むようなカフェオレ色なので落ち着く色合いが特徴ですよ。

よくあるトラブル

アイリスオーヤマのエアコンに限らず、エアコンによくあるトラブルといえば「冷房をつけているのに冷えない」というトラブルですよね。

他にもエラー表示が出たりランプが点滅したり……電化製品にトラブルはつきものです。

ここではそんなトラブルについて解説しますね。

冷えない

エアコンが冷えない時の原因は大きく分けると下記の通りになります。

  • フィルターの目詰まり
  • 熱交換器の汚れ 
  • 冷媒ガス不足

フィルター目詰まりの場合は、フィルターの掃除で問題は解決します。

特に、アイリスオーヤマのエアコンのようにフィルター自動お掃除機能の搭載されていないエアコンは定期的なフィルター掃除が必要です。

熱交換器の汚れの場合、エアコンクリーニングを行っている業者にクリーニングを依頼しましょう。

冷媒ガス不足の場合は、ガスチャージが必要です。冷媒ガス自体はホームセンターなどでも購入できますが、ガスには種類がある上、ガス漏れ原因が分からないと再びガス不足が起こります。業者に依頼して点検とガスチャージをしましょう。

ランプの点滅

電源ランプなどが点滅していると故障したのかと不安になりますよね。

事実、他メーカーのエアコンはエラーコード表示の代わりに点滅で異常を知らせることもあります。

しかし、アイリスオーヤマの場合は点滅していても、特に問題はないことも多いんですよ。

緑のランプが遅く点滅

自動霜取り運転中です。4分から15分程度待てば霜取り運転が完了するので、通常通りに使用できます。

また、内部クリーン運転を行っている際も同じように緑のランプがゆっくり点滅します。90分後に自動停止するのでしばらく待ちましょう。

緑とオレンジのランプが交互に点滅

急な停電や、コンセントが抜けてしまったときなど、急に電源が切れてしまったときに起こります。リモコンなどで運転再開させれば解除されます。

その他エラーコード表示

エラーコードが表示されている場合です。意味は下記の通りです。

  • E6:配線が正しくないという表示です
  • PH:電圧が正しくないときに表示されます
  • その他:エアコンへの負担軽減のため制御中だという表示です

これらの表示はすべて故障ではありません。落ち着いて対処しましょう。

ただし、電圧が正しくない場合はコンセント側の問題である可能性が考えられます。

電気工事の業者に点検を依頼した方が良いでしょう。

エアコンは壊れていないので修理は不要ですが、電圧のおかしいコンセントを使用し続けているといつか壊れてしまう可能性もあります。

エアコン故障は業者に修理依頼

エアコン工事の様子

上記で述べたような簡単なトラブルの時は、すぐに対処はできそうですよね。

けれど、手に負えないトラブルが起こることもあります。

「エアコンから変な音がする……」

「急に電源が入らなくなった」

「フィルター掃除したのにエアコンが冷えない!」

「暖房なのに冷たい空気しか出ない!」

「熱交換器の汚れと言われても熱交換器がなんだか分からない……」

「室外機から変な音がするけど室外機が重くて触れない」

「天吊りの室外機にトラブルが起きたみたいだけど、位置が高くて様子をみることもできない」

こうしたトラブルはよく聞くものです。これらすべて手軽に対処できるものではありませんので、業者を頼りましょう。

もちろん、街の修理屋さんでもエアコン修理は対応しておりますよ。お気軽にご相談くださいね。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す