エアコンの真空引きにかかる時間を解説【数分で終わる場合が多い】

「エアコンの真空引きをしようと考えている。どれくらい時間がかかるのか、大体の目安が知りたいな…」という悩みがある方は、多いと思います。真空引きなんて、何回も経験はないですよね。時間の目安など、分からないことがほとんどでしょう。

そこで今回は、以下の内容について解説します。

  • エアコンの真空引きにかかる時間
  • エアコンの真空引きを業者に依頼する際の注意点

街の修理屋さんでは、全国の工事実績が15万件以上あります。国税庁や日本郵便など、有名企業からも依頼を受けた実績があります。記事の信頼性は、確保されていますよ。ぜひ参考にして、エアコンのトラブル解決に役立ててくださいね。

エアコンの真空引きとは

エアコンの真空引きとは

エアコンを新しく取り付ける際に、真空引きを一緒に行うのが推奨されています。真空引きとは、エアコンの内部を真空にして、余分な水分を取り除くことを指します。まだ使っていないエアコンでも、中には湿気による水分やゴミが、多少は付着しています。

これらをしっかりと取り除かずに、エアコンを稼働させてしまうと、中に残されていた水分が凍って、故障に繋がってしまうこともあるのです。故障まではいかなくても、エアコンの効きが悪くなってしまったり、正常に働かなかったりと思わぬ不具合を招いてしまう場合もあります。

真空引きは、エアコン業者によってエアコン設置の際に、真空引きも込みの値段になっている場合と、オプションで後付けできる場合の2種類に分かれます。「オプションならいらないか」「自分でやってみよう」と思う方もいらっしゃいますが、エアコンを新設したのに、トラブルを起こして使えなくなったら損です。

エアコンの真空引きの時間

エアコンの真空引きの時間

エアコン設置と真空引きは、セットで行うのがおすすめです。エアコン設置と同時に真空引きを行っても、大幅に工事時間が掛かってしまうことはありません。多くの場合は、10分以内に終わってしまうので、余分な負担にはなりませんよ。

ただし、配管が故障していたり、中にゴミが付着していると、1時間前後掛かる場合もあります。念のため、時間には余裕を持ってスケジュールを組むと、慌てません。

エアコンの真空引きの手順

エアコンの真空引きの手順

エアコンの真空抜きはどんな風に行うのか、その手順を簡単にご紹介していきます。真空抜きを行うには「真空ポンプ」と「ゲージマニホールド」の2つが必要です。真空ポンプは、配管内を真空にするための道具です。ゲージマニホールドは、配管内の真空度を計るための道具になります。

真空ポンプの取り付け準備をする

まずは、室外機の横に真空ポンプを用意しましょう。室外機の左下に、冷媒を充填する際の低圧側サービスポートというものがあります。低圧側サービスポートに注入口が付いているので、そこのナットを緩めて取り外します。

真空ポンプを取り付ける

真空ポンプを低圧側サービスポートに、接続をしていきます。真空ポンプの電源を入れて、値が0になっているかを確認しましょう。

真空引きをする

ゲージマニホールドが−0.1MPaになるのを目標に、15分間ほど真空引きをしていきます。ポンプが回ると煙が出ることがありますが、故障ではありません。オイルミストの煙なので、安心してくださいね。

真空引きの際は、緩めすぎず締めすぎないようにするのがポイントです。ゲージマニホールドが0の方向へ針が動いてしまう場合、漏れている可能性があるので、接続部を調整してみてください。

気密試験を行う

15分間真空引きを行って、−0.1MPaになっていたら最後に気密試験を行います。真空ポンプの逆流防止バルブを閉じてから、ポンプを止め10分間ほど放置します。放置して、ゲージマニホールドの数値に変動がなければOKです。

冷媒を配管内に通す

気密試験が終わったら、室外機の低圧・高圧側バルブを開けて冷媒を配管内に通して終了となります。

エアコンの真空引きを業者に依頼する際の注意点

エアコンの真空引きを業者に依頼する際の注意点

エアコンの真空引きは、自分で行うこともできます。ただ、専門道具を一式自分で揃えることとなるので、かえって高く付いてしまうこともあります。

真空引きは、何度も行う作業ではありません。エアコンの専門業者に依頼するのが失敗の恐れもないので、確実な方法です。ただし、エアコン業者なら何でもいいわけではありません。依頼をする際の、注意点を2点お伝えしていきます。

保証制度があるか確認する

工事や作業をしてもらっても、動かないなどのトラブルが起きてしまうこともあります。そんな時に、依頼した業者に1年間などの保証制度があれば、不具合が治るまで対応してもらうことができて安心です。保証付きプランなどもあるので、依頼する業者に相談してみてください。

真空ポンプを使用しているか確認する

真空引きをする際に、真空ポンプを使っているかも確認しておきたいいところです。真空ポンプを使用している業者がほとんどですが、以前はエアパージという作業が主流でした。

エアパージだと、配管内の空気が完全に除去されない場合があるので、真空ポンプを使用している業者に依頼をするようにしてください。業者にせっかくお金を出して依頼するならば、キレイに使えるようにしてもらいたいですよね。

他にも、エアコンに関する専門知識がないと対応できないことも多くあるので、困ったことが起きたら自分で対応する前に、まずは信頼できるエアコン業者に相談してみてはいかがでしょうか。

弊社、街の修理屋さんではエアコンの真空引きの依頼をお受けしています。全国各地に多数の拠点があるため、ご連絡いただいた日に問題を解決します。年中無休で対応しており、夜間のトラブルでも安心です。エアコンの真空引きは、8,000円より受け承っております。作業前に無料でお見積もりを行うので、興味のある方は電話・メールでお問い合わせくださいね。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す

施工事例

街の修理屋さんのスタッフブログ