ニトリの照明を取り付けたい人必見!自分で取り付けできない時の対処方法教えます

この記事を読むメリット

電気のトラブル対応や工事をしている当社が発信する情報だから安心!!

・創業10年、問合せ件数60万件の実績から、あなたのお悩みを解決。
・自社工事社員が約20人在籍で、ノウハウも多くあるので情報発信の幅も広い。

その他電気トラブルでの不明点があれば、電話での無料相談もお気軽にご利用ください。どこに頼むかわからない方でも、些細な事からご相談を承ります。
電気は万が一(火災など)があるので少しでも心配であれば必ずご相談ください。

三つのポイント
0120-966-765

※Pマークを取得しているので個人情報を適切に管理しています。

※Pマークを取得しているので個人情報を適切に管理しています。

季節の変わり目と共に部屋の模様替えを始める人も多いんじゃないでしょうか。

最初は家具や家電の配置替えぐらいで考えていたけど、カーテンや照明も替えるとガラリと部屋の雰囲気も替えられる。

特に部屋の照明を取り換えると、今までの自分の部屋の印象が変わるのでオススメです。

そんな時に便利なのがニトリ。

ニトリは全国に600店舗以上あり、取り扱っている照明も種類が豊富で安価なものが多くて手を出しやすい。

まさしくお値段以上の照明が揃っています。

ここではニトリ照明の人気商品や、取り付け方などを詳しく説明していきます。

ぜひ参考にしてみてください

ニトリの照明器具はリーズナブルで種類が豊富

ニトリは全国に600店舗以上あるので自分が住むエリアには店舗があるのが便利ですね。もちろんネットショッピングでも照明の購入はできますが、実物を見ながら自分の部屋に合うかどうかを考えるのも楽しいですよね。

ニトリの照明で人気のタイプを紹介します。

シーリングライト

ニトリのシーリングライトは現在、約20種類ほど販売されていて価格も2,000円台からと安価に購入できます。

様々なデザイン、サイズがあり、4.5畳~12畳までお部屋の広さに合わせた商品展開で気軽に購入しやすいのがポイントです。

人気があるのは下記の3つ。

①6畳用LEDシーリングライト プリメーラ2

最近、人気があるシーリングライトはこの「6畳用LEDシーリングライト プリメーラ2」です。

適応している部屋の畳数は6畳で、3段階((100%・60%・20%))に明るさの調節ができるのが特徴です。

明るさは3,500lm(ルーメン)です。

lm(ルーメン)はLEDの明るさを表す単位で、光源から放たれる光の量を意味しています。

3,500lmだと6畳~8畳程度の部屋に適しており、ワット数だと約220Wに相当する明るさです。

価格は税込みで3,990円とお手頃な価格で、部屋の模様替えはもちろん引っ越し時にまとめて購入するのにも適していますね。

価格はお手頃でもリモコンが付属されていて、気分によって明るさを調節できるのは嬉しいですね。

②6畳用LEDシーリングライト 調光調色 トーニング2

ニトリの売れ筋シーリングライト、二つ目の商品は「6畳用LEDシーリングライト 調光調色 トーニング2」です。

こちらは細やかな明るさや光の調節ができるシーリングライトです。

明るさなら10段階、光の色なら11段階まできめ細やかな調節(電球色から昼光色まで)がリモコンからできて、お部屋の雰囲気を自分好みに替えられます。

価格は税込み5,990円で、明るさは3699lmです。

好みの明るさをリモコンに記憶させてワンタッチで点灯できたり、消灯タイマーなど痒いところに手が届く様な機能が嬉しいですね。

③シーリングライト メストロ4RC(ホワイト)

三つめは、4つのシェードがついているタイプの「シーリングライト メストロ4RC(ホワイト)」です。

4つのヘッドがあり、それぞれに角度が変えられるので明るさの調整にこだわりたい人にもオススメです。

スチールとウッドを合わせたシンプルなデザインで、どんなタイプのお部屋にも合わせやすい。特にリビングやダイニングに取り付けると簡単にお洒落な雰囲気に変えられます。

価格は、11,900円と他のシーリングライトの中でも高目ですが、調光の細やかなバランスが操作できたり、円盤シーリングと違って虫などが入りづらいのも人気のポイントですね。

ペンダントライト

シーリングライト以上にお部屋の設置場所によって雰囲気が変わるのがペンダントライトですね。ダイニングルームなどに使う場合には落ち着きのある雰囲気で、お料理も美味しく感じるなど実用的な面もあります。

ニトリのペンダントライトで人気があるのは以下の商品です。

①ペンダントライト WACCA 298P(ダークブラウン)

一つ目の売れ筋商品は、木製のリングシェードを層にしたタイプのペンダントライトで、3段階で明るさの調節ができるタイプ。

クラシカルでウッドを取り入れたデザインで穏やかな光の調節ができるので、ダイニングやリビングはもちろん寝室の照明としても使いやすい。

ダークブラウンの他にカラーバリエーションはホワイト、ライトブラウン、ナチュラルがありお部屋のタイプによって選べるのが嬉しいですね。

価格は、税込み5,990円とお手頃価格でついつい複数購入したくなります。

②ペンダントライト VERRE 1T (クリア)

電球をガラス製のシェードで覆うタイプのペンダントライト。

丸いフォルムのシェードはアンティーク調やモダンなお部屋にも合わせやすく、スタイリッシュな空間を演出してくれます。

クリアタイプが人気ですが、グレーのタイプもクールな雰囲気でおしゃれです。

税込み価格4,990円で、こちらもお手頃な価格なのが嬉しいですね。

③ペンダントライト Nフィルメトリ(124P)

スチール製のワイヤーで作られたデザイン性の高いシェードが特徴の「ペンダントライト Nフィルメトリ(124P)」はモダンでシックなお部屋にも、アンティークカフェにも使えそうなペンダントライトです。

個性的でオブジェの様なデザインですが、価格は税込み3,045円と良心的です。

その他にも色々な照明があります

ニトリでは、シーリングライトやペンダントライト以外にも、下記タイプの照明も豊富に取り扱っています。

  • スタンドライト・フロアランプ
  • テーブルランプ
  • デスクライト
  • クリップライト
  • センサーライト

どれもお手頃な価格帯で購入できるので、お部屋の照明選びに重宝しそうです。

照明取り付けサービスや照明設置なし

照明も「お値段以上」なニトリですが、注意しなければいけない点が一つあります。

ニトリでは家具の配送組立ては有料サービスとして利用できますが、照明を取り付けてくれるサービスはありません。

ニトリでは商品によって配送方法が変わります

ニトリのオンラインショップを利用した場合は商品によって配送方法が変わってきます。

配送の区分には「ニトリ設置品」と「お客様組立品」の2種類があります。

ニトリ設置品

ニトリ設置品の商品は、ニトリの配送センターから商品が届けられ、配達してくれたスタッフの方が部屋の中で梱包と解き組立から設置までおこなってくれます。

もちろん解いた梱包資材は持ち帰ってくれます。

家具の区分はこちらになります。

お客様組立品

お客様組立品は文字通り購入者が自分で設置から組み立てまでを行わなければいけない商品です。宅配便で配送され、玄関先で引き渡しが完了してしまいます。

梱包を解くのも自分ですし、説明書を見て組み立てる作業も自分でおこなう必要があります。

ニトリの照明器具はお客様組立品

価格もリーズナブルで明朗会計なのでとても好印象なニトリの商品ですが、シーリングライトやペンダントライトなどの照明器具は「お客様組立品」の区分となります。

納品も「玄関先迄納品」となって下り、部屋の中までは運んではもらえません。

ニトリの照明器具を取り付け際の注意点とは

ローゼット

種類やデザインも豊富で購入意欲が高まるニトリの証明器具ですが、シーリングライトやペンダントライトなどは取付け先に引掛けシーリングや引掛け埋込ローゼットが設置されている必要があります。

その他にもニトリの照明器具を取り付ける際にはいくつか注意するポイントがあります。

引掛けシーリングやローゼットの設置が必要

一般的にシーリングライトやペンダントライトの様に天井に設置したり、天井から吊り下げるタイプの照明器具は「引掛けシーリング」や「ローゼット」といった器具に取り付ける必要があります。

ニトリの照明器具の商品ページでは画像の様に「取り付けできる配線器具」で使える「引掛けシーリング」や「ローゼット」に関する記載がされています。

「引掛けシーリング」や「ローゼット」といった名称で区分されているものの、基本的な機能は同じです。シーリングでもローゼットでも照明器具の設置はできますが、取り付け方や対価重量など細かい部分に違いがあります。

「引掛けシーリング」と「ローゼット」の違いは以下の通りです。

引掛けシーリング

引っ掛けシーリングの内部

引掛けシーリングに照明器具を設置するには、シーリングの溝の部分に照明器具のツメ2本を差し込み時計方向に音が鳴るまで回します。カチっと音が鳴れば設置が完了です。

アパートなどでよく見る方式ですね。

基本的には差し込んで回すだけで簡単ですが、高い場所での作業が必要になるので足もとの注意と確認が必要です。

引掛けシーリングの耐荷重は5㎏までとされています。

ローゼット

シーリングライト、ペンダントライト、シャンデリアの設置に適しているローゼット。

設置方法はシーリングよりもひと手間多く、先ずはネジを取って設置したい照明器具の本体をネジで固定します。その後はシーリング同様に溝の部分にツメを差し込んではめ込みます。

ネジで固定する分シーリングよりも重い照明器具の取り付けが可能で、ローゼットの耐荷重は10㎏までとされています。

シーリングよりも重い照明器具の取り付けが想定されます。高所での作業にプラスして照明器具の重量も重いので2名以上で作業するのが適切でしょうか。

取り付けできない場所もある

ニトリの照明だけでなく一般的にシーリングライトなどは

  • 平坦ではなく突出部がある
  • 凹凸が目立つ
  • たわんでいる
  • 傾斜していて床と並行ではない
  • 合板で薄い板で作られている

上記の様な状態の天井には取り付けができません。火災や落下につながり、けがの原因にもなってしまうので基本的には取付が不可です。

シーリングライトやペンダントライトの取付には高所での作業が必要

前述もしましたがシーリングライトやペンダントライトの取付で一番注意すべき点が高所作業です。

シーリングライト、ペンダントライト、スポットライトやシャンデリアなど天井照明と呼ばれる種類の照明器具はどうしても高い場所に上る必要があります。

引掛けシーリングで5㎏まで、ローゼットを利用したら10㎏まで重量のある照明器具を持って脚立に上るのはハードルが高そうです。

脚立を利用すると書きましたが家に脚立を所有していない方も多いことでしょう。

その場合には椅子やテーブルに乗ることも考えられますが、余計に足もとの安定が失われるので注意が必要です。

また5㎏や10㎏の重さがあると一人で高所に上ること自体が難しそうです。ある程度重量のある照明器具の取付は2人以上ではないと上手くいきそうにありませんね。

照明器具の耐荷重は絶対に守りましょう!

小型や円盤形のシーリングライトやペンダントライトであれば重量も2㎏未満で収まり取付作業もスムーズにできそうですが、大型の天井照明や重量のあるものであれば注意が必要です。

設置作業時の事故だけではなく、地震発生時には揺れて天井から落ちてくる危険性もあり、ケガや事故につながることも考えられます。

引掛けシーリングやローゼットの耐荷重を超える照明器具の取り付けは絶対に止めましょう。

取り付けが難しい場合やシーリングやローゼットが無い場合は専門業者への依頼が必要です

ニトリの照明はお手軽な価格で種類やデザインも豊富です。4.5畳から12畳まで広さに合わせた商品も取り揃えているので選ぶ楽しさも十分にあります。

一方、取付に関しては少しシビアです。家までの配送はしてくれるものの、取付は自分自身でしなければなりません。

引掛けシーリングへの取付は上手くハマれば5分で終わることもあり、女性でも簡単にできるのも特徴です。

ただそれも引掛けシーリングの設置が既に済んでいたり、取付やすい場所に設置されている場合です。

自分だけでは取付が難しいケースやその場合の解決方法を説明します。

天井の引掛けシーリングやローゼットの交換が必要な場合

引掛けシーリングやローゼットなどの配線器具が天井に着いていれば、なんらかの照明器具の取付は可能です。

日本であれば新築であっても、中古物件であっても、アパートでも戸建てでも何らかの配線器具がついているので種類やメーカーが合えば照明器具の取付はできるのです。

照明器具を取り付けるのに、一から配線器具を取り付けるケースは稀かもしれません。しかし、中古であれば配線器具の部品が欠けている、一部が破損していることは考えられます。

配線器具の老朽化や破損が原因で交換が必要な場合には、専門業者への依頼をすることをオススメします。

引掛けシーリングやローゼットの交換を業者に依頼した場合の費用は3,000円~5,000円程度とされています。

しかし、新しい照明器具の取付までを依頼すると料金は別途発生するので気を付けましょう。

配線工事には電気工事士の資格が必要です

引掛けシーリングが設置されていれば照明器具の取付事態はそこまで難しくはありませんが、引掛けシーリングなどの配線器具の取り付けには電気工事士の視覚が必要です。

コストの面を考えると自分で取り付けができた方がお得ですが、配線工事を素人が行うことはオススメできません。

作業の煩雑さだけではなく、配線の不備による発火や漏電のリスクも危険です。

電気工事士の資格には第一種と第二種の二通りがあり、第一種電気工事士の資格の方が業務範囲が広いとされています。

自身が電気工事士の資格を持っていれば配線器具の設置も、照明器具の設置も問題はありませんが、一般の人が手を出すのは考え直した方が良いでしょう。

専門業者に依頼する

ニトリの照明器具は価格もリーズナブルでサイズやデザインも豊富です。

お部屋の雰囲気に合わせて自分が気に入ったライトを選べるのはうれしいものですね。

しかし、照明器具の設置には高所での作業や耐荷重を考慮しなくてはならなかったりと、色々と煩雑な面もあります。

特に女性一人で解決しようとすると難しい場面も予想できます。

少しでも迷うことがありましたら専門家に相談してみることをオススメします。

また、業者への依頼をする前に具体的な費用が知りたい場合は設置依頼をする前に見積もりを出してもらうと良いでしょう。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す