エアコンのドレンパンの掃除手順を紹介【簡単3ステップ】

「エアコンのドレンパンから水が漏れてしまった。掃除をしたいので、具体的な手順が知りたいな…」という方は、多いと思います。エアコンのフィルターは、比較的馴染みのある部品なので、誰でも掃除を行えます。しかし、ドレンパンはあまり聞いたこともなく、掃除の手順は見当もつかないでしょう。

そこで今回は、以下の内容について解説します。

  • エアコンのドレンパンの掃除道具
  • エアコンのドレンパンの掃除手順

街の修理屋さんでは、全国の工事実績が15万件以上あります。国税庁や日本郵便など、有名企業からも依頼を受けた実績があります。記事の信頼性は、確保されていますよ。ぜひ参考にして、エアコンのトラブル解決に役立ててくださいね。

エアコンのドレンパンとは

エアコンのドレンパンとは

エアコンのドレンパンは、エアコンを使用することで発生する結露などの水滴を、屋外に排出するための部品です。水滴はドレンパンにたまりドレンホースと呼ばれるホースを通って、屋外に排出されていく仕組みになっています。

ドレンパンは、フィンの下の方にあります。なかなか耳馴染みのない部品かもしれませんが、エアコンにおいては重要な部品の1つとされています。 ドレンパンには水がたまるため、放っておくとカビが発生するほか、嫌な匂いを発する原因にもなります。

エアコンから異臭がする場合は、ドレンパンに原因があるのかもしれません。さらに、ドレンパンに水が溜まりすぎてしまうと、エアコンの室内機から水が漏れてくることもあります。そのため、ドレンパンはこまめに掃除しなければいけません。

エアコンのドレンパンの掃除頻度

エアコンのドレンパンの掃除頻度

エアコンの使用頻度は各家庭によって異なるため、○年に一度は必ず掃除をすると断言はできません。ただし、通常の使用頻度と使い方であれば、だいたい2年に1回を目安として掃除をすれば問題はないでしょう。使用頻度が高くなる夏や冬の前に掃除をしておくと、使用中に嫌な臭いに悩まされることもありません。

エアコンのドレンパンの掃除道具

エアコンのドレンパンの掃除道具

ここでは、エアコンのドレンパンを自分で掃除する際に必要となる道具について解説します。主に必要になる道具には以下のようなものが挙げられます。

  • シャワー
  • 塩素系漂白剤
  • 高圧洗浄機(持っていれば)

シャワーは、ドレンパンの汚れやほこりを洗い流す際に使用します。エアコンの機種によっては、ドレンパンの着脱が簡単に行えるものがあるため、取り外したうえでシャワーで洗浄するようにしましょう。

また、塩素系漂白剤は、高い殺菌作用を持っているのが特徴で、カビを除去するために使用します。水で薄めて塩素系漂白剤にドレンパンを浸ける、もしくは霧吹きなどで吹きかけるなどしてください。

ただし、塩素自体は毒性も持ち合わせているので、使用にあたっては手袋とマスクを着用するほか、肌に触れないように細心の注意を払うようにしましょう。さらに、酸性の洗剤と混ぜると有毒ガスが発生するため、他の洗剤と混ぜることは絶対にしてはいけません。

塩素系漂白剤は独特の臭いがあり、人によっては気分が悪くなる可能性もあります。そのため、使用する際は換気を忘れないでください。

高圧洗浄機は、必ず必要ではありませんが、あれば活用することができます。ただし、販売されている高圧洗浄機の中でも、洗車や外壁の掃除に使用するものは、水圧が強すぎるためドレンパンの掃除には使用できないので、注意してください。

エアコンのドレンパンの掃除手順

エアコンのドレンパンの掃除手順

ここからは、ドレンパンの掃除手順について解説します。ドレンパンを掃除する際は、以下の手順で行うようにしましょう。

  1. エアコンのカバーを外す
  2. フィルターとフラップを外す
  3. ドレンパンを外す
  4. 掃除をする

それぞれについて解説します。

カバーを外す

ドレンパンを掃除するためには、まずエアコンのカバーを外す必要があります。カバーは、基本的にネジによって取り付けられているので、全て外したうえで取外すようにしてください。なお、見えにくい位置にネジがあることもあるので注意が必要です。

フィルターを外す

カバーを取り外したらフィルターとフラップが見えるのでそれぞれ取り外してください。フラップとは、風向きを調整する際に使用する板のことです。

ドレンパンを外す

フィルターとフラップを外したら、ドレンパンも取り外します。ドレンパンを取り外す時は、接続されているドレンホースを必ず抜くようにしてください。そして取り外したドレンパンを先ほど紹介した道具を使用して掃除します。掃除した後は、しっかりと乾燥させてから、再びエアコンに取り付けるようにしてください。

エアコンのドレンパンの掃除は業者に依頼するべき

エアコンのドレンパンの掃除は業者に依頼するべき

エアコンのドレンパンの掃除は、1人でもできないものではありませんが、決して簡単なものではありません。取り外す際に誤って部品を壊してしまったり、掃除した後に、うまく取り付けられなかったりする可能性は十分にありえます。

そのため、特別な理由がない限り、ドレンパンの掃除はエアコンの専門業者に依頼することをおすすめします。業者であれば、細かい部分までしっかりと掃除してくれるのはもちろん、掃除した後もちゃんと元どおりに取り付けてくれるので、心配する必要がありません。

費用こそかかりますが、自分で掃除する場合のリスクを考えると、コスパはいいと言えるでしょう

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す

施工事例

街の修理屋さんのスタッフブログ