ドアホンを取り付ける方法についてわかりやすく紹介します

「誰か訪ねてきた時に、どんな人か映像で確認したい…」と思ったことはありませんか?

最近はいろいろな機能がついたドアホンが発売されていて、しかも1万円前後から購入することができます。

さらに以前と比べて、取り付ける方法も簡単になっています。

「それなら交換したい!」と思う方も多いでしょう。

ここで疑問が生まれます。

「うちのインターホンは自分で交換できるのかな?」と思いませんでしたか?

実はインターホンを自分で交換することはできますが、いくつか条件があります。

この記事では、ドアホンを取り付ける方法について簡単に解説しています。

ドアホンを取り付けたい

設置前のドアホン

「ドアホンを取り付けたい」と思っても、すぐに交換できない場合があります。

賃貸物件にお住まいの方は、まず管理会社か大家さんに相談してください。

ここからは、一軒家にお住まいの方に向けての説明になります。

ドアホンを取り付けたい場合、『自分でできるもの』と、『できないもの』があります。

自分で取り付けできるもの

自分で交換できるかどうかは、電源をどこから取っているか確認することでわかります。

【自分で交換できるタイプ】

  • 電源プラグが付いている
  • 乾電池で動く

つまり電源プラグが無く、乾電池の交換もできないインターホンは自分で交換できないということになります。

ちなみに『インターホン』の中に『ドアホン』という種類があると思ってください。

実際には同じような意味で使われています。

電気工事が必要なもの

工事中のドアホン

電気工事が必要なインターホンは、電源コードを直接本体に接続してある種類です。

【電気工事が必要なタイプ】

  • 壁の中から電源を取っている
  • ガス警報器などと連動している
  • 壁や門に埋め込まれている
  • 固定電話と繋がっている
  • チャイムのみからモニター付きに変更

などは自分で交換することはできませんので、専門業者に相談しましょう。

取り付けの仕方

ここからは一般的な取り付け方についての説明します。

インターホンの交換は基本的に3つの作業に分けることができます。

  • 電源を取る
  • 配線を繋ぐ
  • 壁に固定する

それぞれの作業ごとに簡単に解説していきます。

ドアホンを簡単に交換するための条件

重要なので、もう一度確認します。

【自分で交換できる条件】

  • コンセントから電源をつなげている
  • 乾電池で動いている
  • チャイム用コードが配線している

チャイム用コードとは、親機と子機を繋いている通信用のコードです。

弱い電流が流れていますが、触っても大丈夫です。

もし間違えて電源ケーブルを触ると感電する危険性がありますので、わからない場合は専門業者に相談した方が安心です。

既存の電子子機の取り外し方

取り外し作業の途中段階

まず、玄関についている子機を外す方法です。

ドライバーがあれば外すことができます。

【外についているボタンを外す方法】

  • 子機を固定金具から外す
  • 子機からチャイム用コードを外す
  • 固定金具を取り外す

子機にも種類がありますが、どれもネジで固定されているだけなので簡単です。

カメラ付きドアホンの取り付け方

次に新しい子機を取り付ける方法です。

便利なカメラ付きドアホンを取り付けてみます。

【カメラ付きの子機をつける方法】

  • 固定金具の取り付け
  • チャイム用のコードを接続する
  • カメラ付きドアホンの固定

基本的には、取り外しと逆の手順になります。

交換完了したカメラ付きインターホン

取り付ける時の注意点もいくつかあります。

  • 固定金具のサイズに合わせて、ネジ穴を開ける
  • 壁の素材に応じて、インパクトドライバーなどの工具が必要
  • カメラの角度を調整する
  • 穴を埋めたい場合はコーキング材などを使う

長持ちさせるための環境や、設置する高さなど考えた上で場所を決めると良いです。

既存のインターホンの取り外し方

続いて、室内の親機を取り外す方法です。

基本的には子機と同じ手順になります。

【室内の親機を外す方法】

  • 電源プラグをコンセントから抜く
  • 上に持ち上げてインターホンを外す
  • チャイム用のコードを外す
  • 固定金具を取り外す

こちらもドライバーがあれば外すことができます。

室内モニターの取り付け方

設置完了したモニター

次に新しい親機を取り付ける方法です。

カメラ付きの子機を選んだので、親機はモニターが付いています。

【親機を設置する方法】

  • モニターの固定金具の取り付け
  • チャイム用のコードを接続する
  • 室内モニターの固定
  • 電源プラグをコンセントに挿す

親機も外す時と逆の手順になります。

配線のトラブルがなければ、ドアホンに変更するだけでモニターにカメラの映像を映すことができます。

壁に穴を開けたくない場合は、マスキングテープを貼った上に強力な両面テープで固定することもできます。

どの種類でも自分でできるの?

インターホンの交換は作業だけを見ると単純です。

配線もそのまま使うことができるので、用意する物は新しいドアホンとドライバーだけで大丈夫です。

ただし、何度も確認しますが電源だけは注意してください。

電源コードが直接インターホンに接続されている場合は、自分で交換することができません。

資格がないとできないものもある

AC100V以上の電源操作には『第2種電気工事士』の資格がいるので、対象のインターホンは一般の方には取り付けができない決まりになっています。

これは、電気を扱う上で必要な知識がないと感電の危険性があるためです。

ですので、この場合は専門業者に依頼してください。

電源がどうなっているかわからない場合も、相談することをおすすめします。

安全に取り付けしたい

ここまでインターホンの交換方法に関して解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

「意外と簡単だな〜」と思われたのではないでしょうか?

しかし、専門業者は設置した後のことまで考えて作業をします。

【設置後のトラブルについて】

  • 配線の接続不良
  • 子機の設置不良で雨やホコリなどが入る
  • 子機のカメラの位置が悪い

などが起こらないように、しっかり確認を行います。

安全で確実に取り付けがしたい場合は、専門業者に依頼すると良いでしょう。

自分での取り付けが不安なら

新しいドアホンに交換すると、今までになかった便利な機能を使うことができるようになります。

多機能な物ほど価格も高くなりますので、自分に合った機種を選ぶと良いでしょう。

【ドアホンの便利な機能】

  • 映像で相手を確認できるため防犯になる
  • さらに録画ができる物もある
  • 子機が多いと離れた場所でも応対できる
  • スマホと連動させることで外出時に確認できる
  • ワイヤレスなら配線がいらない

など便利な機能はたくさんあり、選ぶのも楽しいかもしれません。

自分に合ったドアホンを選んだ上で、取り付けに不安がある場合は専門業者に相談しましょう。

交換にかかる費用のお問合せや、電気工事のご依頼などお気軽にご相談ください。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す