エアコンのドレンホースが詰まる理由と対処法【防止策も紹介】

「エアコンのドレンホースが詰まってしまった。どうやって解決したら良いのか知りたい…」という方は、多いと思います。ドレンホースの詰まりなど、どうやって対処すべきか分からないですよね。素人が作業して、故障したら二度手間ですし、、

そこで今回は、以下の内容について解説します。

  • エアコンのドレンホースが詰まる理由
  • エアコンのドレンホースが詰まった際の対処法

街の修理屋さんでは、全国の工事実績が15万件以上あります。国税庁や日本郵便など、有名企業からも依頼を受けた実績があります。記事の信頼性は、確保されていますよ。ぜひ参考にして、エアコンのトラブル解決に役立ててくださいね。

エアコンのドレンホースが詰まる理由

エアコンのドレンホースが詰まる理由

エアコンのドレンホースが詰まる理由としては、大きく二つが考えられます。

排出口の位置が悪い

水漏れの原因としてまず感がられるのが、排出口の位置が悪いことです。ドレンホースを使ってエアコン内部で発生した水滴や結露を排水するためには、エアコン本体から排出口に向かって上手く勾配が付けられている必要があります。

しかし排出口の位置が悪いと、うまく水が流れずに本体に蓄積してしまい、詰まりの原因につながってしまうのです。こうした場合はホースの位置を変えることで、水が流れやすくなる可能性があります。

ゴミや虫が溜まっている

また、エアコンがのドレンホースが詰まる原因として非常に多いのが、ドレンホース内にゴミや虫が溜まってしまっていることです。ドレンホース内部に何かが詰まってしまっていると、水が上手く流れなくなります。

結果として蓄積されてしまった水が、エアコンの室内機へ逆流してしまうのです。ドレンホースに詰まるのはゴミだけでなく、虫であるケースも多くあります。ドレンホース内には、エアコンから排出された暖かい空気が充満しており湿度も高いため、冬場などでは虫が過ごすのに適した場所になってしまうのです。

また、こうして水漏れした水には雑菌が多く含まれていることも多く、衛生面でも問題があると言えるでしょう。

エアコンのドレンホースが詰まった際の対処法

エアコンのドレンホースが詰まった際の対処法

エアコンのドレンホースが詰まってしまった場合には、以下の2つのどちらかの方法をとるのがおすすめです。

掃除機で吸い取る

ドレンホースに詰まったものを掃除するには、掃除機で吸い取るのが一番シンプルで簡単です。手順としてはまずエアコンの電源を落とし、ドレンホースの先端を上向きにして布と輪ゴムでスキマが無いように塞ぎます。

その後、ドレンホースの排出口に掃除機をピッタリとくっつけて、内部のゴミを吸い取りましょう。数秒程度ほど吸ったら掃除機を止めて布と輪ゴムを外し、布の中に溜まったゴミを捨て手完了です。

ただし、ドレンホース内にはゴミだけでなく水分もありますから、掃除機に水分が入って壊れないようにしなければなりません。ドレンホースを掃除する数日前は冷房を使わないようにする、排出口に布を当ててから掃除機を使うなど、工夫をしてみてください。

エアコン業者に依頼する

自分で掃除をするのであれば掃除機を使うのが一番ですが、それでも気になる場合や掃除をするのは気が引ける場合は、エアコン業者に依頼しましょう。基本的には「エアコンクリーニング」を業者に依頼することで、ドレンホースをきれいにしてもらうことができます。

特に虫が溜まっているかもしれないと思うと、やらなきゃいけないと分かっていてもなかなか掃除できないものですよね。そんな時でも無理はせず、エアコン業者に任せてしまいましょう。

弊社、街の修理屋さんではドレンホースクリーニングの依頼をお受けしています。全国各地に多数の拠点があるため、ご連絡いただいた日に問題を解決します。年中無休で対応しており、夜間のトラブルでも安心です。ドレンホースクリーニングは、6,000円より受け承っております。作業前に無料でお見積もりを行うので、興味のある方は電話・メールでお問い合わせくださいね。

エアコンのドレンホースが詰まらないための防止策

エアコンのドレンホースが詰まらないための防止策

ここからは、エアコンのドレンホースがつまらないための防止策について2つに厳選してご紹介いたします。

防虫キャップを取り付ける

すぐにできて簡単な方法としては、ドレンの排出口に防虫キャップを取り付けることです。防虫キャップは100円ショップなどでも売っているため、比較的どなたでも手に入りやすいでしょう。

取り付けも排出口にグッと差し込むだけですので、とても簡単です。ただし、防虫キャップは内径が1.4mm~1.6mmのドレンホースように作られていることがほとんどであり、特殊なドレンホースだった場合には使えない点には注意が必要です。

また、防虫キャップを付けたと言っても縦約2mm×横約5mm程度のわずかなスキマは依然として残ってしまいます。そのため非常に小さな虫の侵入までは防ぎきれない可能性があることも、ご承知おきください。

年に一度メンテナンスをする

エアコンのドレンホースのつまりを解消して水漏れを防止するには、定期的にメンテナンスをしてもらうことが大切です。そのため、年に一度くらいのペースで業者にメンテナンスの依頼をするようにしましょう。

ちょっとしたホコリやごみの掃除やフィルター掃除であれば個人でもできますが、それでも取り切れないゴミはどうしても出てきてしまいます。その点、業者であれば高圧洗浄機などを用いて細かいゴミも取り除いてくれますから、安心です。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す

施工事例

街の修理屋さんのスタッフブログ