エアコンのコンプレッサーが回らなくなる原因【経年劣化がほとんど】

「エアコンのコンプレッサーが回らなくなってしまった。どうやって解決すれば良いのかな…」という方は、多いと思います。コンプレッサーが故障すると、エアコンは使用できません。暑い夏を乗り切るためにも、いち早く修理したいですよね。

そこで今回は、以下の内容について解説します。

  • エアコンのコンプレッサーとは
  • エアコンのコンプレッサーが回らなくなる原因

街の修理屋さんでは、全国の工事実績が15万件以上あります。国税庁や日本郵便など、有名企業からも依頼を受けた実績があります。記事の信頼性は、確保されていますよ。ぜひ参考にして、エアコンの掃除に役立ててくださいね。

エアコンのコンプレッサーとは

エアコンのコンプレッサーとは

エアコンのコンプレッサーを理解する上で、エアコンの仕組みを理解する必要があります。エアコンは、空気中の熱を運んでくれる「冷媒」の働きによって、室内の温度が変化します。

冷媒が空気中の熱を運ぶことで、残った冷たい空気が部屋の中に排出されます。エアコンでは、室外機や室内機によって、室内の空気を循環させ、循環する上で空気の中の熱を取り除いています。

コンプレッサーでは、冷媒を作るための空気の圧縮を行っています。そのためコンプレッサーは、非常に重要な役割を持っており、室外機の内部に設置されています。

人間で言えば、体の中に血を巡らせるためのポンプ役として存在する、心臓と同じ役割を持っており、コンプレッサーが故障すると、エアコンが効かなくなってしまいます。

エアコンのコンプレッサーが回らなくなる原因

エアコンのコンプレッサーが回らなくなる原因

コンプレッサーが回らなくなる原因は、経年劣化によるものです。経年劣化とは、使い続けている中で、劣化することです。エアコンだけに限らず、電化製品は経年劣化による故障が多く、それぞれの家電製品によって、大体の寿命は決まっています。

エアコンの部品は10年以上使用すると、故障する可能性が高いと言われており、その他の原因は、石や虫が入ってしまったなどが挙げられます。また、ほこりなどのゴミが詰まってしまうこともあります。

エアコンを使用して、10年ほど年数が経っている場合「コンプレッサーが故障しているのではないか」と疑ってみると良いでしょう。

エアコンのコンプレッサーは自力での交換が難しい

エアコンのコンプレッサーを自分で修理・交換することは、おすすめしません。理由としては、コンプレッサーを交換するには、室外機を開けるなどの作業が必要となるため、エアコンの仕組みを理解していない素人が触ると、余計に状態を悪化させる場合があるからです。

エアコンは精密機械なので、素人が手を出すことで触ってはいけない部分を触ってしまったり、交換しなくても良い部品を交換するなど、簡単に片付くはずの問題が、エアコン本体の交換が必要な事態になる可能性もあります。

コンプレッサーが回らなくなるなどの事態が起きた場合には、無理して自分で対応しようとせずに、専門の業者に依頼することがおすすめです。

エアコンのコンプレッサーの交換は業者に依頼すべき

エアコンのコンプレッサーの交換は業者に依頼すべき

修理を依頼する業者の選定としては、コンプレッサーを修理・交換したことのある業者を選定することで、悪徳業者などに依頼してしまうリスクが減ります。弊社、街の修理屋さんではコンプレッサーの交換の依頼をお受けしています。全国各地に多数の拠点があるため、ご連絡いただいた日に問題を解決します。

年中無休で対応しており、夜間のトラブルでも安心です。コンプレッサーの交換は、30,000円より受け承っております。作業前に無料でお見積もりを行うので、興味のある方は電話・メールでお問い合わせくださいね。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す

施工事例

街の修理屋さんのスタッフブログ