ツバメの巣立ちと子育て・繁殖についての疑問を解説

春になったらやってくるのが、ツバメですね。ツヤ、光沢のある藍黒の体と、赤い額とほっぺが特徴的な渡り鳥です。家の軒先などに巣を作る姿は、誰でも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。またツバメの巣といえば、高級食材としても有名です。

ところでみなさんは、ツバメについてはどれくらいご存知でしょうか。毎年やっくる渡り鳥で、人の近くに巣を作る。ということは知っていても、それ以上の知識がある方は少ないのではないでしょうか。そこで今回の記事では、ツバメについて詳しくご紹介。ツバメの巣立ちや子育てなど、ツバメについての疑問をご紹介していきます。

ツバメの巣についての疑問

まず気になるのは、巣について。そもそもどうして人の近くに巣を作るのか、また巣はなにでできているのかなどの素朴な疑問についてお答えしていきます。

どうして人の近くに巣を作るの?

家の軒先や玄関ポーチの天井、はたまたお店の看板など、ツバメは人目につきやすいところに巣を作るので有名です。そこがツバメの親しみやすさにもなっているのですが、実際のところそれはなぜなのか。これはツバメがその人目を利用しているからです。というのも、ツバメが巣や生まれた卵・ヒナを外敵から守るため、人が近くにいるところに巣を作りようになったということ。ツバメの巣を脅かすカラスなどのほかの鳥、蛇などは人に寄っていかないので、これを利用して人の近くに巣を作るようになったのです。

巣はなにでできてるの?

日本にやってくるツバメの巣は、主に泥と枯れ草などでできています。これをツバメが運んできて、唾液と泥で固めながら軒先などに貼り付けて大きくしていきます。

ツバメの巣は食べられる?

高級食材で有名なツバメの巣ですが、残念ながら日本にやってくるツバメの巣については食べられません。上記のように材料が泥と枯れ草なので、人が食べるのに適してはいません。食べられる巣というのは、日本にやってくるツバメとは別の種類のツバメのものです。ちなみに食べられる巣はアナツバメという種類のツバメが作るもので、ツバメの唾液でできています。

ツバメは群れで巣を作るの?

ツバメには群れを作る習性はなく、ツガイ(夫婦)で巣を作ります。一つの巣に複数のツバメがいることがありますが、これは群れで行動しているわけではありません。そのほとんどがツバメ同士の喧嘩によるもので、ほかのツガイから巣を奪うための行動です。

毎年同じ場所に巣を作るの?

ツバメは一度巣を作ったところに再び巣を作る習性があります。これは一度巣を作って子育てをした場所は、ツバメにとっての安全な場所という認識があるからです。ただツバメの寿命は短いので、同じツバメが何度も何度も同じ場所へやってくることはほとんどありません。

ツバメの繁殖についての疑問

では次に、ツバメの繁殖についての疑問を解説していきましょう。

ツバメはどうして毎年日本にくるの?

ツバメが毎年日本にくるのは、暖かいところで巣を作って子育てをするためです。ツバメは渡り鳥なので、毎年の気温の変化に合わせて、子育てに適したところに移る習性があります。

ツバメは毎年同じツガイと巣を作るの?

ツガイは一夫一妻が基本なので、基本的に毎年同じツガイと巣を作ります。ただしツバメの寿命は短く、片方が先に死んでしまうことがあります。その場合は生き残った片方が別のツガイを見つけて、また一夫一妻で巣を作って繁殖します。またツガイ同士が生きていた場合でも、渡りの途中ではぐれてしまったり、巣に戻ってこなかった場合も別のツガイを見つけます。

ツガイ・相手の見つけ方は?

ツバメはメスがオスを選んでツガイを作ります。オスの尻尾の長さが魅力になるので、メスは尻尾の長いオスを選んでツガイになります。というのもオスの尻尾というのは、ダニなどの寄生虫が多くついていたり、不健康だと伸びなくなるのです。メスはより健康なオス、尻尾の長いオスを見つけることで、メス自身の身や抵抗力の弱いヒナを守ろうとしているのです。

卵はいくつ産むの?

ツバメは一度の繁殖で、3個から7個ほどの卵を産みます。メスが1日1個のペースで卵を産み、最後の卵が産み終わると温めて育てていきます。

ツバメの子育て・巣立ちの疑問

それでは次に、ツバメの子育てや巣立ちについての疑問を見ていきましょう。

卵はどれぐらいで孵るの?

ツバメの卵は、最後の卵が生まれてから20日前後で孵化します。というのもツバメのツガイは最後の卵を産んだあとに、温めはじめるからです。最初の卵から温めてしまうと、最初と最後で孵化にばらつきが出てしまい、子育てや巣立ちの時期に影響が出てしまうからです。

ヒナはどれくらいエサを食べるの?

生まれたばかりのヒナはたくさんエサを食べます。親鳥がエサを運ぶ回数は、1日に300回以上になることも。これは生まれたばかりのヒナは弱いため、たくさん食べて早く成長しないといけないからです。

ヒナはなにを食べるの?

ツバメのヒナは親鳥が運んでくる昆虫を食べます。その虫というのは主に空を飛ぶ羽虫で、蚊やハエ、ハチなどを食べます。ヒナの成長過程によって虫の種類も違っていき、最初はヒナの小さな口に入るもの、大きくなるとトンボなどの大きな虫を食べることもあります。

どうやってヒナにエサを分けるの?

生まれたばかりのヒナにエサを与えるとき、親鳥はより大きく口を開けているヒナにエサを分けています。お腹が空いているヒナほど大きな口を開けるので、親鳥はこれを目印にしてヒナにエサをあげています。そうしてヒナに均等にエサを与え、成長させていきます。

ヒナは巣の中にフンをするの?

生まれたばかりのヒナは、巣の中にフンをします。これを親鳥が咥えて外に出し、巣の中を清潔に保ちます。というの巣の中にフンがそのままになると、ダニや寄生虫が沸いてしまうからです。こうした寄生虫はヒナや親鳥を弱らせるため、親鳥はなるべく巣の中を清潔に保とうとするのです。ちなみにヒナは大きくなってくると、巣の外にフンをするようになります。その場合巣の外へお尻をむけてします。

ヒナはいつ巣立っていくの?

ヒナは孵化してから、20日ほどかけて成長していきます。生まれたばかりのうちは親鳥にエサをもらいながら成長しますが、大きくなる過程で巣から離れ、親鳥と一緒に空を飛ぶ練習をしたり、エサを取る練習をします。そうして大人になる練習をしてから、巣を離れます。

ヒナが巣立つ時期は?

ヒナの巣立ちの時期は、早いと5月下旬、遅いと9月ごろになります。これは地域によってことなり、九州などの暖かい地域では早く、関東より東・北になると遅くなります。暖かい地域にやってきたツバメは春の早い段階で繁殖を行い、寒いところだと遅くなるからです。またツガイによっては、ヒナがすべて死んでしまうなどして、一から子育てを行うこともあります。こうした場合も卵を産んで育てる時期が遅れるため、巣立ちの時期が遅くなります。

巣立った後のヒナは?

ヒナは巣立ったあとも、数日は巣に戻って睡眠をとります。また同じ巣で育ったヒナたちで一緒に行動し、親鳥にエサをもらうこともあります。これが1週間ほど経つと自分だけでエサが取れるようになり、渡り鳥として日本を離れていきます。日本を離れたヒナはフィリピンなどの暖かい地域で冬を越し、また春頃に日本にやってきてツガイを見つけ、子育てを行います。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す