エアコンをつけっぱなしで寝ると体がだるくなる理由と対処法

「エアコンをつけっぱなしで寝ると、起きた時に体がだるくなる。寝る際は、エアコンを切った方がいいのかな…」という悩みのある方は、多いと思います。エアコンを運転したまま寝ると、初めは心地いいですが、目が覚めると倦怠感に襲われるでしょう。疲れも取れず、何とかしたいですよね。

そこで今回は、以下の内容について解説します。

  • エアコンをつけっぱなしで寝ると体がだるくなる理由
  • エアコンのつけっぱなしで体がだるくなった際の対処法

街の修理屋さんでは、全国の工事実績が15万件以上あります。国税庁や日本郵便など、有名企業からも依頼を受けた実績があります。記事の信頼性は、確保されていますよ。ぜひ参考にして、エアコンのトラブル解決に役立ててくださいね。

エアコンをつけっぱなしで寝ると体がだるくなる理由

エアコンをつけっぱなしで寝ると体がだるくなる理由

エアコンをつけっぱなしで寝ると、体がだるくなっていることはありませんか?

冷房をつけまま寝ると、冷房病やクーラー病と呼ばれる症状が起こります。体の冷えや倦怠感、食欲不振などが現れます。

冷房病が起こるのは、体温調節が上手にできなくなるからです。

もともと人は環境適応能力といって体温の調節能力があります。しかしエアコンの冷房によって自律神経が障害を起こし、体温調節が上手くできなくなす。結果、このような症状を引き起こしています。

冷房病では、倦怠感に加え、頭痛や腹痛、下痢や神経痛、生理不順などの症状も現れす。日々の生活にも大きく影響します。

このようなことにならないよう、日頃からエアコンをつけままで眠らないことが大切です。

長時間つけているとき、設定温度を大きく超えて冷えてしまうなどエアコンそのものに問題がある場合は業者に点検を依頼しましょう。

エアコンのつけっぱなしで体がだるくなった際の対処法

エアコンのつけっぱなしで体がだるくなった際の対処法

エアコンのつけっぱなしが原因で体がだるくなってしまったとき、どのような対処法があるのか、見ていきましょう。

首や背中を暖める

首や背中には、全身に繋がる太い動脈が通っており、この動脈を温めることで全身に血を巡らせ、体を温めることができます。

体を温めたいときは首や背中を温めると効果的です。

ドライヤーなどを利用して温めるのも良いですが、温度を上げすぎたり、近づけすぎて火傷しないように注意が必要です。

温かい飲み物を飲む

体を温める方法として、温かい飲み物を飲むことも効果的です。

体を温める飲み物としては、紅茶、プーアル茶、ウーロン茶、タンポポ茶、ゴボウ茶、黒豆茶などのお茶に加え、日本酒やワイン、紹興酒などのお酒、生姜湯、ココアなどがあります。

このような体を温める飲み物を飲むことで、体の冷えを改善し、体のだるさを解消することができます。

冷房を使用しても体がだるくならない予防策

夏にエアコンを使用しても体がだるくならない予防策

次に、エアコンをつけてても体がだるくならないようにするためには、どのような方法があるのかを見ていきましょう。

設定温度を上げる

冷房病にならないためには、エアコンの設定温度を上げることが必要です。

エアコンの温度を23℃や24℃で設定したまま寝てしまうと、冷房病を引き起こし、起きた時に体のだるさを感じます。

そのため、寝るときには28℃に設定しましょう。あまり温度を下げずに利用することで、エアコンによる倦怠感を防ぐことができます。

また、日中もエアコンを低い温度で使い続けると、体の体温調節機能が壊れる原因になります。日中でも低すぎる温度に設定するのはやめましょう。

明け方は運転を停止する

人の体は、早朝にかけて体温は低くなり、夕方にかけて体温は高くなります。特に明け方は体温を低くしているため、エアコンの運転停止が望ましいです。

体温が低いタイミングでさらにエアコンによって冷気が加わると、一気に体を冷やします。体のだるさだけではなく、風邪をひく可能性もあります。

早朝や明け方は特に気を付けましょう。

3時間程度で運転を停止する

エアコンによる冷房病を防ぐポイントとして、3時間程度で運転を停止させるという方法があります。

明け方や早朝にはエアコンを止めておくことが良いことに加え、眠りに入るまでは寝苦しさ回避のためにエアコンは付けておいた方が良いということがあります。

眠りにつくまで寝苦しければ、睡眠の妨げになります。3時間程度で切れるようにタイマーをしておくと良い眠りにつくことができ、冷房病の予防になります。

まとめ

ここまで、エアコンをつけっぱなしにすると体がなぜだるくなるのか、理由と対策法についてご紹介してきました。

エアコンをつけっぱなしにすることで冷房病を引き起こし、腹痛や頭痛にもつながることがあります。

エアコンによる冷房病を防ぐためには、エアコンを3時間程度で止めることや、温度を下げること、特に明け方には止めることがおすすめです。

タイマー機能のないエアコンをご使用の場合は、これを機に買い替えることもお勧めです。新しいエアコンは節電機能も充実しており、日々の電気代の節約にもなります。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す

施工事例

街の修理屋さんのスタッフブログ