鳩を撃退する効果的な方法は?簡単にできるコツを紹介します

「何度追い払っても鳩が戻って来る…」と悩んでいませんか?

鳩は『帰巣本能』がとても強く、昔は手紙を届けるために使われていた程です。

さらに、縄張りを守る意識も強いため、鳩が住み着く前に早めの対処をおすすめします。

しかし、適当に追い払うだけでは効果がありません。

鳩が嫌がる対策をして、確実に戻ってこないようにしましょう。

また、鳩を追い払う時には注意することがいくつかあります。

この記事では、鳩を撃退する方法と注意点について解説しています。

鳩を撃退する前に

鳩を撃退する前に、重要な2つのポイントについて解説します。

  • 鳥獣保護法
  • 鳩の糞の危険性

それぞれ簡単に説明します。

捕まえると法律違反になる

鳩を勝手に捕まえたり駆除したりするのは、鳥獣保護法で禁止されています

ただし、追い払うのは可能ですので、巣を作る前に対処することをおすすめします。

もし、巣を作られてしまい卵やひながいる場合は、移動させるための手続きが必要になります。

捕獲するために必要なこと

鳩の卵やひなを移動させるためには、自治体の許可が必要です。

自分で申請することもできますが、許可が下りるまで2週間以上かかることもあるようです。

許可が下りるまでは、卵やひなを移動させることはできません。

鳩を撃退する前に準備しておくこと

鳩を追い払った後に掃除をする時は、必ずマスク手袋をしましょう。

鳩のには病原菌がいて、乾燥すると風で空気中に舞い上がります。

人が吸い込むと発熱や胸痛などの症状が現れます。

また、鳩に付いているダニやシラミが原因で、アレルギー症状が現れることもあります。

逆に、しっかり掃除をしておかないと匂いが残ってしまい、鳩が戻ってくるかもしれません。

鳩の効果的な撃退方法って?

鳩を追い払った後に、戻ってこないようにする方法はいくつかあります。

鳩がいる場所に合わせて使い分けましょう。

効果が無い場合は違う方法を試したり、同時に使ったりしてみましょう。

防鳥ネットで撃退

鳩が入ってこないようにネットを張る方法です。

結束バンドやフックなどを使って、防鳥ネットを取り付けます。

防鳥ネットでベランダを覆うことで、鳩は中に入ることができません

防鳥ネットの注意点

防鳥ネットを張っても隙間があると鳩は入ってくるので、しっかり覆う必要があります。

また、設置する時にベランダなど高所での作業になるので、慣れてない方は落下する危険性があります。

集合住宅にお住まいの場合は、防鳥ネットを取り付ける前に管理会社か組合、または大家さんに確認しておきましょう

スパイクで撃退

スパイクとは、剣山のようにたくさんの長いとげが付いていて、鳩を手すりなどに止まらせないためのグッズです。

プラスチック製やステンレス製があるので、設置場所や環境に合わせて選びましょう。

テグスで撃退

テグスとは、細くて透明で丈夫な糸のことです。

鳩が止まる場所の、足元から8cm~9cm程度の高さにテグスを張ると、鳩が嫌がって寄り付かなくなります。

テグスの場所や高さを変えて、何本か張ってみましょう。

忌避剤で撃退

忌避剤(きひざい)とは、鳩が近寄らないようにするための薬品です。

臭いや感触で鳩に嫌な思いをさせます。

  • スプレー
  • ジェル
  • 固形

いくつかの種類があるので、場所に合わせて使いましょう。

簡単にできる鳩の嫌いな臭いの撃退方法!

忌避剤を使わずに、鳩の嫌いな臭いで撃退する方法もあります。

家にあるものを使って、自分で簡単に鳩が嫌いな臭いを作ることができます。

ただし、自分や家族にも影響があるので、問題無いか確認する必要があります。

ニコチン水で撃退

鳩はニコチンの臭いと毒性が苦手です。

水にタバコを浸した『ニコチン水』を作って、ベランダに撒いてみましょう。

ニコチン水は、タバコ3~4本を水500mlにほぐして入れ、一晩放置しておけば出来上がりです。

ただし、ニコチン水は人間やペットにも有害です。誤って飲んでしまったり、ペットが舐めてしまわないように注意して下さい。

お酢で撃退

鳩はお酢の臭いも苦手です。

なるべく原液に近い濃さのお酢を、ベランダに撒いてみましょう。

塩素系漂白剤で撃退

塩素系漂白剤を10倍程度に水で薄めて、ベランダに撒いてみましょう。

鳩が糞をしていた場所を掃除した後に撒くと、臭いも取れるので効果的です。

アロマの香りで撃退

鳩はバラローズゼラニウムミントなどの臭いも苦手です。

水100mlにつき、バラやミントのアロマオイルを数滴垂らすくらいで良いでしょう。

スプレーボトルに入れて、鳩が止まるような場所に吹きかけておきましょう。

鳩を撃退するのは自分では難しい……

ここまで、鳩を撃退する方法と注意点について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

鳩を撃退するには、早めに対処することが重要です。

撃退する方法はいくつかありますが、環境によっても効果は変わります。

また、掃除する時はマスクと手袋を忘れないようにしましょう。

そんなときはプロの力で撃退してもらいましょう

さまざまな撃退方法を試しても、鳩が戻ってきてしまうこともあります。

そんな時は、専門業者に鳩を撃退してもらいましょう。

また、鳩が巣を作り卵やひながいる場合は、自分で移動させることができません。

その場合の手続きなども、専門業者であれば全てまかせることができます。

鳩に関して何かお困りでしたら、お気軽にご相談ください。

※消費税転嫁対策特別措置法の失効により令和3年4月1日から、消費税の税込価格表示(総額表示)が適用されます。これに伴い、当サイトの価格はすべて消費税10%を含む税込みの総額を表記しております。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す