ブレーカーのトリップってなに?仕組みと原因から対処方法まで徹底解説

ブレーカーがトリップすると、電気が止まるため停電になります。また、トリップしたブレーカーの種類によって、停電する場所は変わります。

ブレーカーがトリップする理由はいくつか考えられますが、原因を解決しないままブレーカーを上げても、再びトリップする可能性があります。

もし、周りの家は明るいのに自宅だけ停電している場合は、原因を調べて対処しましょう。

この記事では、ブレーカーがトリップする原因や対処法について解説しているので、ぜひ参考にしてください。

ブレーカーのトリップとは?

ブレーカーがトリップするとは、何らかの原因により電気を遮断することです。一般的には、「ブレーカーが落ちる」と呼ばれており、電気が止まるため停電状態になります。

ブレーカーは電気を遮断することで、その後のトラブルを防ぐ役割があります。ですから、ブレーカーがトリップした場合は、原因を見つけて問題を解決してください。

ただ、ブレーカーがトリップする原因はたくさんあるので、順番に確認していくことが重要です。ブレーカーが落ちる原因については、別の記事でも詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

トリップの原因について

ブレーカーがトリップする原因は、主に4つ考えられます。

  • 電気の使い過ぎ
  • 落雷
  • 漏電
  • 分電盤の寿命

では、それぞれ簡単に解説していきます。

電気の使い過ぎ

ブレーカーがトリップする原因で、一番多いのが電気の使い過ぎです。一度にたくさんの電化製品を使うと、大きな電流が流れるためブレーカーが電気を遮断します。

電気の使い過ぎでトリップするブレーカーには、2つの種類があります。

  • アンペアブレーカー:家の中全体を担当する
  • 安全ブレーカー:主に部屋ごとに分かれている

家の中全体で使っている電流が、電力会社と契約しているアンペア(電流の単位)を超えてしまうと、アンペアブレーカーがトリップするため、家中が停電になります。

一方、安全ブレーカーは部屋ごとに分かれていることが多く、トリップした場合はその部屋のみ停電になります。

一時的な電気の使い過ぎは、電化製品の使い方に気を付ければ防ぐことができます。

落雷

近くで落雷が発生すると、非常に高い電流や電圧の影響を受けて、漏電ブレーカーが誤作動してしまいトリップすることがあります。

最近では対策されている種類も多いですが、古いタイプの漏電ブレーカーは、トリップが起こりやすいです。

漏電

漏電とは、電気が流れている途中でどこかへ漏れてしまうことです。本来は一定であるはずの電流の変化を感知することで、漏電かどうかを判断しています。

漏電が起こった場合に、電気を遮断する装置を漏電ブレーカーと呼びますが、アンペアブレーカーに漏電を検出する機能が備わっている場合もあります。

漏電を調べる方法については、別の記事で解説しているので、ぜひ参考にしてください。


漏電ブレーカーが落ちる場合は、まず漏電している場所を調べます。もし、どこかが破損しているようなら修理や交換が必要になります。

分電盤の寿命

分電盤とは、各ブレーカーをまとめて入れてある箱です。使用している環境によって変化しますが、分電盤の寿命は約13年と言われています。

電気のトラブルを防ぐための装置ですので、故障する前に交換することをおすすめします。

なぜトリップさせるのか?

ブレーカーには、電気を遮断することでトラブルを防ぐ役割があります。では、もしブレーカーがトリップしなかった場合を考えてみましょう。

ブレーカーがトリップしなかった場合、起こりえるトラブルは主に3つあります。

  • 電化製品や配線の破損
  • 感電
  • 火災

では、それぞれ簡単に解説していきます。

電化製品や配線の破損

もし、過剰な電流が配線に流れた場合は、電線が発熱し破損してしまう可能性があります。また、電化製品に過剰な電圧がかかってしまった場合は、故障の原因になります。

感電

家のどこかで漏電している場合、その場所に触れることで感電します。また、感電した時の状況によっては、命に関わる可能性があります。

特に、水に濡れている場合は、電気を通しやすいため注意してください。

火災

配線や電化製品などに過剰な電流が流れると発熱し、燃えてしまうことがあります。もちろん、漏電も同じことが言えます。

一度火が出てしまうと、近くのものに燃え移ってしまうため、被害が大きくなります。ブレーカーは、これらのトラブルを防ぐために設置しています。

ブレーカーが上がらない場合は業者に連絡しよう

ここまで、ブレーカーがトリップする原因や対処法について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

ブレーカーがトリップした場合は、まず原因を考えて対応します。もし、再度ブレーカーがトリップするようなら、専門業者に調べてもらいましょう。

感電の危険性があるため、間違っても無理やりブレーカーを上げたり、自分で電気設備の修理や交換をしないでください。

『街の修理屋さん』では、ブレーカーのトリップ対応なら5,500円~、他にもブレーカー交換なども承っております。【お見積もり】は無料で行いますので、ぜひお気軽にご相談ください。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す