鳩の雛と卵について徹底解説!ベランダに巣を作られたらどうする?

みなさんは鳩のヒナを見たことがありますか。街や公園などでよく見かける鳩ですが、そのヒナの姿を見たことがある人は少ないのではないでしょうか。それもそのはずで、鳩は卵から孵化したら1ヶ月ほどで成長して巣立ちます。この巣立つころ鳩は、すでに大人と一緒の見た目になっています。なのでヒナの姿で街や公園に現れることはないのです。

身近な鳩の珍しいヒナですが、人前に現れることが稀にあります。それもベランダなどの家の敷地に、巣が作られるという形で人目につくことがあるのです。ある日突然ベランダの隅に、木の枝がたくさん溜まっていた。しかもよく見るとそこに、鳥の卵が入っている。最近鳩をよく目にするようになったと思ったら、家の敷地にヒナがいたなど。見つけたら見つけたでびっくりする鳩のヒナ。今回の記事では鳩のヒナと卵についてをご紹介。またベランダなどの家の敷地に巣を作られてしまったときの、対処法をご紹介していきます。

鳩はベランダを狙って巣を作る

まずは鳩の生態からご紹介。都市部に暮らしている鳩は、人家のベランダやビルの屋上などに巣を作り、ヒナを育てることが多々あります。これは鳩の習性によるもので、ベランダが鳩にとって子育てに向いた環境にあるからです。この子育てに向いた環境というのは、鳩の天敵である野良猫やカラスが寄ってこないということがあります。

特にマンションやアパートなど、鳩の多い地域にお住まいの方なら、鳩がベランダの柵の手摺りに留まっているところを目にしたことがある人もいるはず。地上より高さのあるベランダは、鳩にとっての安全地帯です。さらに屋根もあるので雨風も凌げるし、柵や壁があるので身を隠すこともできます。なのでベランダというのは、天敵のいない環境で羽を休めたり、巣を作って子育てをするのに最適な場所になっています。

また人の目があるというのも、鳩にとっては好都合といえば好都合。鳩の天敵である野良猫やカラスは、人のいるところに寄り付かないので、敢えてベランダに作ることが、鳩の身を守ることに繋がっているのです。ベランダの鳩にすれば、人間は心強い用心棒といったところでしょうか。

鳩は物の多いベランダが好み

ベランダは鳩の安全地帯。ですが、すべてのベランダが鳩に好まれるというのではありません。鳩は賢い鳥なので、羽を休めるにしても巣を作るにしても、何度か下見にやってきます。それで最適なベランダを選ぶのですが、その最適なベランダというのは物の多いベランダです。散らかっているベランダが好きといってもよいでしょう。

このものが多い、散らかっているというのは、たとえばガーデニングや家庭菜園で鉢植えが置いてあるなど。ほかにも使わない家具が置いてあったり、ゴミが置いてあるなどです。鳩はこうした物の影に巣を作るので、なにもないベランダよりも、物の多いベランダを好んでやってきます。

ものがあっても清潔であればいいのですが、汚れていたりするとまた鳩の目につきやすくなります。とくに鳩のフンがそのままになっているベランダは、鳩にとっての狙い目。以前鳩が来たという証拠となり、仲間が安全に暮らしていたと鳩は思い込んでしまいます。また鳩は群れる習性があるので、一羽に狙われると仲間がどんどん増えることもあります。

鳩の巣について

鳩は人慣れしている鳥なので、上記のようにベランダに巣を作ることが多々あります。その巣というのは、ほかの鳥に比べても簡単なもので、木の枝などを集めて敷いただけのような見た目です。なのでベランダに巣ができはじめても、ゴミが溜まっているだけのように見えて一見するとわかりません。そのまますぐ掃除すればいいのですが、気づかないとどんどん大きくなっていくことに。また鳩はしつこい性格でもあるので、一度安全だと思って巣を作った場所だと、巣を片付けてもまた作りはじめることがあります。

鳩の卵がヒナになるまで

そうしてベランダに作られた巣に、鳩は卵を産みます。1回に産む卵の数はおよそ2個で、オスとメスが1個ずつ産みます。産んだ卵はオスとメスが交互に温めて、2週間から3週間で孵化します。そのあと巣の中で育っていき、1ヶ月から1ヶ月半ほどで巣立っていきます。人がヒナの姿を見られるのが、この時期となります。

鳩のヒナの成長過程

鳩のヒナは、大人とは随分と違います。孵化してすぐは羽も少なく、赤っぽい肌が透けて見えます。また羽の色も黄色なので、知らない人には鳩とは思えない姿です。大きさも小さく手のひらサイズ。ここから親鳥にエサをもらいながら、どんどん成長していきます。

孵化から10日くらい経つと、姿も一変してきます。赤かった肌の色が黒っぽくなり、羽も黄色いから鳩らしい黒・灰色っぽい羽が生えてきます。大きさも親鳥に近くなってきて、手のひらには収まらないサイズになります。

孵化から15日ほど経つと、羽も生えそろってきます。鳩らしい灰色の羽や、翼や尻尾にある黒い模様も徐々に見えはじめます。また素手じっとしていることの多かったヒナですが、このころになると歩きはじめます。このころからヒナは飛ぶ練習をはじめます。親鳥に見守られながら、羽を動かしたり巣の近くを飛んだりします。

こうして育ったヒナは、早くて孵化から1ヶ月後、遅くても1ヶ月半で巣を離れていきます。一方子育ての終わった親鳥は、そのまま巣にいつくことも多いようです。なので巣立ったヒナは、親鳥にエサをもらおうと巣に帰ってくることがあります。ですが親鳥がヒナを追い払うので、ヒナがそのまま巣にいつくことはほぼありません。

巣立ったヒナは4ヶ月から5ヶ月すると、巣を作って卵を産み育てはじめます。生まれてから半年もすると、自分も親鳥となるわけです。鳩はほかの鳥と違い卵を産む数は少ないのですが、その繁殖力は高いのが特徴です。生まれて1年も経たずに卵を産むため、どんどん数が増えていきます。

ベランダの巣を放置する危険

ベランダにできた鳩の巣。せっかくやってきた命ですし、見守ってあげたくなる気持ちがでてきます。ですがそれは危険です。それは上記でご説明したように、鳩は気に入ったところに巣を作る習性があるからです。

はじめて巣を見たら、またヒナを見たら情が湧くものです。巣立ちまでの間、優しく見守ってあげようと誰でも思うはず。1度くらいならと優しい気持ちでいると、2度、3度と巣を作られてしまうことになりかねません。鳩は賢い鳥なので、巣を作った場所はしっかりと覚えています。鳩の巣立ちを見守り、そのあとで巣を片付けたとしても、また鳩がやってくる危険があります。同じ鳩が戻ってくることはもちろん、別の鳩までやってくるなんてことも。いつのまにかあなたのベランダが、鳩の集合住宅になりたくさんの鳩と巣で埋め尽くされる、なんてこともあるのです。

そうなると、気になるのが鳴き声や糞害。うるさい鳴き声やフンなどの、二次被害が起こることもあるのです。

ベランダに巣を作られたら

ベランダに巣を作られてしまったら、見守るよりも対策をすることをおすすめします。これは鳩がベランダにいついたり、別の鳩が寄ってくるのを防ぐためのものです。1羽や2羽、1シーズンだけなら気にならないかもしれませんが、それによりお家のベランダが鳩の溜まり場になったら大変です。実際にあった鳩の被害だと、集合住宅の空き家に鳩が巣を作り、気づかないうちに大繁殖。その集合住宅一帯が大きな鳩の巣となって、関係ない部屋や周囲の家まで巣や糞害で悩まされたというものがあります。特にマンションやアパートなどの集合住宅だと、自分のベランダ以外の隣や上下にまで、鳩の被害が及ぶことがあります。周りに迷惑をかけないためにも、早めに対策をするのが大事です。

その対策というのは、自治体への連絡です。お住まいの各地域には野生動物保護の窓口があるので、そこへ連絡してください。そうすると係の人が、鳩を引き取ってくれます。また街の修理屋さんのような、専門業者への依頼をおすすめ。自治体ではすぐに対応してくれないこともあるので、すぐにきてくれる業者へ依頼すると対応が早くなります。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す