IKEA照明の取り付け方法を解説!おしゃれなイケア照明の設置方法教えます

この記事を読むメリット

電気のトラブル対応や工事をしている当社が発信する情報だから安心!!

・創業10年、問合せ件数60万件の実績から、あなたのお悩みを解決。
・自社工事社員が約20人在籍で、ノウハウも多くあるので情報発信の幅も広い。

その他電気トラブルでの不明点があれば、電話での無料相談もお気軽にご利用ください。どこに頼むかわからない方でも、些細な事からご相談を承ります。
電気は万が一(火災など)があるので少しでも心配であれば必ずご相談ください。

三つのポイント
0120-966-765

※Pマークを取得しているので個人情報を適切に管理しています。

※Pマークを取得しているので個人情報を適切に管理しています。

おしゃれな北欧家具がリーズナブルに手に入ることで有名なIKEA

「うちの家具はほとんどIKEA!」

「家具は買ってないけど気付いたら小物はイケアばっかりになってた」

なんて方も多いのではないでしょうか?

どんどん店舗数も増やしているIKEAは、お店に行くと並んだ小物も家具もおしゃれで可愛くて、見ているだけで楽しくなりますよね。

今回はそんなIKEAで人気の商品のなかでも、照明について解説しますね。

IKEAの照明

IKEAイケアは家具がおしゃれでかわいいものや、スタイリッシュでかっこいいもの、無駄がなく美しいものなど、デザイン性の高さが人気です。

それは照明部門でも同様です。

シーリングライトなどもありますが、なんといってもお花のような形のペンダントライトなどが大人気です。

ぶら下がる星のような形のライトもあり、どれもとても人気なんですよ。

そんなIKEAの家具家電、実は問題がひとつあるんです。

それは、設置や組み立ては購入者本人が行わなければならないこと。

すべてのお店ではありませんが、天井高い位置に設置する照明や、組み立てが必要なものは、有料で設置や組み立てを依頼できるお店も多いですよね。

けれどIKEAの場合は、照明にそうしたサービスはありません。

使い方が分からなくても、設置ができなくても、購入したら自分でどうにかするしかないのです。

照明取り付け方法

そんな照明の取り付け方法ですが、実は意外と単純なんです。

天井にある引っ掛けシーリングやローゼットに、照明の差込口をあてて差込し、くるっと半回転するだけです。

カチッと音がしたら完了です。

照明のデザインによっては、本体取り付け後にカバーなどを取り付けます。

詳しい手順は、照明を購入したらついてくる取り扱い説明書に記載されていますよ。

「付属の説明書は絵で説明されるから逆にわかりづらい……」

という方は、下記の記事をご参照くださいね。

照明を設置する時の注意点

照明の取り付けは、慣れてしまうと簡単な手順です。

引っ越しが多い人などは、なんども取り付け取り外しを行うので手慣れているのではないでしょうか。

照明の設置は電気工事士などの資格も必要なく、脚立などの足場を用意できれば誰でも作業ができます。

身長の低い人や腰の曲がった人は、通常よりも高い脚立や踏み台が必要になりますが、そうした足場さえ確保できれば誰でも簡単な作業です。

しかし、そんな照明の設置にも注意すべき点があります。

それは、照明の設置場所についてです。

照明を設置する予定の位置に『引っ掛けシーリング』もしくは『ローゼット』があるか、必ず確認してください。

特に、あまり確認せずに入居した新居では確認必須です。

この引っ掛けシーリングやローゼットは、どんな照明を取り付ける際にも必要になります。

これが無いと、照明の本体取り付けができなくなってしまうんですよ。

逆をいえば、この引っ掛けシーリングやローゼットさえあれば、大抵はどんな照明も鳥塚ができます。

多くの家に設置されている共通の形なので、この引っ掛けシーリングかローゼットがあれば「形が合わなくて設置できない」ということは滅多に起こりえません。

それは、北欧家具のIKEA照明でも同じことです。

おしゃれなIKEAの照明も、本体の設置部分をよくよく見てみましょう。

引っ掛けシーリングやローゼットに取り付けるための金具がついているんです。

爪のようなこの金具を引っ掛けシーリングやローゼットに挿しこんで、くるっと半回転させれば取り付けができるようになっているんですよ。

IKEAの店舗にある照明コーナーに行けば、この引っ掛けシーリングやローゼットにさしこんでいる部分も見ることができますよ。

シーリングもローゼットもない場合

引っ掛けシーリングやローゼット、どちらかがあれば照明は簡単にせっちできます。

しかし、これが無いと照明の設置ができません。

「うちにはそういうものが無いからせっちできないかも」

と思っている方は、電気工事の業者に相談しましょう。

引っ掛けシーリングやローゼットは、電気工事の業者であれば取り付け工事ができるんですよ。

ただし、この工事は天井内の電気配線をいじって新たに引っ掛けシーリングやローゼットを取り付ける工事になります。

この工事には、電気工事士の資格が必要です。

必ず、電気工事士の資格を持つ人に依頼するか、電気工事の業者に依頼しましょう。

資格のない素人が工事を行うと、法律で罰せられてしまう可能性があります。

それだけでなく、天井作業は高い位置になるので落下の危険を伴います。

電気配線の工事は、失敗すると電気系統のショートや漏電、火災などの原因にもなります。

かならず電気工事の業者に相談してくださいね。

なお、街の修理屋さんでも、引っ掛けシーリングやローゼットの設置工事は承っておりますよ。

「照明をつけたかったのにつける場所がなかった……」

とお悩みの方は、ぜひお電話やメールでご相談くださいね。

照明が取り付けできないときは業者へ相談

「思ったより天井が高くて照明が取り付けできない。でもIKEAだと取り付けサービスもないしどうしよう……」

そんなお悩みを持つ方は、街の修理屋さんにご連絡ください。

ローゼットやシーリングの工事ではなく、照明設置だけでも承っておりますよ。

ぜひご連絡くださいね。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す