エアコンサイズはどう計れば良い?設置場所に合わせた寸法について解説

いまのエアコンに満足していますか?

「設定温度はもっと低いはずなのに冷えない」

「電気代ばかりかかってたいして涼しくならない」

「少しつけただけでもすぐに冷えてしまうから調整がしづらい」

いまのエアコンに満足!という方ばかりではないでしょう。

次にエアコンを買い替えるとき、いま買い替えたいエアコンについて調べている時、ぜひこの記事も参考になさってくださいね。

エアコン設置ルール

新しいエアコンを購入する時、いまのエアコンから買い替えるとき、考えなければいけないことも注意すべきこともいくつかあります。

その中のひとつが、室内機の設置スペースとサイズです。

実は、室内機は設置スペースの上下左右●cm以上開けなければならないという細かいルールがあるんですよ。

詳しくは下記関連記事をご参照ください。

上下のスペース

エアコン室内機は、床上1.8mから2.3mの位置に設置しなければなりません。

ほぼ天井付近の位置ですね。

大抵の室内機が天井付近の高い位置に設置されている理由は、この設置ルールがあるからなんですよ。

しかし、いくら床上の距離が指定されているとはいえ天井にぴったりくっつけてはいけません。

同じく天井からも50cm以上距離を開ける必要があるからです。

エアコン室内機は上部から室内の空気を取り込んでいます。上部にスペースがないと空気を取り込むことができず、エアコンは稼働できなくなります。

左右のスペース

左右どちらかの壁に沿わせる位置に設置したいと思うこともあるでしょう。

しかし、これも規定があります。

右に寄せても左に寄せても、必ず30cm以上隙間を開ける必要があります。

コンセントと配管

エアコンにはエアコン専用コンセントがあります。このコンセントから近い位置に設置しましょう。

また、購入の前にコンセントの電圧がエアコンと合致しているかも確認する必要があります。

ドレンホースや配管を通す穴の位置も確認しましょう。ここはドレンパンに溜まった水を流す都合上、エアコン下部か本体より下の位置に配する必要があります。

部屋の広さと条件

次に気を付けるべきは、設置する部屋と環境に合わせたスペックのものであるかどうかです。

新品のエアコンが冷えない理由は、部屋の広さに対してスペックが低かったり、広さは問題なくとも日差しが入る部屋やダイニングキッチンなど気温の上がりやすい環境が原因のこともあります。

逆に、部屋の広さはあまり広くないにも関わらず大きいスペックのエアコンを設置し、冷えすぎたり温まり過ぎたりすることもあります。

足りなくても多すぎても快適にはならないので、気を付ける必要があるんですよ。

例えば、6畳の部屋に設置するなら適用サイズ6畳のエアコンを設置すると良いでしょう。

その部屋が南向きだったり、西日が入って暑くなる部屋だったりする場合や、ダイニングキッチンのように火を使うため室温が上がりやすい場合は部屋の畳数プラス2畳分くらいのスペックのエアコンを選ぶと良いでしょう。

設置スペースに問題ないか分からない時

DSC_0450

設置スペースやスペックに問題ないと判断して購入したものの、実際の設置スペースは思っていたより狭かったり、機種によっては一般のエアコンより広くスペースを確保しなければならないものもあります。

「購入したけど設置できなかった」

「設置したい場所ではスペースが足りず、配管用の穴や電源工事が新たに必要になってしまって出費が増えた」

こうした問題が起こらないとは限りません。

設置スペースに問題ないか不安な時は、一度購入前に電気工事の業者に相談してみても良いでしょう。

「まだ購入してないエアコンの相談なんてしていいの?」と遠慮する方もいらっしゃいますが、どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせの際は、購入前に設置スペースを見てほしいなど、具体的な相談内容を伝えるとスムーズですよ。

せっかく購入したエアコンが、設置できずに買い直しになってしまえばお金もかかる上に二度手間です。

けっして安くはない買い物ですし、失敗のリスクが減らせるならできる限り減らしましょう。

設置に迷ったら業者へ相談

設置できるか分からないエアコンを買ってしまったときや、購入したエアコンの無料設置を頼んだら「うちでは設置できないよ」と言われてしまった……

そんな時には、街の修理屋さんのような電気工事の専門業者にご相談ください。

量販店の無料設置では対応できない特殊な設置や、難しい技術の必要な設置にも専門業者なら対応できるんです。

ぜひお気軽にお問い合わせくださいね。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す