専用回路にはブレーカーと分電盤の交換が必要?交換方法と費用も解説!

どこの家にも必ずあるブレーカーと分電盤ですが、時と場合によって交換が必要になることがあることをご存知でしょうか?
例えば、消費電力量が増えたときは、専用回路を増設しなければなりません。そのためブレーカーや分電盤の交換が必要になることがあります。

この記事では、以下の内容についてご説明していきます。
・ブレーカーと分電盤の種類と特徴
・ブレーカーや分電盤を交換するタイミング
・ブレーカーを交換する方法や費用

街の修理屋さんでは、全国の工事実績が15万件以上あります。国税庁や日本郵便など、有名企業からも依頼を受けた実績があります。記事の信頼性は、確保されていますよ。ぜひ参考にして、エアコンの取り外しに役立ててくださいね。

ブレーカーと分電盤

ブレーカーは契約数以上に電流が流れた時や漏電の際に電流を遮断するための装置です。
一方、分電盤はそのブレーカーを収めたボックスのことを指します。

まずはブレーカーと分電盤とはどんなものか、役割や特徴についてご説明していきます。

ブレーカーは3種類

ブレーカーには3種類あり、正面左からアンペアブレーカー・漏電ブレーカー・安全ブレーカーと呼ばれています。
分電盤の中にまとめられているため見分けがつきにくいですが、全く異なる性質をもっているため、基礎知識として違いを知っておくと良いです。

アンペアブレーカー

電力を各世帯に供給する電力会社によって取り付けられているブレーカーで、「サービスブレーカー」「契約ブレーカー」とも呼ばれます。

電力会社と契約したアンペア容量を超えた電流(過電流)が流れたときに、電気の供給を止めるリミッターの役割を果たすものです。

契約アンペア数はブレーカーの上下に大きく「30A」などと記載されています。
関西電力や中国電力、四国電力、沖縄電力など地域によって設置されないこともあります。

漏電ブレーカー

主に主幹ブレーカーとして、家電製品や配線などの漏電を検知し、電気を遮断する装置が漏電ブレーカーです。「漏電遮断器」とも呼ばれます。

アンペアブレーカーを設置しない電力会社では、漏電ブレーカーがアンペアブレーカーとしての機能も持っています。
その場合、使用される機器は過電流が流れたときには漏電ブレーカーが落ちるような仕組みになっています。

安全ブレーカー

主に分岐ブレーカーとして、家の各部屋や家電製品ごとの専用回路に取り付けられているブレーカーです。「配線用遮断器」とも呼ばれます。
専用回路ごとに電気の容量が決まっており、過電流が流れたり機器が故障したりすると電気が自動的に遮断される仕組みになっています。

分電盤とは?

3つのブレーカーをひとつにまとめたボックスが分電盤です。家やマンションの玄関あるいは屋外に取り付けられているのが一般的です。

分電盤は住宅に供給された電気を、必要な場所に振り分ける役割を果たしています。分岐されていることで、万が一ある回路でトラブルが生じてもほかの回路の機器を保護することが可能なのです。

例えば、エアコンと照明を別の回路にしておけば、エアコンのブレーカーが落ちても部屋の照明が消えることはありません。

ブレーカーや分電盤を交換するタイミング

分電盤に不具合が生じた時や寿命、電圧の変更など様々な理由で分電盤の交換が必要になるときがあります。
ここでは、ブレーカーや分電盤を交換するタイミングを具体的に解説していきます。

分電盤の寿命や劣化

分電盤の寿命は13年程度です。
寿命を過ぎたらいつ壊れてもおかしくないので早めの交換が必要になります。また、取り付けから13年を大きく過ぎている古い分電盤を使用している場合も、早めに交換することが望ましいです。

そのまま使い続けると、漏電やショートによる火災の原因にもなり大変危険です。劣化が著しくなると、ブレーカーが勝手に落ちる頻度も上がるので使用中の家電にもダメージを与える可能性もあります。
分電盤が発熱している、異音がする、破損や焦げがみられるなどの症状がみられるときは故障が近いと判断して良いでしょう。

古くなった分電盤が原因で家電が壊れるといった事例もあるため、 長期間の使用は避けるべきでしょう。

電圧の変更

日本の電圧は100Vが基準となっています。
しかしながら、最近ではよりパワフルな稼働を可能にするため、エアコンや電子レンジなどで200Vの家電製品も出てきています。

現在の家の電圧が100Vの場合、200Vの機器を使用するためにはコンセントの電圧変更が必要です。
そして、電圧変更をするにはブレーカーの切替工事や交換工事、分電盤の交換が必要になります。

専用回路の必要な家電

エアコンや洗濯機など消費電力の大きい家電には専用回路が必要です。
消費電力の大きな家電を増設する際に、空いたブレーカーがあれば専用回路として使用することが可能ですが、なければ分電盤の交換が必要になることがあります。

工事は業者へ

ブレーカーや分電盤の交換工事には電気工事士の資格が必須と法律で定められています。

設置の仕方や配線を誤ると、電気が正常に使用できないばかりか、ブレーカーや分電盤の故障や火災事故が発生する恐れがあるため、自分で行うことは絶対にお止めください。

安全に作業を行うことは、その後の安心で快適な生活にもつながります。大切な家族や家を守るためにも、業者に依頼するようにしましょう。

交換費用

ブレーカーや分電盤の交換には、3つのブレーカーの本体代と分電盤の本体代、工事の技術料などが必要になります。

一部のブレーカーの故障などで交換する場合、1万円程度で済むケースもありますが、もし、寿命などで中のブレーカー全部と分電盤をすべて交換する場合、数万円かかると考えておきましょう。

その内訳は以下のようになります。

・分電盤本体 2万円~
・分電盤取替工事費 2万円~
・漏電ブレーカー本体 3,000円~
・安全ブレーカー本体 1,000円~
・ブレーカー取替工事費 8,000円~(×2)
・処分費 2,000円~

交換工事依頼の際に注意

実際に交換工事を業者に頼むときに注意することをいくつか挙げていきます。

分電盤の選び方

家の広さや部屋の数、電機機器の数に応じて必要な専用回路の数も異なります。

専用回路が少なすぎると、ブレーカーがすぐ落ちたり壊れたりし、再交換が必要になってしまうでしょう。
各家庭に必要な電力、そして電気会社と契約しているアンペア数などを総合的に判断して慎重に分電盤を選ばなければなりません。

例えば、電力会社と20Aで契約している場合、一つの回路で使える電流は(20A×電圧100V)=2000Wです。
消費電力の高いエアコンや電子レンジ、IHクッキングヒーター、食洗機などの家電製品は、専用回路を設けるのが望ましいです。

また、消費電力が高くない家電製品でも、同時にいくつも使用することでブレーカーが落ちることがあります。
そのため、家の広さに合わせて専用回路に至るまでの標準回路を分岐させて回避するのです。

分岐回路の数は以下が目安となります。
・50㎡以下 5
・51~70㎡ 7
・71~100㎡ 8
・101~130㎡ 10
・131~170㎡ 13

分からなかったり悩んだりしたときは、業者に相談して工事の際に持ってきてもらうのが良いです。

設置場所の確認

交換する際は設置場所を確認しましょう。
基本は以前の分電盤設置場所に設置するので構いませんが、熱がこもりやすい、埃や粉塵に晒されやすいなどの問題があれば別の場所に設置したほうが良いです。
室内の比較的高い場所に設置されるのが一般的です。

分電盤の大きさは?

現在と同じ場所に設置する場合、以前の分電盤と同じあるいは少し大きいサイズの分電盤を選ぶと良いです。

あまり小さいと壁紙の日焼け跡などが目立ってしまい、分電盤が悪目立ちする上に美観を損ねる可能性があります。
DIYによるコーキングで隠すことも可能ですが限界があるので、壁紙の張替えを同時に行わなければならないケースもあるでしょう。

見積もりの確認

業者に依頼する前に、見積もりの金額が異常に高いor安いなどの問題がないか確認しておくべきです。

登録電気工事事業者であるかどうかは元より、工事内容などに不明点があれば予め確認しておきます。
きちんと回答しない業者は工事も杜撰なことがあるので要注意です。
交換工事の相場とあまりにもかけ離れている金額を掲示された場合、疑ってかかることをお奨めします。

とはいえ、各家庭で電気の使用量や配線などに大きな違いがみられる場合もあり、状況次第で金額が変動することも否めません。
複数社から見積もりを取って比較することで、ご自分の家における交換工事の相場を把握できるでしょう。

まとめ

分電盤を15年以上使用しているというご家庭もあるとは思います。
しかし、実際の寿命は13年。これ以上使い続けることには大きなリスクを伴うことがあります。
ブレーカーが落ちやすい、発熱や異音がするなどの症状がみられたときは急を要します。そうでなくとも、早めに交換工事を行ってください。
電圧の変更や専用回路が必要になった時も含め、弊社街の修理屋さんではブレーカーや分電盤の交換工事を承っています。お気軽にお問い合わせください。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す

施工事例

街の修理屋さんのスタッフブログ