エアコン専用コンセントとは?必要な理由や増設の 費用、起こりやすいトラブルなどを解説

エアコン専用コンセント イメージ画像1 エアコン専用コンセント イメージ画像2 エアコン イメージ画像 エアコン専用コンセント イメージ画像3 エアコン専用コンセント イメージ画像4 ブレーカー イメージ画像 エアコン専用コンセント イメージ画像5 エアコン専用コンセント イメージ画像6

知っていますか?エアコンには、エアコン専用コンセントが必要です

エアコンを新しく取り付けた際や、買い替えた際など、早くその性能や快適さなどを体感したいですよね。

しかし、エアコン本体の性能だけでなく、チェックしなければならないのが「エアコン専用コンセント」があるかどうか、また、コンセントとプラグの形状、電圧などがあっているかどうかです。
これらのことを考慮せずにエアコンを使用した場合、火災など思わぬ事故につながる危険があります。

本記事では、エアコン専用コンセントとは何かや、種類、何故必要なのかなどについて、解説していきます。

普通のコンセントとは違う?エアコン専用コンセントとは

1

他の多くの家電が同じコンセントを使えるのに対して、エアコンは専用のコンセントが必要です。

詳しい理由は後述しますが、エアコンは普通の家電よりも多く電力を消費します。
そのため、普段他の家電で使っているコンセントとは違った形状、専用回路を使用しなければなりません

エアコン専用コンセントには、主に以下の4つの種類があります。

エアコン専用コンセントの種類

平行型 エアコン専用コンセント 平行型 イメージ画像
  • 電圧・電流 100V・15A
  • 冷房能力 2.2KW~2.4KW
    (主に6~8畳用)
IL(アイエル)型 エアコン専用コンセント IL(アイエル)型 イメージ画像
  • 電圧・電流 100V・20A
  • 冷房能力 2.8KW~3.6KW
    (主に10~12畳用)
タンデム型 エアコン専用コンセント タンデム型 イメージ画像
  • 電圧・電流 200V・15A
  • 冷房能力 4.0KW~
    (主に14畳以上用)
エルバー型 エアコン専用コンセント エルバー型 イメージ画像
  • 電圧・電流 200V・20A
  • 冷房能力 4.0KW~
    (主に16畳以上用)

専用コンセントがない場合は?エアコン専用コンセント増設

2

新しく部屋にエアコンを設置する際などは、専用コンセントの設置も必須になります。

また、もともとコンセントがあった場合でも、専用コンセントや電圧が合っていない場合、エアコンのにあったコンセントに交換、増設する必要があります。

ここでは、エアコン専用コンセントが必要な理由や、コンセント以外の必要なものについても、ご紹介します。

そもそもなぜ専用コンセントが必要なのか

上述の通り、エアコンは他の家電に比べて多くの電力を消費します。

普段他の家電で使っているような通常のコンセントでは、賄える電力が低いため、エアコンには使用できないことがあります。
もしも、エアコンとコンセントの対応電圧が異なったまま使用した場合、電力不足によりブレーカーが落ちやすくなったり、コンセントから発火して火災につながる場合もあります。

そのため、エアコンには専用のコンセントが必要になっています。
また最近では、専用コンセントが付いていないと、エアコンの取り付けを行わないようにしているエアコン業者も多いので、エアコンを購入する際は、専用コンセントなどの確認が必須と言えます。

専用コンセント増設の際は、専用回路も必要です

専用コンセントの必要性や重要性はお分かりいただけたかと思います。
しかし、コンセントだけではなくエアコン専用の回路(電気配線)も必要です。

専用回路とは、ブレーカーから直接コンセントまで配線が引かれているものを言います。

エアコンの場合、専用回路はエアコン近くに設置されていたり、壁の上部などに設置されていることが多いです。
普段他の家電で使っているようなコンセントは、ほとんどが他のコンセントや電気器具と共用している標準回路というものになります。

このようなコンセントは、1つ1つの回路が賄える電力は低いので、エアコンに使用するには適しません。
エアコンを稼働させられるだけの電圧を供給できる回路と、コンセントがエアコンには必須です。

エアコンの設置、増設は業者に頼みましょう

エアコンの専用コンセントや専用回路などの増設工事は、ブレーカーや電気配線を扱う作業が必須になります。

その場合、工事には電気工事士資格が必要になるため、安全のためにも、必ずそういった資格を持った業者に依頼するようにしましょう。

ポイント
  1. エアコンは消費電力が大きいため、専用のコンセントが必要
  2. 専用コンセントだけでなく、専用の回路(電気配線)も必要になる
  3. エアコン専用コンセント、回路の増設などは電気工事士資格の要る作業が発生するので、必ず業者(電気工事業者)などに依頼する

エアコン本体の故障や火災の原因になることも…エアコン専用コンセントトラブル

3

エアコン専用コンセントを付けていないと、必ずトラブルが起きるというわけではありません。

しかし、今までが平気だったとしても、これからも何も起こらないというわけでもありません。

ここからは、エアコンで使用しているコンセントのトラブル、また、その他の機器に関係するトラブルについても、ご紹介します。

また、下記のような状況でエアコンを使用している方は、トラブル防止のためにも、正しい使用方法をするようにしましょう。

エアコン専用コンセントトラブル

発火して焦げ付いたコンセント イメージ画像
1. 電圧が合っていないことによる発火

エアコンとコンセントの電圧が合っていないと、コンセント周辺が熱を持ってしまい、発火したり火災の原因になりえます。

また、通常のコンセントで他の家電と一緒に使った場合、過剰な電流が流れることにより、エアコンはもちろん他の家電まで故障する可能性があります。

発火して焦げ付いたコンセント イメージ画像
ブレーカー イメージ画像
2. 電力不足によりブレーカーが落ちやすくなる

通常コンセントの場合、複数の差込口がありますが、同じ回路を使って電力を供給しています。

そのため、コンセント1つが供給できる電力は少ないので、こうしたコンセントでエアコンを使用すると、電力が足りなくなりブレーカーが落ちやすくなります。

ブレーカー イメージ画像
延長コード イメージ画像
3. 延長コードの使用による発熱・故障

延長コードはエアコンのような電力を大量に消費する機器用には作られていないものが多いです。

こうした延長コードを無理に使用すると、延長コードが電流に耐えられなくなり、熱を持って発火する危険があります。

延長コード イメージ画像

エアコン専用コンセントの回路、形状、電圧の変換・交換の工事内容と費用の相場

4

ここまで、エアコン専用コンセントの必要性についてなどをご紹介してきました。

ここからは、エアコン専用コンセントや専用回路を増設、交換するとしたらどんな工事が必要になるのか、また、その費用の相場についてご紹介します。

工事内容

専用コンセントにした場合、形状だけでなくその電圧の変化、ブレーカーに直接回路を繋げるなど、電気回路、ブレーカーなどを交換をする必要が出てくるかもしれません。

また、天井裏に電線を通すことができない場合、壁伝いに電線を設置することがあります。

専用コンセントへ交換、また、電圧の変換工事の際は、コンセントを換えるだけでなく、分電盤からの配線や、場合によっては分電盤そのものを交換するといった作業をします。

工事費用相場

場所や種類などにもよりますが、工事費用の相場は大体6,000円~15,000円ぐらいになっています。

分電盤に空きスペースがない場合などは、新しく容量のある分電盤に交換しなければならないため、コンセントを増設するだけの工事とは別の作業が発生し、費用も高額になることがあります。

エアコン専用コンセントや専用回路の増設、トラブルなどは街の修理屋さんまでご連絡ください。

弊社「街の修理屋さん」では、エアコン専用コンセントや専用回路の増設、また、トラブルなどにも工事、修理の対応をしております。

エアコンを安全に、快適に使用するためにも、今一度ご使用のエアコンに合ったコンセントであるかなど、ご確認ください。

街の修理屋さんの詳しいサービス内容や料金については、弊社のエアコンサービスのページをご確認下さい。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す

施工事例

街の修理屋さんのスタッフブログ