エアコンの水漏れを放置するデメリットを紹介【カビや故障の原因】

「家のエアコンが水漏れしてきた。ある程度使用できるけれど、放置したらどうなるのか知りたいな…」という方は、多いと思います。エアコンが水漏れすると、焦りますよね。素人では対処法が分からないので、放置しても使用できるのかなど、疑問を持っている方がほとんどでしょう。

そこで今回は、以下の内容について解説します。

  • エアコンが水漏れしても使用できる
  • エアコンの水漏れを放置するデメリット

街の修理屋さんでは、全国の工事実績が15万件以上あります。国税庁や日本郵便など、有名企業からも依頼を受けた実績があります。記事の信頼性は、確保されていますよ。ぜひ参考にして、エアコンのトラブル解決に役立ててくださいね。

エアコンが水漏れしても使用できる

エアコンが水漏れしても使用できる

夏場の猛暑日が続くような時にエアコンが使えなくなるのは困りますよね。では、水漏れしているエアコンは使い続けることができるのでしょうか?

その回答は「基本的には使える」です。

エアコンの水漏れがなぜ起きるかというと、冷房運転中、エアコン内部で空気が冷やされると結露が生じ、それが水滴になります。本来であれば、その水滴の水はドレンホースという排水ホースを通って屋外に排水されます。

しかし、何らかのトラブルによって正常に排水されないと、水が行き場を失い、エアコンの吐き出し口から水漏れしてしまうわけです。つまり、エアコンの冷暖房機能のトラブルではないので、水漏れしたからといって直ちにエアコンが使えなくなるわけではありません。

ただし、冷房運転中はつねに結露による水滴が生じるため、水漏れの度合いがどんどんエスカレートしてしまう危険性があります。一方、結露が生じることの少ない「送風」や「暖房」であれば、水漏れがひどくなることもなく、使用可能です。

エアコンの水漏れは、何かしらのトラブルが発生している証拠であり、放置して直るものではありません。使用可能であるとはいえ、できるだけ早く手を打つに越したことはありません。

やむを得ず、水漏れエアコンを使用する時は、水受け用のバケツを置いたり、壁や床をビニールシートで養生するなど、水濡れ対策を忘れずに。集合住宅の場合、直下の部屋にまで浸水しまったら、大きな問題に発展しかねません。注意しましょう。

エアコンの水漏れを放置するデメリット

エアコンの水漏れを放置するデメリット

水漏れのエアコンでも「基本的には使用可能」ですが、そのまま放置しておくと、次のようなリスクやデメリットが生じます。

部屋が汚れる

当たり前のことですが、水漏れを放置しておくと、部屋が汚れます。バケツを置いたり、ビニールシートなどで壁や床を覆うなどして、きちんと対策しなければ、部屋が水浸しになってしまいます。

もし水に対する養生が十分でないと、床や壁がずっと濡れたままになり、水の跡が変色するなど、汚くなってしまいます。それでも放置し続けていると、やがて床や壁が傷んだり、腐ったりしてしまいます。

もし床や壁を張り替えるということになったら、大きな出費を覚悟しなければなりません。また、バケツやビニールシートでしっかり養生していたとしても、見栄えは良くないですし、日々の暮らしにも不便な点が出てくるでしょう。

エアコンの故障の原因になる

エアコンが水漏れしている時、その内部は水があふれている状態といえます。エアコンは電気製品です。もしも内部の機構部分まで濡れてしまうと、故障の原因になるばかりか、場合によっては、ショートして火災を引き起こす危険性もあります。

エアコンの水漏れを放置していたために、故障して交換しなければならなかったり、火災を起こしてしまっては、お金がもったいないですよね。

エアコン内部にカビが発生する

前述したように、エアコンが水漏れしている状態は、エアコン内部に水があふれていると考えられます。つまり、エアコン内部はつねに湿度が高い状態が続いているということ。これはカビが発生・繁殖しやすい環境にあるということでもあります。

もともとエアコン内部はカビが発生しやすいのですが、水漏れ状態であれば、なおさらです。エアコン内部にカビが発生している状態で、エアコンを運転させると、カビの混ざった空気が部屋に吐き出されます。

カビの混ざった空気はイヤな匂いを発生し、さらに空気中のカビが部屋の至るところに付着し、部屋にカビを発生させることも。何よりカビの混ざった空気を呼吸していると考えると、恐ろしくなりますね。人によってはアレルギー症状が出ることもあるので要注意です。

エアコンの水漏れは業者に依頼するべき

エアコンの水漏れは業者に依頼するべき

エアコンの水漏れを放置しても、ある程度は使用できるものの、さまざまなリスクやデメリットがあることはおわかりいただけたでしょう。では、エアコンの水漏れが起きたら、どうすればいいのでしょうか?

エアコンの水漏れの原因は、次の4つといわれています。

  • エアコンの故障
  • フィルターの詰まり
  • ドレンホースの詰まり
  • ルーバーが下向きになっている

これらをチェックして原因を突き止め、それぞれの原因に合わせた対処を行うことが、水漏れの解決につながります。もしご自身では原因を突き止められない、原因はわかっても対処できないという場合は、エアコンの修理業者に相談しましょう。

弊社、街の修理屋さんではエアコン水漏れ修理の依頼をお受けしています。全国各地に多数の拠点があるため、ご連絡いただいた日に問題を解決します。年中無休で対応しており、夜間のトラブルでも安心です。エアコン水漏れ修理は、6,000円より受け承っております。作業前に無料でお見積もりを行うので、興味のある方は電話・メールでお問い合わせくださいね。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す

施工事例

街の修理屋さんのスタッフブログ