三つのポイント

東芝大清快が故障した?簡単チェックで故障診断

この記事を読むメリット

電気のトラブル対応や工事をしている当社が発信する情報だから安心!!

・創業10年、問合せ件数60万件の実績から、あなたのお悩みを解決。
・自社工事社員が約20人在籍で、ノウハウも多くあるので情報発信の幅も広い。

その他電気トラブルでの不明点があれば、電話での無料相談もお気軽にご利用ください。どこに頼むかわからない方でも、些細な事からご相談を承ります。
電気は万が一(火災など)があるので少しでも心配であれば必ずご相談ください。

0120-966-765

※Pマークを取得しているので個人情報を適切に管理しています。

※Pマークを取得しているので個人情報を適切に管理しています。

東芝大清快は、お手入れがしやすいことなどで評判の良いエアコンです。そんな東芝大清快が故障?と思うときはどうしたらよいでしょうか。この記事では故障診断ができる簡単なチェック方法や故障の対処法を解説します。

東芝大清快の特徴

設置された東芝エアコン

東芝から大清快が発売されたのは、1998年でした。東芝の特徴であるプラズマ空気清浄機が搭載され、お掃除しやすいセルフクリーン機能、内部クリーンなど当時としては、最先端のモデルでした。そんな東芝大清快の特徴を挙げます。

  • 無風ルーバー搭載で風向きの調整ができる
  • AI機能で温度調整ができるので快適に過ごせる。
  • スマホで操作できる。
  • AI搭載で節電にも関与している。
  • フィルターの自動お掃除や楽ダストボックス、マジック熱交換器がついているのでお手入れが楽。
  • 空気清浄機能も搭載されている。

東芝大清快は簡単チェックで故障診断ができる

もしも東芝大清快の動きが悪いと感じた時、簡単チェックで業者に依頼すべき故障かどうか判断できます。そのチェック方法をご紹介します。ポイントはフィルターや室外機、リモコンです。

ホコリがたまっていないかチェック

エアコンが動いているのに、お部屋の温度が下がらなかったり上がらなかったりする不具合があるケースでは、まずはフィルターのホコリをチェックしましょう。

エアフィルターを取り外して、ホコリがたまっていたら、水洗いをするなどのお手入れをするだけで、温度調整が正常に戻る可能性が高いです。詳しいお手入れ方法は、取り扱い説明書をご覧ください。

大清快を動かして室外機をチェック

動きが良くない、止まっているように感じる、温度調整がされていないように感じた時のチェック方法です。大清快を動かして室外機をチェックします。この方法によって、業者に修理を依頼する目安がわかるので、参考にしてください。

室外機から温かい風が出ているか、ファンが動いているかチェック

室外機から温かい風が出ていない、ファンも動いていないとなると、故障の可能性が高いので、修理を依頼することをおすすめします。考えられるのは、室外機の故障です。

基盤交換やコンプレッサー修理が考えられますが、どちらも素人判断ではできないものです。危険を伴うことも考えられるので、専門業者に任せましょう。

室外機の冷媒管でガス漏れチェック

大清快を室内で15分ほど動かしてから、室外機をチェックします。この時に見るのは冷媒管です。

冷媒管に水分がついている状態ならば正常ですが、霧のような感じになっていたら、ガス漏れの可能性があります。

もしもガス漏れを起こしていたら、エアコンが正常に動いていません。冷媒が少なくなっているため、エアコンを動かせないのです。原因は配管にキズがある、設置がうまくできていない、初期不良などが考えられます。

こうした故障の場合は、素人では直せないので、専門業者に依頼して判断してもらう必要があります。

リモコンのエラーコードをチェック

リモコンのエラーコードでチェックする方法もご紹介します。

東芝エアコンは、リモコンにエラーコードが出るので、その番号でどんなエラーなのかチェックできます。

たとえば、下記のようなエラーがあります。

  • 01:ハウジングエアコンの場合は渡り線、信号伝送系に異常の可能性。システムダクト型だとリモコンやシリアル受信ができなくなっている可能性があり。
  • 02:ハウジングエアコンの場合、室外機の不具合。システムダクト型だとリモコンやシリアル受信に問題あり。
  • 03:圧縮機系の異常の可能性
  • 04:室内から室外への信号伝送ができなくなっている。
  • 05:04の逆で室外から室内への伝送ができない

その他にもさまざまなエラーコードがあります。エラー内容はエラーコードからおおよそ把握することができるようになっているんですよ。

街の修理屋さんなどエアコン修理の業者に依頼する際も、このエラーコードを控えておいて、エアコンの状態を伝えるとスムーズです。エラーコードがわかれば業者はどこを修理すれば良いか理解できるので、さほど時間をかけずに修理ができる可能性があります。

また不具合の詳しい説明にもなるので、表示されるエラーコードはメモしておくことをおすすめします。

大清快が故障したとき自分でできる対処法

ホコリのお掃除以外で、自分でできる対処法もご紹介します。本体リセットや応急運転といった、いずれも簡単な方法です。

本体をリセットしてみる

故障かもしれないと思ったら、本体をリセットしてみるのも良い方法です。これだけで不具合が解消されることもあります。

電源をオフにして室内機の電源コードを抜く

エアコンが動作しているうえでの不具合であれば、まずはリモコンをオフにして室内機の電源コードを抜いてください。エアコンが動作していない状態であれば、そのまま電源コードを抜きます。ルームエアコンはこうした作業により、室内機のみでなく室外機もリセットされています。電源コンセントが室内に一か所しかないためです。

もしも、電源コードが高いところに設置してあり届かない場合は、分電盤のエアコン回路のブレーカーを落としても良いでしょう。これでエアコンの電源をシャットアウトしたこのになります。以下はブレーカーにあるマーク「〇」「ー」の意味です。

  • 〇は電気を遮断
  • ーは通電

1分たったら電源を元通りにする

上記で説明した作業後1分たったら、再び電源を入れ直して元通りにします。これで今まで通りに動作が開始されたら、問題ありません。

しかし、これでもエアコンが動かない、各種ボタンが点滅状態であれば、修理を依頼した方が賢明です。

尚、リモコンのリセットボタンは電池交換後のリセットに使います。そのため、ここを押してエアコンがリセットされるわけではありません。誤解のないように気を付けましょう。

応急運転で動作確認

東芝エアコンには、応急ボタンがついています。このボタンを押してエアコンが正常に動けば、冷房や暖房部分は故障していないことがわかります。

仮にここを押してもエアコンが動かない、ランプが点滅し続けるといった場合は、故障が考えられるので、業者に依頼して修理してもらいましょう。

自分で対処できない東芝大清快の故障は業者に依頼しよう

東芝エアコン大清快が故障かもしれないと思ったら、ホコリのたまり具合や室外機をチェックする、本体リセット、応急運転などで様子を見ます。

室外機をチェックしたり、対処法を行ってみたりしても不具合が直らない場合は、エアコン業者に修理依頼をしましょう。プロのテクニックで不具合を見つけて直してくれます。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す