テレビが映らない時のアンテナ工事は?手順と費用をプロが解説

ある日突然、テレビがつかなくなってしまったという経験はありませんか?特に台風の後や風が強い日にテレビが突然映らなくなった場合、その原因はアンテナにあるかもしれません。
今回は、テレビが突然映らなくなってしまったときの対処法や、アンテナ修理にかかる手間や費用などについて解説します。

アンテナ工事の基礎知識

アンテナ工事を業者に依頼するにあたって、知っておきたいことは何でしょうか。テレビのことには詳しくても、テレビアンテナのことまでは詳しく知らない、という方も多いはずです。
今回は、知っているようで実はあまり知られていないアンテナについての知識や、テレビが映らなくなってしまったときのアンテナ工事について解説します。

アンテナの種類

ではまず、アンテナにどのような種類があるかという点からご説明します。
テレビアンテナには、地上デジタル放送を受信するためのアンテナが三種類、BSやCSなどを視聴するためのアンテナが一種類あります。まずは最も身近な存在である、地上デジタル放送を受信するためのアンテナから紹介していきます。

八木式アンテナ

最もスタンダードなアンテナです。魚の骨のような形をしているのが特徴で、この形でテレビの電波をしっかりと捉えて、安定した受信環境を作っています。地上デジタル放送のためのアンテナとしては最も普及しているタイプのアンテナなので、テレビ用のアンテナと聞くと、まずこの八木式アンテナを連想するという方もいらっしゃるかもしれません。
他の地上デジタル放送用アンテナよりも大きく、重さもあります。そのため、住宅の屋根の上に設置されていることが非常に多いアンテナです。

八木式アンテナ

デザインアンテナ

長方形の形をしたアンテナです。八木式アンテナと比較すると受信能力にやや難がありますが、小型で目立ちにくいのが特徴です。
片手でも持ち運びができるほど小さく、軽量なので、アンテナを目立たせたくないという場合によく選ばれます。
また、カラーバリエーションが豊富で、家の外壁の色と同じ色のアンテナを選ぶことができるという特徴があります。そのため、アンテナを設置して雰囲気を壊したくないという方や、新築の方にも選ばれることが多いです。

室内アンテナ

名前の通り、室内に設置するタイプのアンテナです。テレビの横に置いて使用するものが多く、先ほど紹介したアンテナの中では最も小さなサイズのものになります。
地上デジタル放送用の三種類のアンテナの中では最も受信能力が弱いという特徴がありますが、非常に軽量でコンパクトなため、簡単に持ち歩きができるという特徴があります。そのため、車に搭載するためのテレビアンテナとしても選ばれています。

パラボラアンテナ

BS、CS放送や4K、8K対応放送を視聴するために必要なアンテナです。大きなお皿のような形が特徴で、この大きなお皿のような反射機で電波を一か所に集めて受信しています。
BS放送やCS放送は衛星放送と呼ばれており、この衛星放送を視聴するためには電波を受信するための専用のパラボラアンテナが必要になります

業者に依頼

もしテレビアンテナに異常が発生しているかもしれない、というときは、どのようにすればよいのでしょうか。
アンテナの修理、設置は、高所での作業になることが多いです。そのため、アンテナを確認しようと屋根に上ってけがをした、などの事故が発生するおそれもあります。
アンテナを確認、修理する際は、きちんとした業者に委託して、高所作業のプロにアンテナを見てもらうのが一番安心です。

アンテナが壊れる原因

アンテナが壊れてしまう原因としては、台風や強風での倒壊に加えて、経年劣化という可能性も考えられます。
テレビアンテナにも経年による劣化が発生するのですが、特に八木式アンテナのように屋根の上に設置していると、なかなか劣化していることに気づくことができません。そのため、気が付いたら寿命を迎えたアンテナが壊れていた、という事態にも繋がります。特に、家を建ててから一度もアンテナの調子を確認していなかったり、新築のときにつけたアンテナを何十年もそのまま使用していたりする場合は、経年劣化によるアンテナの故障も十分に考えられます。

アンテナ工事の疑問

では、アンテナを工事してもらいたい!というとき、費用はどのくらいかかるのでしょうか。また、作業時間はどの程度必要になるのでしょうか。
アンテナの交換や修理に必要な金額の相場と、工事の流れ、所要時間についてまとめました。

工事費用

アンテナを修理する場合、工事費用はどのくらいかかるのでしょうか。
一般的にアンテナ本体を交換するとなると、15000円~20000円程度が相場になります。また、本体だけでなく、ブースターという電波を増幅させる機械も交換するとなると、追加で8000円~25000円、分配器も交換するとなると4000円~6000円程度かかってきます。
街の修理屋さんの場合は、アンテナ交換を10000円から、接触改善は一か所3000円~という料金で承っています。見積もりだけ取るということもできますので、アンテナ工事のご相談はお気軽にお問い合わせください。

工事の流れ

まず、テレビの位置と、テレビが映らないことを確認します。次に、アンテナ本体がどこにあるか確認します。アンテナが確認できたら、アンテナの電波強度を測定し、アンテナが壊れているのか、ブースターや分配器といったほかの部品が壊れているのか、という原因を特定します。
原因が特定できたら、接触不良の原因となっている部品やアンテナを交換して設置します。テレビが正常につくことを確認して、作業終了です。
ここまでの作業での所要時間は約2~3時間です。なるべく短時間で作業を終わらせるようにしていますので、忙しくて一日時間が取れない、という方でも安心してご依頼ください。

追加で必要な工事

アンテナの修理・交換には、アンテナ以外の部品の交換や設置が必要になる場合があります。そのため、見積もりを出す段階でより正確に調査を行わないと、料金が見積もりよりも高くなってしまった、という事態に繋がりかねません。

「でも、見積もりを取ってもらうのにも料金がかかるし……」とお悩みの方は、ぜひ当社にご依頼ください。街の修理屋さんはお見積もりも無料です。

「とりあえず見積もりだけでもほしい」という方にはぴったりです。もちろん、その後の作業にもしっかり対応しております。安心して見積もりのご依頼をいただければと思います。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す

施工事例

街の修理屋さんのスタッフブログ