うるさらxがうるさい時の対処とトラブルシューティング!

この記事を読むメリット

電気のトラブル対応や工事をしている当社が発信する情報だから安心!!

・創業10年、問合せ件数60万件の実績から、あなたのお悩みを解決。
・自社工事社員が約20人在籍で、ノウハウも多くあるので情報発信の幅も広い。

その他電気トラブルでの不明点があれば、電話での無料相談もお気軽にご利用ください。どこに頼むかわからない方でも、些細な事からご相談を承ります。
電気は万が一(火災など)があるので少しでも心配であれば必ずご相談ください。

三つのポイント
0120-966-765

※Pマークを取得しているので個人情報を適切に管理しています。

※Pマークを取得しているので個人情報を適切に管理しています。

加湿も換気もできる便利なエアコンとして有名なうるさらX

ダイキンのエアコンの中でも特に人気な機種です。

しかし、うるさらXで検索をかけると「うるさい」と言っている人も多い印象ですよね。

他の人のレビューを見て不安になった人、すでに使っているうるさらXがうるさくて困っている人も多くいらっしゃることでしょう。

そこで今回は、うるさらXの特徴とうるささなどデメリット面について解説しますね。

ダイキンうるさらXの特徴

ダイキンのエアコン『うるさらX』Rシリーズは、とにかく機能性が高いという特徴があります。

換気ができる

本来、エアコンは室内の空気を循環させて空気を冷やしたり温めたりするため、換気は行いません。

外の空気を取り込んだり吐き出すということはなく、室内の空気に含まれる熱だけを取り出したり与えたりします。その際に水分も移動し、水だけを外に出す動きはありますが、あくまで動くのは熱と水だけです。

しかし、ダイキンのうるさらXは、そんな常識を覆しました。

外の新鮮な空気を取り入れるという換気機能がついているのです。

他の通常エアコンは換気を行わないため、一定時間稼働させたら窓を開けて換気を行う必要があります。

うるさらXの場合は、そもそもエアコン稼働中に給気を行い、換気扇などから排気ができるため、この窓開け換気の頻度が減ります。

せっかく冷やしたり温めたりした空気を外に逃がしてしまう換気の頻度が減るのはありがたいですよね。

一人暮らしの方や、幹線道路沿いであまり窓を開けたくない方にとっても大変便利な機能です。

給水せずに加湿

「冬場の乾燥しやすい時期に暖房をつけるとさらに乾燥してお肌がカサカサになる……」

そんなお悩みを抱えていませんか?

ダイキンのうるさらXなら、加湿器なしで冬の乾燥から解放されます。

うるさらXの場合、外気に含まれる水分を取り込んで、温風と一緒に室内に送り出します。空気中の水分を送り出す仕組みであるため、加湿器のような給水の手間がありません。

また、エアコンと同時に加湿器も稼働させるという手間がありません。

「乾燥は困るけど、加湿器に水を入れるのも、加湿器の水によって生まれる水垢などの掃除もやりたくない……面倒な仕事を増やしたくない!」という忙しい方にピッタリですよ。

放電洗浄

うるさらXは、フィルターだけでなく熱交換器などのエアコン内部まで自動洗浄できます。

戦場の際には外気から取り込む空気中の水分を用いて洗浄します。冷房や除湿運転の際は、内部に生じた結露水を用いて洗浄します。

その後、放電による送風乾燥を行い、さらに加熱乾燥で内部を完全に乾かします。

結露などによりカビが発生しやすいエアコン内部を徹底的に乾かすことで、清潔な状態を保ち、カビとニオイの抑制を同時に行います。

垂直気流

エアコンは部屋の上部にあるのに、暖かい空気は上へと溜まる性質があるため、せっかくエアコンを稼働させてもなかなか室内が暖まらないということがあります。

サーキュレーターなどを併用して空気をかきまぜるのも面倒ですし、エアコン1台で夏も冬も快適な環境にしたいですよね。

うるさらXなら、垂直気流によって足元まで暖めることができます。

暖房稼働開始後、気流を壁と床に添わせるように送り出します。これにより、冷えがちな足元も暖かく快適に過ごせるようになります。

また、温風が顔や身体に直接ぶつからないため、顔が乾燥してしまったり、ヘアスタイルが崩れてしまうというちょっとした不満を解消できます。

よくあるトラブル

様々なメリットのあるうるさらXですが、トラブルに困ってしまうこともあります。

ここでは、うるさらXに起こりがちなトラブルについて解説します。

うるさら=うるさい?

うるさらXをうるさいXと揶揄する人も散見されるほど、うるさらは音がうるさいといわれがちです。

稼働音が大きく、静音稼働機能がついていないために「音がうるさい」と感じる方が多いようです。

正常動作している時でも、業務用エアコン並みの音がすることもあるようです。

実際の稼働音を家電量販店やYouTube等で聞いてみても「噂ほどうるさくないな?」と感じる方もいれば、「想像の倍はうるさい!」と感じる方もいらっしゃるでしょう。

設置環境も、虫や動物の声が賑やかだったり、駅や繁華街が近く外の音や声が大きく聞こえる環境では、エアコンの稼働音はあまり気にならないかもしれません。逆に、気密性の高いマンションなどで普段外の音はあまり聞こえないと、室内の音は大きく響くものです。静かな家庭ほど、エアコンの音は大きく響いて気になる可能性は高いでしょう。

ただし、環境を差し引いても異常に音がうるさい場合は、実際に異常事態が起きていると考えた方が良いでしょう。経年劣化や故障などでも、稼働中の音が大きくなることはあります。

異常かもしれないと思ったら、我慢せずに業者へ相談しましょうね。

水漏れ

エアコントラブルといえばこれと言っても過言ではないほど、ポピュラーなトラブルです。

水漏れはポンプ等のつまりやフィルター汚れ等が原因です。

掃除やポンプつまりを解消することで問題解決します。

冷えない

稼働しているのにエアコンが冷えないというトラブルも起こりやすいトラブルのひとつです。原因は冷媒ガス不足がほとんどです。業者にガスチャージと点検を依頼しましょう。

故障疑いは業者に点検依頼

トラブルが起きた時、原因が分からない時や、「もしかして故障かも」と疑うような症状のときは、迷わず業者に点検依頼しましょう。

もちろん、街の修理屋さんでも点検や修理は行っておりますよ。

うるさらXだけでなく、エアコンにお困りの方はお気軽にご相談くださいね。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す