シーリングライトの取り付け方法【取り付け前の確認点も解説】

「天井にシーリングライトを取り付けたい。けれど、失敗したくないから、具体的な方法が知りたいな…」という方は、多いでしょう。シーリングライトの取り付けは、専門の資格もいらないので簡単な作業に見えます。しかし、手順を誤ってしまったがゆえに買ったばかりのシーリングライトが故障してしまったら嫌ですよね。

そこで今回は、以下の内容について解説します。

  • シーリングライトの取り付け方法
  • シーリングライトを長持ちさせる方法

街の修理屋さんでは、全国の工事実績が15万件以上あります。国税庁や日本郵便など、有名企業からも依頼を受けた実績があります。記事の信頼性は確保されているので、ぜひ参考にして、照明の取り付けに役立ててくださいね。

シーリングライトの取り付け前の確認点

シーリングライトの取り付け前の確認点

シーリングライトを取り付ける前に、まず確認しておきたいことがあります。

それは、設置したい部屋の天井に照明を取り付けるための配管器具が付いているかどうかです。シーリングライトを取り付けるための配管器具は「引掛シーリング」や「引掛ローゼット」と呼ばれる、丸型や四角型の大きめのコンセントのような形状です。

天井についた引っかけローゼット

もし、これまで使用していた蛍光灯をLEDシーリングライトに取り換えるというようなケースであれば、蛍光灯を設置する際に使っていた配管器具が付いているはずです。

この配管器具が付いていれば、ご自身で簡単にシーリングライトを取り付けることができます

配管器具の付いていない場所にシーリングライトを取り付ける場合、配管器具の設置工事が必要になります。この工事を行うには電気工事士の資格が必要になるため、専門の電気工事業者に依頼しなければなりません。

なお、天井の状態によっては配管器具を設置できないこともあります。あらかじめ電気工事業者に相談して見てもらいましょう。設置が可能か、設置できるならどれくらいの費用がかかるのか見積もりを取りましょう。

シーリングライトの取り付け方法

シーリングライトの取り付け方法

すでに天井に配管器具が付いていれば、下記の手順でシーリングライトを取り付けることができます。

①シーリングライトに付属されているアダプタを、天井の配管機器にはめこみます。カチッと音がするまで回して、しっかりはめこんでください。

②上記で取り付けたアダプタに、シーリングライト本体を合わせてセットします。カチッと音がするまで本体を押し上げ、固定します。

③アダプタから出ているコネクタ端子を本体側の端子口に挿し込みます。

④最後にカバーを取り付けます。カバーが平行にきちんとはまっているかを確認して作業完了です。

シーリングライトを長持ちさせる方法

シーリングライトを長持ちさせる方法

最後にシーリングライトを長持ちさせる方法をご紹介しましょう。

シーリングライトの場合、点けたり消したりする回数をできるだけ減らすことが長持ちのポイントです。節電を考えるとこまめに点消灯しがちですが、点消灯するとシーリングライトに負荷がかかってしまい、照明器具自体の寿命を縮めてしまいます。

とはいえ、光源となるLEDを長持ちさせるには、こまめに点消灯して点灯時間を短くしたほうがいいので、ちょっと矛盾した話になってしまいますね。

ですから、LEDシーリングライトは乱暴に扱わず、普通に使っていればOKです。おおむね10年前後は使用が可能です。たとえば、数分席を外す程度でも消灯して戻ったら点灯などといった使い方ではなく、仕事など長時間の外出時には消灯するといった使い方で充分です。

かつて主流だった蛍光灯シーリングライトの場合は、蛍光灯の寿命が短いため、蛍光灯が切れたら交換するのが一般的でした。しかしLEDシーリングライトはLEDも照明器具自体も10年前後で寿命が来るため、LEDが暗くなってきたらシーリングライトごと取り替えましょう。

自分で交換するのは難しい場合、業者に依頼することもできます。

街の修理屋さんでもシーリングライトの交換は承っておりますので、お気軽にお問い合わせくださいね。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す

施工事例

街の修理屋さんのスタッフブログ