ベランダの鳩よけ対策!ダイソー・100均で揃える簡単な方法

ベランダにやってくる鳩って厄介ですよね。鳴き声が耳障りだったり、あちこちにフンを落とされるなど。1度や2度のことだったらそこまで気になりませんが、これの頻度が多くなると我慢もできなくなります。それでも気にしないことにして放置をすると、いつの間にか鳩の数が増えていたり、最悪巣を作られるなんてこともあります。そもそも鳩は野生の生き物ですので、体や羽にはダニや寄生虫なんかも。ベランダにやってくる鳩をそのままにしておくのは、まことに不衛生です。小さいお子様のいるご家庭なんかは、とくに注意が必要です。

そこで今回の記事では、ベランダの鳩よけ対策をご紹介。大きなお金をかけずに、ダイソーなどの100均で揃うもので、鳩からベランダを守る方法をご紹介します。

鳩対策のポイント

鳩対策のグッズや方法は、ネットの中にたくさん転がっています。中には効果が薄いものや、効果のない方法なども紹介されています。そこで鳩よけの対策を行う前に、ポイントを抑えておきましょう。鳩の習性を理解して、対策に役立てることが大事です。

鳩は下見をしている

まず鳩の習性として、下見をします。鳩の巣や休憩場所として、最適な場所を探してからやってくるのです。なので鳩がよくくるベランダというのは、鳩にとって居心地のいい場所ということです。

鳩は気に入った場所にいつく

鳩は下見をして気に入った場所ができると、そこにいつく習性があります。気に入った場所には巣を作ったり、仲間を呼んだりするのです。また一度気に入った場所には執着する習性もあるので、ちょっと追い払ったからといってまた戻ってくるようになるのです。

ちなみに鳩が気にいる場所、気にいるベランダとは、ほどよく散らかってるベランダです。ものがたくさん置いてあったり、鳩のフンで汚れているなどです。ものがあるベランダは、鳩が身を隠しやすいので好まれます。またフンで汚れているということは、鳩がよくくる場所だという目印に。鳩がよくくるということは、外敵のいない場所だということ。仲間が快適に暮らしている、鳩にとって居心地のいい場所だと思ってフンのある場所にやってくるのです。

鳩は慣れる

まず覚えて置いて欲しいのは、鳩は慣れる生き物ということ。鳩よけグッズでよくある「忌避剤」、鳩の嫌がる匂いで寄せつかないようにするというものですが、この匂いに鳩が慣れてしまいます。また鳩よけ対策でよくある「鳥威し」、これはカラスやフクロウ、猫などを模した人形や飾りですが、これにも慣れるので効果は限定的です。

ポイントのおさらい

上記3つのポイントをおさらいすると、まず「鳩が何度もやってくるところは、鳩が下見を重ねた居心地の良い場所」だということ。また「下見済みの気に入った場所なので、そう簡単には離れない」ということ。さらに「気に入っている場所なので、簡単な対策では意味がない」ということです。この3つを踏まえて、鳩対策を考えましょう。

対策グッズを買う前に

対策グッズを買う前に、ベランダを見直してみましょう。使わないものやゴミで散らかっていないか、鳩のフンがそのままになっていないか。こうしたところが鳩に好まれてしまう原因なので、心当たりのある方は掃除をしましょう。ベランダにはなるべくものがないように、汚れがないようにすることで鳩の居心地を悪くします。下見済みの鳩の巣となってしまったベランダでは、掃除だけでは効果はありませんが、下見途中であればこれだけで鳩が来なくなることもあります。

掃除はカビキラーをかけまくる

とくに掃除のときに試して欲しいのは、カビキラーなどのカビ取り剤。こうしたカビ取り剤をベランダにたくさん吹きかけて掃除をしてみてください。というのもカビキラーなどのカビ取り剤には、忌避剤などにも含まれる塩素が入っているので、鳩がこの匂いを嫌がるからです。カビキラーは鳩のフン落としとしても効果的なので、ベランダを綺麗にするとともに、下見の鳩を来させないようにする効果も一定程度はあります。掃除+鳩予防としておすすめです。カビキラーと鳩についてはこちらの「ベランダの鳩の対策にはカビキラーがおすすめ!寄せ付けない方法や掃除のコツを解説」もおすすめの記事です。

ダイソー・100均で買えるおすすめ鳩よけグッズ

それではダイソー・100均で購入できるおすすめ鳩よけグッズをご紹介。100均でも忌避剤や鳥威しが販売されていますが、ここではより効果的なグッズに絞ってご紹介していきます。

ダイソー【防鳥ネット】

まずご紹介するのは、100均の大手ダイソーで購入できる「防鳥ネット」です。ベランダにネットを貼ることで、そもそも鳩がベランダに入れないようにします。鳩もベランダに入れなければ、ベランダを溜まり場にすることも巣を作ることもありません。ベランダの鳩対策としては、これが一番効果的です。

ダイソーで買える防鳥ネットには種類があり、縦横2メートルのものや大きいものだと3.6×14メートルのものなどあります。ベランダの広さに合わせて買うのがポイントで、鳩の入ってくる隙間をなくせるサイズを選んでください。ちなみに防鳥ネットの売り場は、だいたいガーデニング用品があるところです。また防鳥ネットの名前も、「防鳥網」だったりします。店舗によっては売ってないこともあるので、大きめのダイソーへいくことをおすすめします。

ダイソー【鳥よけネット(おくだけタイプ)】

またまたダイソーからおすすめするのが、「鳥よけネット(おくだけタイプ)」です。こちらはネットとありますが、先程の防鳥ネットと形や使い方が違います。この鳥よけネット(おくだけタイプ)は、トゲのある長方形のシートで、置くことによって鳩がその場に留まるのを防ぐものです。たとえば鳩がよく留まるベランダの手すりや、床などに置いて使用します。防鳥ネットよりは効果が劣りますが、置くだけという手軽さがポイント。また賃貸住宅などそもそも防鳥ネットが使えない場所にお住まいの方などには、この鳥よけネットがおすすめです。

セリア【防鳥ネット】

こちらはセリアで購入できる「防鳥ネット」。といっても、先述でご紹介したダイソーのものと効果は同じです。ベランダに貼ることで、鳩の侵入と被害を防ぎます。値段もダイソーと同じ、そもそも防鳥ネットを製造している問屋もダイソーと同じことがあるので、お住まいの地域で購入しやすいショップで買うとよいでしょう。

ダイソー・100均以外で買えるおすすめ鳩よけグッズ

では最後に、ダイソーなどの100均以外で買えるおすすめ鳩よけグッズをご紹介。100均では買えないけど、安くて効果のある商品をご紹介していきます。

防鳥テグス

鳩よけとして効果が期待できるのが、この「防鳥テグス」です。防鳥テグスというのは糸のようなもので、鳩に入ってきて欲しくないところに伸ばして貼るものです。効果としては防鳥ネットと似ていますが、それよりも手軽なのが特徴。ベランダの手すりより数センチから数十センチ話したところにテグスを貼って使用します。ネットだと上から下まで貼らないといけませんが、テグスであれば1本か2本貼るだけでOK。鳩は翼にものが当たるのを嫌うので、テグスだけでも十分な効果があります。テグスはホームセンターやネットで購入でき、値段も数百円程度なのでそれほど高いものではないので購入する価値アリです。

ちなみにテグスだけでは使いにくいので、合わせてテグス用のコーナーバーなどを買うのがおすすめです。ベランダ用のものもあるので、一緒に探してみてください。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す