LED照明と蛍光灯の電気代の比較【LEDは半額以下になる】

「蛍光灯の調子が悪いので、LED照明に交換しようと考えている。LEDの方が電気代が安いと聞くけれど、蛍光灯と比べてどれくらい節約できるのかな?」という疑問はよく聞きます。

蛍光灯シーリングライトのひとつあたりの年間平均電気代は、約9,000円です。電気代の支出の中でも、上から2番目とかなり大きい比率です。こうした金額の大きい固定支出はできるかぎり節約したいものでしょう。

そこで今回は、以下の内容について解説します。

・LED照明と蛍光灯の電気代の比較
・LED照明は約10年間交換しなくてOK

街の修理屋さんでは、全国の工事実績が15万件以上あります。国税庁や日本郵便など、有名企業からも依頼を受けた実績があります。記事の信頼性は確保されているので、ぜひ参考にして、照明の情報収集に役立ててくださいね。

LED照明と蛍光灯の電気代の比較

蛍光灯

蛍光灯の電気代を確認しましょう。蛍光灯は、1時間当たり3.1円の電気代がかかります。
この数字だけ見ると「思っていたより安いな」と思われるかもしれません。しかし、1日8時間蛍光灯の照明を使っていると仮定して、この金額を年間で換算すると、約9,000円にもなります。
照明が家の中に複数個ある場合は、この約9,000円が照明の台数分かかると考える必要があります。

家の中に蛍光灯の照明が3つあり、全て8時間ずつ使用した場合、照明にかかる年間の電気代は3倍の約27,000円になります。

LED照明

蛍光灯より電気代が安いとうたわれるのがLEDの照明です。では、蛍光灯と比べて一体どれくらい安くなるのでしょうか。
LEDは、1時間当たり1.2円の電気代がかかります。蛍光灯の1時間あたり3.1円という電気代の半分以下の料金です。
1日8時間使用したと仮定して年間電気代を計算すると、約3,700円になります。蛍光灯に比べて、約5,300円も安くなっています。

上記は一台当たりの電気代のため、家に複数個の照明器具がある場合はその数図分電気代が加算されます。全てLEDに交換すればその分だけ電気代が安くなります。

家に照明器具が3つある場合、年間の電気代は約11,100円になります。先ほどの蛍光灯の約27,000円よりも、大幅に電気代が下がっていることがお分かりいただけるでしょう。

LED照明は約10年間交換しなくてOK

また、LEDは蛍光灯と比べ長寿命です。LEDの寿命は、約40,000時間です。1日8時間使用したとしても、10年以上交換する必要がありません。
蛍光灯は寿命も短く、切れてしまうたび買い替えや交換作業といった手間がかかります。それに対し、LEDは交換や買い替え作業などの手間も長期間省くことが可能です。交換の手間や長期的なコストパフォーマンスを考えると、照明器具をLEDに変えるメリットは大きいと言えるでしょう。

LED照明を選ぶ際のポイント

取り付け可能か

LED照明を購入する際は、自分の家にある電源にLED照明が取り付け可能かどうかを確かめてから購入しましょう
特にLED照明のコネクタが取り付けられる形のものでないと、取り付ける前に別途電気工事が必要になる場合があります。

角形引掛シーリングや丸形引掛シーリングなら工事なしでも取り付けが可能です。設置場所のコネクタの形状がわからない場合は、写真を撮影して家電量販店で相談してみると良いでしょう。

LEDシーリングライト

照明器具の重さも重要なポイントです。照明器具が重すぎると、安全上の理由から取り付けができないことがあります。
LED照明を自宅に取り付ける前に、①LED照明が取り付けできるような配線の形状か、②照明の重さは適切か、という2点をあらかじめ確認しておきましょう。

調光機能はあるか

調光機能とは、部屋の大きさや気分に合わせて照明の色や強さを変更できる機能です。例えば、寝室には目に優しい少し暗めの明かりのほうが安眠できます。

読書や裁縫などの手元の作業に集中したいときには照明を明るくしたほうが作業がはかどります。

調光機能とは、このようにシチュエーションや作業目的に合わせて部屋の明かりを調節できる機能のことです。

蛍光灯からLEDに照明を変更した場合、LEDの光はまぶしく感じてしまうということがあります。しかし、調光機能がついていれば、まぶしさや部屋の広さに合わせて照明の明るさを調整することが可能です。

最近の照明には、時間が来ると自動で部屋を明るくしてくれる『タイマー機能』、人がいなくなると自動で消灯する『センサー機能』、スマートフォンや声で操作できる『スマート家電』など、様々な機能がついているものがあります。
消し忘れが気になる場合は人感センサー付きやIoT家電を選ぶ、帰宅時に部屋を明るくしてもらいたい場合はタイマー機能付きのものを選ぶなど、ライフスタイルに合わせて照明の機能を選ぶのも良いでしょう。

部屋の広さに合うか

部屋の広さに合わせて照明器具を選ぶのも大切なポイントです。
照明の明るさはルーメンという単位で表示されます。ルーメンの数字が大きいほど、その照明器具は明るいということになります。

例えば、4畳半の部屋に照明を設置する場合は、約2200~3200ルーメンの照明を選ぶのが良いでしょう。

部屋の大きさが6畳になると、2200ルーメンでは薄暗く感じます。6畳の部屋に設置する場合は、約2700~3700ルーメンが適当です。

特に蛍光灯からLEDに変えた場合、同じ明るさでもLEDの照明のほうがまぶしく感じられることがあります。部屋に合わせて適当なルーメン数の照明を選んで設置すると、強い眩しさを防ぐことができます

街の修理屋さんでも、照明や電気工事にまつわるお悩み事のご相談を受け付けております。照明を取り付けたい、LEDに変更したいがやり方がわからないなど、電気工事や照明にまつわるお悩み事がありましたら、お電話やメールでお気軽にご相談ください。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す

施工事例

街の修理屋さんのスタッフブログ