エアコンのルーバーが折れた際の対処法【瞬間接着剤を使用する】

「エアコンを使用していたら、ルーバーが折れてしまった。このままだと風向きを変えられないので、早めに何とかしないと…」という方は、多いと思います。ルーバーは風向きを変える部品なので、故障すると風向きを変えられません。不便ですし、ずっと風が当たると身体にも悪いので、早めに解決するべきです。

そこで今回は、以下の内容について解説します。

  • エアコンのルーバーが折れた際の対処法
  • エアコンのルーバーの交換を業者に依頼する料金

街の修理屋さんでは、全国の工事実績が15万件以上あります。国税庁や日本郵便など、有名企業からも依頼を受けた実績があります。記事の信頼性は、確保されていますよ。ぜひ参考にして、エアコンの取り外しに役立ててくださいね。

エアコンのルーバーが折れた際の対処法

エアコンのルーバーが折れた際の対処法

エアコンのルーバーが折れてしまった際の対策としては、以下のようなものが考えられます。

瞬間接着剤で付ける

折れてしまったルーバーを使うのであれば、瞬間接着剤を使用しましょう。ある程度の期間であれば、瞬間接着剤で付けたルーバーでも、充分に使用することが可能です。

本体からカバーとルーバーを取り外し、ルーバーに瞬間接着剤を付けます。その後、ルーバーの破損個所に糸を巻き付けて補強してください。最後に、ルーバーとカバーを元に戻して動作確認を行いましょう。

ただし、これはあくまでも応急処置です。このままでは、再度ルーバーの固定個所が取れてしまう可能性があるので、早めに新しいルーバーに交換することをおすすめします。

ルーバーを交換する

ルーバーが破損してしまったら、早めに交換するのが理想的です。メーカーに連絡すれば、ルーバーを取り寄せることができますし、近年ではAmazonなどを活用すれば手軽に購入することもできます。

数百円~数千円程度なので気軽に購入できますが、型式は間違えないように注意しましょう。違う型式の製品はもちろん使うことはできませんし、無理にはめ込もうとすると故障の原因にもなりかねません。

新しいルーバーが届いたら、折れてしまった古いルーバーを取り外して、新しいルーバーに交換します。ルーバーの取り外しは、基本的に特別な工具などを必要とせず、素手で行えます。しかし、エアコン本体を傷つけないように、なるべくゆっくり行いましょう。

エアコンのルーバーの交換を業者に依頼する料金

エアコンのルーバーの交換を業者に依頼する料金

実際にルーバー交換を業者に依頼すると、10,000円~15,000円程度かかる場合が多いです。業者やケースによっては、20,000円以上かかる場合もありますので、事前に確認しておくべきです。

弊社、街の修理屋さんでは、エアコンルーバーの交換を13,000円で承っております。確かな技術を持ったスタッフによる即日対応も可能ですので、気になる方はお気軽にご連絡ください。

また、エアコンの不調はルーバーだけが原因で、起こる訳ではありません。「ルーバーが原因かと思ったら、内部の不具合が原因だった」ということも往々にしてあるので、専門業者に見てもらうのが無難です。

エアコンのルーバーを長持ちさせるには掃除あるのみ

エアコンのルーバーを長持ちさせるには掃除あるのみ

「ルーバーを長持ちさせるにはどうしたら良いの?」といった質問をいただくこともありますが、基本的には定期的な掃除しかありません。

ルーバーはエアコン作動中は常に動いている部品なので、元々故障しやすい箇所です。そのうえ、さらに掃除をサボってカビや埃が付いたまま、エアコンを使用し続けると、ルーバーに余計な負荷がかかって寿命を短くしてしまいます。

ルーバーを長持ちさせたいならば、定期的な掃除を心がけるようにしましょう。また、定期的な掃除はカビの発生防止にもつながりますので、ご自身の健康を考えても掃除を行い、ルーバーが綺麗な状態を保ってくださいね。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す