ゴキブリを徹底駆除する方法と業者の選び方を解説

虫が苦手な方にとって、ゴキブリの対処は苦痛な作業です。できれば業者に徹底駆除をしてもらい、姿を見なくて済むようにしたいですよね。

そこで今回は、下記の内容を解説させていただきます。

  • ゴキブリを駆除する方法
  • 業者のゴキブリ駆除の流れ

街の修理屋さんでは、全国の工事実績が15万件以上あります。国税庁や日本郵便など、有名企業からも依頼を受けた実績があります。記事の信頼性は、確保されていますよ。ぜひ参考にして、トラブル解決に役立ててくださいね。

ゴキブリが出たらどうする?

部屋でゴキブリを見つけたとき、「ゴキブリが出た」という事実や、「それほどまでに汚染された部屋なのか」という思いで、気が滅入ってしまいます。しかし、たとえ綺麗な部屋でも、新築の家だとしても、出るときは出るものです。

できるだけゴキブリを発生させないために大事なのは、下記の3つのポイントです。

  • すでにいるゴキブリの駆除
  • 見えないゴキブリを追い出す、または駆除をする
  • 再発の防止

これらのゴキブリ対策は、自分で対策する方法と、業者に頼む方法の2種類があります。それぞれ解説していきますので、どちらにすべきか考えてみてください。

簡単なゴキブリ対処方法

まずは、自分でできる簡単なゴキブリの対処法や予防策をご紹介します。ドラッグストアやスーパーなど、身近な店で手に入るものを使用する方法です。

部屋の片付け・掃除をする

たとえ部屋が綺麗でも、ゴキブリは出るときは出るものです。しかし、ゴミをこまめに処理するなど汚さないことや、綺麗に保つことで、予防効果はあります。

また、駆除をする際も、部屋が片付いていたほうが効果的です。燻煙剤などの殺虫剤を使用する場合、片付いた部屋のほうが、殺虫成分が部屋中にいきわたりやすくなるためです。

日ごろから部屋の片付けや掃除を行うように心がけましょう。

スプレーで対処する

ゴキブリを駆除するスプレーには、さまざまなタイプがあります。市販されているもので、よくあるタイプは下記の3種類です。

  • 薬剤をスプレーで吹き付けるタイプ
  • 特殊な液体のスプレーを噴射すると泡になり、ゴキブリを覆って固めるタイプ
  • 冷たい液体が出てきてゴキブリを凍らせるタイプ

これらのスプレーは、安価ですぐに手に入り、すぐに殺すことができます。

ただし、卵や巣には効果がありません。徹底的な駆除をすることはできないので、あくまで一時的な対処法として考えておきましょう。

粘着トラップで捕まえる

「素早いゴキブリをスプレーで狙うのは難しい」という場合、粘着トラップで捕まえる方法もあります。粘着トラップは殺虫剤ではないので、子供などが誤飲しても無害です。

ただし、捕らえたゴキブリが生きていることも多いため、注意が必要です。

虫が苦手な人にとっては、悪夢のような光景になることもあります。できるだけ虫が動いている姿を見たくないのであれば、あまりおすすめしない方法です。

忌避剤を使用する

ゴキブリを部屋に入れたくない・追い出したい場合は、忌避剤を使用しましょう。ベチパー、シナモン、薄荷、クローブなど、ゴキブリが嫌がるにおいの精油を含ませたコットンやポプリなどを置く方法もあります。

しかし、ペットがいるご家庭では、忌避剤を使用してもよいか、事前に確認しておく必要があります。アロマや精油等の香り成分は、猫など腎臓機能の弱い動物には有害なこともあるためです。

忌避剤を使用してもよいかわからない場合は、獣医師に相談するようにしてください。

ここまで、自力でできる対処法についてご紹介しましたが、どの対策も一長一短です。また、どの方法も最後は自分で死骸を処理することになります。一人暮らしの場合はその点も含めて、よく考えておきましょう。

徹底駆除は業者の力で

ご紹介した通り、ドラッグストアなどで買える市販品でも、部屋の中のゴキブリ対策は可能です。しかし、すでに巣を形成しているゴキブリは、対策してもまたすぐに発生してしまいます。

また、市販されている殺虫剤は、卵や巣に効果があるものは少ないです。燻煙剤で卵に効果があるものも存在しますが、そもそも煙が巣の奥まで届かないため、徹底的な駆除をすることができません。

さらに、死骸の処理もしなければなりません。虫が苦手な人にとっては、大きなストレスになってしまいます。自力で駆除や処理をするのが難しい場合は、無理はせずに業者に頼みましょう。

街の修理屋さんでも害虫駆除を承っていますので、お気軽にご依頼ください。

二度とゴキブリを見ないためにも巣から徹底駆除

業者に依頼をすれば、目につかないところに形成されたゴキブリの巣も見つけ出して、すべて駆除してもらえます。

また、侵入経路を見つけてもらうこともできます。侵入経路が判明すれば、害虫が二度と侵入してこないように対策することができるようになります。

街の修理屋さんでも、侵入経路を見つけて害虫を徹底駆除いたします。お困りの際はご相談ください。

ゴキブリ駆除の流れ

「業者に頼んだら何をしてくれるの?」と疑問に思う方もいるでしょう。そこで、ここからは業者によるゴキブリ駆除の流れを簡単にご説明します。

調査

まずは、ご自宅へ伺い、ゴキブリの生息状況などを調査します。そして調査の結果をもとに、どんな薬剤を使用してどう対処すべきか、プロが考えて提案します。

この時点で見積もりを出してもらうことができます。提示された金額が妥当だと判断したら、正式に依頼をしましょう。

見積もり書だけもらい、依頼は保留にすることが可能な業者も多くあります。複数社から見積もりを取りたいのであれば、見積もり無料の業者に依頼をするとよいでしょう。街の修理屋さんも見積もり無料で対応しております。

害虫駆除を実施

調査を終えたら、害虫駆除を実地します。

マイクロカプセルなど、業者しか使用しない特別な殺虫剤を使用することもあれば、ベイト剤の設置、薬剤散布など、ケースバイケースで対応することもあります。

ここで行う作業は、事前の調査に基づいた見積もりの内容通りになります。

金額に関しても、基本的には見積もりで出してもらった値段から、突然変わることはあまりありません。街の修理屋さんも、急に値段が変更になることはありません。

しかし、中にはそうではない業者も存在します。そのため、業者の公式サイトや評判などをよく確認し、慎重に業者を選ぶようにしましょう。

清掃と継続的な対策

次に、薬剤散布などによって出たゴキブリの死骸などを回収します。

特に一人暮らしの方や、家族全員虫が苦手な場合、自分で死骸の処理をするのは辛いと思います。死骸の処理まで任せられる業者に依頼すれば、死骸を見なくて済むので安心です。

散布後にふき取りが必要な薬剤の場合は、ここでふき取りなどの清掃作業も行います。ただし、使用する薬剤によって、ここで行う内容は変わります。

清掃が終わったら、今後もゴキブリが出ないようにするためのアドバイスをしてもらうこともできます。すべての作業が終わったら料金の支払いをして、領収書を発行してもらったら終了になります。

まとめ

市販の燻煙剤を使用するなど、一時的な対策は自分でも行えますが、業者に頼んだほうが確実に駆除してもらうことができます。そして、死骸の処理を自分で行う必要もありません。

また、ペットがいる場合は殺虫剤が使用できないので、自力では効果的なゴキブリ駆除ができません。その点、業者ならペットに影響なく、かつゴキブリを徹底的に駆除することが可能です。

このような理由から、最終的には業者に対処してもらうことをおすすめします。街の修理屋さんでも害虫駆除を行っておりますので、お困りの際はご相談ください。

全国各地に多数の拠点があるため、ご連絡いただいた日にお近くの作業員が向かいます。年中無休で対応しておりますので、平日はお仕事が忙しい方も休日にご連絡が可能です。

興味のある方は、ぜひお電話やメールでお問い合わせください。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す