エアコン取付の工事費の相場を解説する!【安く済ませる方法】

「エアコン取付の工事費の相場が知りたい。大体どのくらいかかるのかな…」という疑問がある方は、多いと思います。エアコンの工事は、一生に何度も経験することではありません。相場や安くする方法など、よく分からないですよね。

そこで今回は、以下の内容について解説します。

  • エアコン取付の工事費の相場
  • エアコン工事を安く済ませる方法

街の修理屋さんでは、全国の工事実績が15万件以上あります。国税庁や日本郵便など、有名企業からも依頼を受けた実績があります。記事の信頼性は、確保されていますよ。ぜひ参考にして、エアコンのトラブルに役立ててくださいね。

エアコン取付の工事費の相場

エアコン取付の工事費の相場

エアコンの取付の工事費の相場は5000円~が相場となっております。家電量販店でエアコンを買う時、「工事費込みで〇〇円」のような紙を見たことがあるかもしれません。

店頭に書かれた紙はあくまで相場の値段を基準に書いてあることが多いので、エアコンを設置する時、工事費が追加で必要になった場合は、相場の値段に収まらないことがあります。

エアコン工事費が追加になる場合

エアコン工事費が追加になる場合

家電量販店に書いてある「工事費込みで〇〇円」で予算を組んでしまうと予算オーバーしてしまうことがあります。

エアコンの工事費が追加になることが多いのは、室外機を設置する時、既存のエアコンを取り外す時、エアコン専用のコンセントの増設が必要な場合など、追加で工事が必要になります。

室外機も設置する

室外機を設置する時、取り付けだけだと18000円~で可能ですが、設置する場所が1階なのか2階なのかで値段が違ってきます。室外機を2階に設置すると料金が上がります。

理由としては、室外機を屋根に設置する場合など、固定する工事が必要になりますし、室外機を1階に下すとそれだけエアコンの配管の配管を伸ばさなければなりません。エアコンを設置する時はどの階に設置するのかを考えてから予算を組むようにしましょう。

既存のエアコンを取り外す

新しくエアコンを買い換えた時、既存のエアコンを取り外す必要があります。既存のエアコンを取り外す費用としては、5000円~からが相場となっております。

さらに古いエアコンを引き取ってもらうとなると、運搬費用やリサイクル費用などを追加で支払うことがあるため、事前に確認しておきましょう。業者によっては引き取りも込みで値段を掲載しているところもあります。

専用コンセントなどが必要

エアコンを取り付けようと思っても部屋によってはエアコン専用のコンセントがない時があります。一般的なコンセントに挿してしまうと火災などの事故の原因になってしまうため、エアコン専用のコンセントに挿す必要があります。

エアコン専用コンセントは増設することが可能です。費用としては、配線の交換等を含めて、15000円~30000円が相場となっております。引っ越しの際にはエアコンのコンセントがあるかどうかなどの確認を行う必要があります。

エアコン工事を安く済ませる方法

エアコン工事を安く済ませる方法

エアコンの取り付けは意外とお金がかかりますよね。なるべくなら工事費用を安く済ませたいものです。安く済ませるポイントとしては、家電量販店の工事だけではなく、中小規模のエアコン取付業者を探して以来すると費用を安く抑えることができます。

中小規模のエアコン取付業者も様々ですので、エアコン取付業者を選ぶポイントを紹介していきたいと思います。

料金が明確な業者を選ぶ

エアコンの取り付け費用は安いに越したことはありませんが、安いからといって安易に契約するのはやめておきましょう。エアコン取付業者を選ぶうえで大切なことは、エアコンを設置する時、料金の見積もりが明確かどうかを確認しておくことです。

見積もりを聞いてみても答えを濁されたり、教えてもらわないまま取り付けを進めてしまうと、後で高額な料金を請求される可能性があります。明確な見積もりを知っておくことによってエアコンを設置するための予算を組みやすくなりますので、見積もりを確認しておくことをお勧めします。

弊社、街の修理屋さんではエアコン取付の依頼をお受けしています。全国各地に多数の拠点があるため、ご連絡いただいた日に問題を解決します。年中無休で対応しており、夜間のトラブルでも安心です。エアコン取付は、8,000円より受け承っております。作業前に無料でお見積もりを行うので、興味のある方は電話・メールでお問い合わせくださいね。

保証制度がある業者を選ぶ

買ったエアコンはなかなか壊れることはないと思いますが、保証制度がしっかりしている業者を選んでおいた方が良いでしょう。保証が必要な時は、壊れた時というイメージが強いと思いますが、エアコンを取り付けた時、水漏れがあった場合、保証制度がなかったら修理費を支払う可能性があります。

すぐに壊れることはないとしても長期で保証がついているといざというとき安心できるでしょう。逆に保証がついていない業者の場合は、契約するのはやめておきましょう。多くの業者は1年~数年の保証期間を設けています。業者によって保証期間や補償内容が違ってくるので、契約する前に調べておくことをおすすめします。

キャンセル可能な業者を選ぶ

エアコン取り付け工事当日になって、追加で料金を請求されることがあります。その時、見積もりと大きく違っている場合はキャンセルしたくなるものですが、業者によってはキャンセル料を請求してくることがあります。

そうなるとキャンセル料を払って帰ってもらうか、しぶしぶ了承して工事してもらうかの2択になってしまいます。こういったトラブルはしばしば起こっていることなので、キャンセルできるか確認しておくようにしましょう。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す

施工事例

街の修理屋さんのスタッフブログ