カメムシの駆除方法が知りたい! 生態と悪臭対処法を徹底解説

気温が上がるにつれ増える虫の中でも、特に厄介な存在がカメムシです。

見た目に気味が悪いだけでなく、悪臭をともなうため、発見したらすぐにでも駆除したいですよね。

そこで今回は、カメムシの駆除と対処方法について詳しく説明しますね。

街の修理屋さんでは、全国の工事実績が15万件以上あります。国税庁や日本郵便など、有名企業からも依頼を受けた実績があります。記事の信頼性は確保されているので、ぜひ参考にして、害虫トラブルの解決に役立ててくださいね。

カメムシの生態って?

春先になるとどこからともなく現れるカメムシですが、彼らはいったいどのように生活をしているのでしょうか。カメムシを駆除する上で知っておきたいカメムシの生態や寿命、特徴について解説します。

カメムシの寿命

カメムシの繁殖期は主に春です。具体的には、4月頃から繁殖期が始まり、5月から8月にかけてが産卵のシーズンとなります。産卵された卵は約1週間から2週間ほどで孵化し、カメムシの子供になります。
カメムシの寿命は1年半ほどと、あまり長くはありません。それでもカメムシが長く生きているような気がするという場合は、同じ場所に毎年カメムシが産卵をするためです。カメムシたちの世代交代ができる環境があるというひとつのチェックポイントになります。

強いにおいを出す

カメムシは別名を「ヘコキムシ」と言います。その名前の通り、カメムシは自分の身の危険を感じたときに強いにおいを出すという特徴があります。

この強烈なにおいは脚の付け根にある臭腺という部分から分泌されます。主な成分は「トランス―2-ヘキセナール」という物質です。

また、カメムシはにおいを分泌して身を守るだけではなく、仲間に危険を知らせるためにフェロモンを分泌することもあります。

背中が固くできている

カメムシは、動物のカメのように背中が固くできています。その名前の通りカメの甲羅のような背中をしており、上から攻撃してくるカメムシの天敵から身を守る効果があります。

種類により盾のような見た目をしているカメムシもいて、非常に固く頑丈です。カメムシの背中には小循板という固い骨のような器官があり、固く頑丈に作られているのです。

口器で食事をする

カメムシは口に口器という器官をもっており、この口器を使って食事をします。口器は針のような構造をしており、内部は細いストローのように空洞になっています。この口器を草の新芽や果実などに刺し、果汁や水分などの内部の液体を吸ってエネルギーに変換することで生きています。

カメムシの口器に刺されてしまうと、新芽や葉に穴が開いてしまったり、果実が傷んで落ちてしまったりする原因になります。そのため、カメムシの被害を防ぐためには、カメムシを発見次第すぐ除去するという対応が必要です。

カメムシの駆除方法

カメムシを駆除するには、どのような方法が良いのでしょうか。カメムシの厄介なポイントであるにおいを抑えながら、カメムシを駆除する方法について解説します。

ペットボトルを使う

ペットボトルで簡単にカメムシを駆除するための罠を作ることができます。

①ペットボトルの上部と本体を切り離します。このとき、上部と本体が同じくらいの大きさになるように切り離すのがポイントです。

②上部の注ぎ口を下にして本体にはめ込み、テープで周囲を止めます。このとき、切れた部分でケガをしないように慎重に作業しましょう。

これで、カメムシを誘い込む罠の完成です。カメムシを処分するときにペットボトルを分解しなければならないという手間はありますが、とにかくカメムシに近づきたくないという人におすすめです。

粘着テープを使う

ガムテープなどの幅広の粘着テープを用意して、カメムシをテープにくっつけて駆除する方法です。カメムシの武器であるにおいを使われる前に、さっと丸めてそのまま捨てることができるので便利です。

ただし、丸めかたが悪いとカメムシのにおいが手についてしまうことがあります。カメムシをくっつけたら、そのままカメムシを内側に折りこむようにして丸めるようにしましょう。

殺虫剤を使う

カメムシが大量発生している場合や、手っ取り早く片付けてしまいたい場合は、殺虫剤を使うのがおすすめです。広い範囲には、水で希釈して使うタイプの殺虫剤を使用すると広範囲のカメムシを駆除することができます。

細かい場所にはスプレータイプの殺虫剤がおすすめです。また、カメムシは殺虫剤で殺し損ねてしまうとにおいを発してきますので、確実に駆除するためには凍結タイプの効き目の早いスプレーを使うと良いでしょう。

カメムシを駆除していたら悪臭がついた……

カメムシを駆除していたら、手に悪臭がついてしまった……このような場合は、どうしたら良いでしょうか。カメムシの嫌な悪臭をすぐに解消する方法をご紹介します。

悪臭は油に助けてもらおう

カメムシは身の危険を感じると、脚の付け根から悪臭を出すことで身を守ろうとします。その悪臭の主成分が、「トランス―2-ヘキセナール」という物質です。

この「トランス―2-ヘキセナール」という物質は親油性の物質で、水で手を洗ってもなかなか取れません。しかし、油には溶けやすいという特徴を持っています。

カメムシの悪臭が手についてしまったら、まずはオリーブオイルやサラダオイルなどの油を手につけてこすり、それから石鹸で洗い流すとすっきりと落とすことができます。

また、家具などににおいがついてしまった場合は、柑橘系の中性洗剤でふき取ると綺麗に落ちます。においの発生源がよくわからないという場合は、柑橘系のスプレーを撒いておくと良いでしょう。

カメムシ駆除が自分には大変だと感じたら

カメムシの特徴や駆除方法を具体的に解説しました。しかし、カメムシは気候や条件によっては簡単に大発生してしまうことも珍しくない厄介な虫です。

「カメムシの駆除が自分では大変だ」「対応しきれない」という場合は、どうしたら良いのでしょうか。

プロにお願いしてカメムシ駆除してもらいましょう

カメムシの駆除が自分ではしきれないと感じたら、早めにプロに相談しましょう。カメムシを放置しておくと、産卵シーズンを迎えた後にもっと増えてしまうかもしれません。
当社では、カメムシ駆除の相談も受け付けております。カメムシを触るのが嫌だ、大量発生してしまって困っているといったお困りごとにもすぐに対応します。見積もりは無料で行っておりますので、カメムシにお困りの場合はぜひご相談ください。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す