換気扇のスイッチを交換する方法とその種類について解説します

古くなった換気扇のスイッチ。「劣化して見た目が悪い」「不具合が起こるようになった」といった理由から、新しいスイッチに交換したいと考える方もいると思います。

しかし、換気扇のスイッチをどのように交換すればよいか、どのスイッチを選べばよいかなど、わからないことも多々あるでしょう。

そこで今回は、下記の内容を解説させていただきます。

  • 換気扇のスイッチでよくある種類
  • 換気扇スイッチを交換する方法

街の修理屋さんでは、全国の工事実績が15万件以上あります。国税庁や日本郵便など、有名企業からも依頼を受けた実績があります。記事の信頼性は、確保されていますよ。ぜひ参考にして、トラブル解決に役立ててくださいね。

換気扇のスイッチでよくある種類

換気扇のスイッチ

換気扇のスイッチは、指定した時間が訪れると自動でオフになる「タイマースイッチ」が多いです。タイマースイッチには、下記の2種類があります。

  • ツマミ時間設定タイプ
  • 押しボタン時間設定タイプ

それぞれのタイプについて、簡単にご紹介します。

押しボタン時間設定タイプ

1つ目は、押しボタンで時間の設定ができるタイプです。時間設定は、分刻みのものと、時間刻みのものがあります。

また、自分で時間設定をする用のボタンや、自動で時間設定してくれるボタン、タイマーを切る用のボタンなど、複数のボタンが設置されているものもあります。

ツマミ時間設定タイプ

2つ目は、ツマミ時間設定タイプです。ツマミを回すことで、分ごと(または時間ごと)に設定することができます。

押しボタンタイプもツマミタイプも、換気扇のタイマースイッチだけではなく、音量のボリューム調整、電源のオンオフの切り替えなど、さまざまな場面で使用されています。

デザインや使用感を比べてみて、自分に合ったものを選択しましょう。

資格がないと換気扇スイッチの交換はできない?

作業員が交換作業中の換気扇スイッチ

「換気扇のスイッチを自分で交換したい」と考えている方もいるでしょう。しかし、資格を持っていない人はスイッチの交換を行うことができません。

そこで、交換方法をご紹介する前に、資格がないとなぜスイッチの交換ができないのかご説明します。

配線での取り扱いがあるため資格なしではできない

スイッチの交換をする方法には、配線に触れる作業が含まれます。配線を取り扱う工事を行うには、電気工事士の資格が必要です。

無資格の方が配線工事を行うと、罰則や罰金が発生してしまいます。

また配線工事は、方法を誤ると感電や火災が起こる危険性もあります。安全に交換するためにも、資格を持っていない方は電気工事の業者に依頼をしましょう。

換気扇スイッチの交換方法

ここからは、換気扇のスイッチを交換する方法をご紹介します。

ただし、ご紹介する方法は、あくまでも資格を持っている方向けの交換方法です。資格を持っていない人は自力で作業を行うのではなく、業者に依頼をするようにしてください。

必要な道具

スイッチの交換に必要な道具は下記の通りです。

  • マイナスドライバー
  • プラスドライバー
  • ベビーマイナスドライバー

ネジを緩めてカバーを外す

まずは作業を行う前に、必ずブレーカーを落としておきましょう。ブレーカーを落とさずに作業をすると、感電などの事故が起こってしまう可能性があります。

ブレーカーを落としたら、ネジを緩めてスイッチのカバーを外してください。

カバーを外すとスイッチ本体が見えるようになります。壁の中からスイッチを取り出しましょう。

配線をマイナスドライバーを挿し込み外す

スイッチには、配線がつながっています。マイナスドライバーを挿し込んで、スイッチから配線を取り外してください。

これで、古いスイッチの取り外しは完了です。

新しいスイッチに配線をつなぎ壁に取り付ける

あとは、古いスイッチを取り外したときと逆の手順で、新しいスイッチを取り付けていくだけです。新しいスイッチに配線をつなぎ直してから、壁に埋め込みましょう。

スイッチカバーを取り付け動作確認したら完成

スイッチカバーを取り付けたら、ブレーカーを上げて動作確認を行います。換気扇を使用できるか、タイマーが正常に動作するか、など確認しましょう。

問題なく使用できることを確認できたら、スイッチの交換作業は終了です。

自分には換気扇スイッチの交換ができない場合は

先ほどもご説明しましたが、スイッチの交換をするには電気工事士の資格が必要です。資格を持っていないのであれば、絶対に自分で作業を行わないでください。

専門のプロに任せて取り付けてもらおう

どうしても自分で交換したいのであれば、事前に電気工事士の資格を取得してから作業を行うこともよいでしょう。

しかし、スイッチが故障してしまったのであれば、資格を取得するまでそのままの状態で放置するわけにはいきません。換気扇が使用できなければ、空気の入れ替えができず、臭いや湿気が部屋にこもってしまいます。

無資格で取り付けが難しい方は、プロに頼んで交換してもらいましょう。

街の修理屋さんでも、スイッチ交換などの電気工事を承っています。お困りの際はお気軽にご相談ください。

街の修理屋さんは全国各地に多数の拠点があるため、ご連絡いただいた日にお近くの作業員が向かいます。年中無休で対応しておりますので、平日はお仕事が忙しい方も休日にご連絡が可能です。

お見積り・ご相談も無料で対応しております。興味のある方は、ぜひお電話やメールでお問い合わせください。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す