エアコンを移設するデメリットを解説【新品と料金が変わらない】

「エアコンを移設したいけれど、費用が高く付くと聞いた。移設のデメリットや、交換するべきかなど知りたいな…」という方は、多いと思います。引っ越しをする際、エアコンを移設するか迷いますよね。必要な費用によって、移設するか、交換するか決めたいところです。

そこで今回は、以下の内容について解説します。

  • エアコンを移設するデメリット
  • エアコンを移設するのに必要な料金

街の修理屋さんでは、全国の工事実績が15万件以上あります。国税庁や日本郵便など、有名企業からも依頼を受けた実績があります。記事の信頼性は、確保されていますよ。ぜひ参考にして、エアコンのトラブル解決に役立ててくださいね。

エアコンを移設するデメリット

エアコンを移設するデメリット

引っ越しをする際に、前の住居にまだまだ使えそうなエアコンがあったら、どうしますか?「使えるのにエアコンを残して引っ越すなんてもったいない!」と感じるかもしれません。

ですが、エアコンを移設するとなると、当然その分の料金が引っ越し代金などに上乗せされることとなります。エアコンを取り外す料金、取り付ける料金が発生することになってしまいます。

つまり、何かとコストが発生してしまうことになるのです。更に、取り付けた際にエアコンのクリーニングも依頼すると、かかる出費はもっと膨らんでしまうことに…。

  • エアコンの取り外し
  • エアコンの取り付け
  • エアコンクリーニング

の作業を業者に依頼したら地域差などもありますが、おおよそ3~4万は請求されることになります。エアコンクリーニングを依頼したら、その分新規で取り付けるより時間も掛かるので、余分な費用と作業時間がエアコン移設のデメリットとして挙げられます。

まだエアコンを買い替えたばかりなら、こうしたコストを差し引いても移設する価値があると思いますが、あと少しで買い替えが必要となる古いエアコンなら、移設せず前の住居に置いてきた方が得策です。

エアコンを移設する料金

エアコンを移設するのに必要な料金

気になる費用について、もう少し詳しく見ていきましょう。どこまで業者に依頼するかで、当然金額は変わってきます。項目別にかかる料金の目安をまとめたので、エアコン移設を考える際の参考にしてみてくださいね。

  • エアコン取り外し       …  5,000円~
  • エアコン取り付け       …  18,000円~
  • エアコンクリーニング     …  3,000円~
  • エアコンガスチャージ     …   8,000円~
  • エアコン熱交換器クリーニング …  6,000円~

上記のメニューを全て行うと、約4万円です。エアコンの取り付けと取り外しは、移設には必要不可欠なので、どれだけ少なく見積もっても23,000円はかかることになりますね。

エアコンガスチャージとは、エアコンを冷やすために必要な「冷媒ガス」を補充する作業のことを指します。「冷媒ガス」が減っていると、エアコンの温度調節がうまく出来なくなってしまうので、エアコン移設の際に一緒に確認してもらうと安心です。

続いて、熱交換器とは、部屋を涼しくしたり暖かくしたりするのに、必要な器具となります。熱交換器の内部洗浄は、専門知識がないと行えないので、必ず業者に依頼してください。特に不調がなければ、エアコン施設時に依頼しなくてもいいです。

しかし、購入したばかりのエアコンでなければ、エアコンの調子が悪くなってから業者に依頼をかけたら、しばらくエアコンが使えなくなったり、出張費がかかったりと、思わぬトラブルが起こる可能性もあるので、検討をしてみるといいです。

エアコンクリーニングは、移設のタイミングで行っておくのをおすすめします。エアコン内には日々の汚れが付着しているので、カビ取りなどの洗浄を定期的に行う必要があります。エアコンの内部を分解して行うような洗浄は、プロでないと難しいので、業者が来るタイミングで併せて行うべきです。

業者に依頼するメニューが増える程費用が発生してしまうので、ご自身のエアコンの使用状況を踏まえて、検討してみてくださいね。

エアコンを新規取り付けする料金

エアコンを新規取り付けする料金

では、新しい住居にエアコンを新設した場合にどのくらいの費用が必要か、シュミレーションしていきましょう。おおよその目安は、以下のようになります。

  • エアコン本体   … 30,000円~
  • エアコン取り外し …  5,000円~
  • エアコン取り付け … 18,000円~

エアコンを新設しているので、かかる費用はエアコン本体の代金の他に取り付け費と取り外し費が必要となる計算です。今回のシュミレーションでは、料金は53,000円ほどです。

エアコンの本体代は、機能やメーカーによって差があるので、一概にいくらとは割り出せませんが、エアコンを移設した時の値段と比べると、そこまで大きな差はありません。エアコン移設と比べて、大きな差がないのであれば、心機一転新しいエアコンを購入して、新生活を迎えるのもアリです。

エアコンは、毎年のようにモデルチェンジが行われ、年々機能性もアップしてきています。新機能が搭載されたエアコンを買ってもいいですし、型落ちしたエアコンをお得な価格で購入するのもいいですよね。

このように、お引越しを検討されている方は、まずはお使いのエアコンが残りどのくらい使えそうか、確認してください。エアコンの買い替え年数は、10年間が目安となるので、まだ使えそうなら移設を依頼するのもアリです。エアコンの使用年数が残り僅かだと算段したら、思い切って引っ越しの際に新設するべきです。

使いたいエアコンによってもまた値段が変わってくるので、1度見積もりを取ってみると、どのプランを選ぶのが最適なのかも分かります。もちろん、弊社でもお見積もりから承っておりますので、どちらを選べばいいのか迷った際にはご連絡くださいね!

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す

施工事例

街の修理屋さんのスタッフブログ