エアコンは100vか200v?選び方と特徴をプロが教えます!

「新しく買おうと思っているエアコンが200vだった。今までは100vしか使ったことがないけれど、なにが違うの?」

こんな疑問をいだいたことはありませんか。

そこで今回は、200vエアコンの下記内容について解説します。

  • コンセントの基本
  • 100vコンセントの電気工事
  • 日本と海外の電圧
  • 電気代

街の修理屋さんでは、全国の工事実績が15万件以上あります。国税庁や日本郵便など、有名企業からも依頼を受けた実績があります。記事の信頼性は、確保されていますよ。ぜひ参考にして、エアコンの疑問解消に役立ててくださいね。

コンセントの基本

200vのエアコン専用コンセント

電気の用語にはボルト(V)とアンペア(A)とワット(W)があります。

冒頭でも記載している200vや100vはボルトです。

ボルトとは、電圧を指します。電圧は電気を流す際に押し出す力の事です。この数字が上がると、電圧が上がるため流れる電流が増えます。

電流とはアンペア(A)で表す数値です。アンペアとは回線ごとに流れる電流の事で、各家庭ごとに電力会社と契約してアンペア数を取り決めています。このアンペア数を超えて電気が流れることがあれば、自動的にブレーカーが落とされます。

ワット(W)とは電力を指します。電力とは電気エネルギーの消費量です。

エアコンのコンセント

エアコン専用コンセント

エアコンは消費電力の大きい家電のため、専用コンセントが必要です。

通常コンセントの場合、専用ではないため複数のコンセントで同じ回路を使用します。つまり、ひとつの回路を複数の家電で分け合う状態です。

この通常コンセントをエアコンに使用すると、稼働に必要な電力が足りず電源が入らない可能性があります。

また、電源が入っても稼働に必要な電力が足りないためにブレーカーが落ちる原因ともなります。

エアコンに電力が集中するせいで、同じ回路の他の家電が故障することもあります。

さらには、コンセントが熱を持ち火災の原因にもなります。

4種類のコンセント

エアコンの専用コンセントには大きく分けて100vと200vの2種類があります。

さらにコンセントの形状もそれぞれ2種類あるため、全部で4種類のコンセントに分かれます。

購入したエアコンのコンセントが、設置する場所のコンセントの形状と一致するか確認しましょう。

形状が一致しない場合や、専用コンセントが部屋に無い場合は業者に依頼することもできます。

100vコンセントと200vエアコン

「購入したエアコンが200vだったけど、前のエアコンは100vだったから100vのコンセントも使える?」という内容のお問合せは多くいただきます。

残念ですが、そのままでは使用できません。

電圧の違い

200vのエアコンは、200vの電圧による電流を前提とした稼働をします。そのため、100vという想定より低い電圧のコンセントに繋ぐと発火事故が起きます。コンセントだけでなく、家ごと燃える火事に至る危険性がありますので、電圧の異なるエアコンを設置しないでください。

200vの判断

200vのコンセントを設置している場合、家に届く電気は単相3線式です。

分電盤から出ている線が赤白黒の3本ですと、単相3線式と判断できます。

現在200vのコンセントがない場合でも、分電盤から3本の線が出ている単相三線式であれば、200vの電源を新たに設置する工事を行なうことができます。

電気工事

200vのエアコンを購入したものの、200vのコンセントを設置していない場合は電気工事を依頼しましょう。エアコンの取り付け工事と同時に依頼するとスムーズに進みます。

ただし、家の電気が単相2線式の場合は注意が必要です。この場合、家の中の電気工事だけでなく配線工事も必要になります。単純な設置工事や電気工事よりも時間を要するうえ、費用も高額です。エアコン購入前に確認し、必要に応じて見積もりも依頼しましょう。

日本と海外の電圧

日本の電化製品は、100vの商品が多いです。

それはエアコンも例外ではありません。

単身世帯用の集合住宅や、戸建て住宅の個人部屋などは6~8畳が多く、その広さに合わせたエアコンも100vのものが多いです。

最近では200vのエアコンも増えておりますが、リビングなど広い部屋で稼働するためにパワーが必要なエアコンに限られています。

しかし、海外の家電は200vを超えるものが多いです。海外のコンセントの多くは200vを超えている為です。

メリットとデメリット

高い電圧はパワーがあります。エアコンのように、短時間で多くの電気を使用し一気に部屋を冷やすなどの稼働をする家電には必要でもあります。

しかし、電圧が高い国では感電事故率も高い傾向にあります。

電圧の高さはメリットもありますが、感電というデメリットもあります。

電気代は高いか安いか

100vより200vの方が電圧は高い分、流れる電気は多くなります。

電圧はパワーの強さにも直結します。

パワーも倍になる200vエアコンの場合、室温を下げる時間が100vエアコンよりも短縮されます。

エアコンは、稼働し始めの部屋を冷やす時間が最も電力を消費します。

この消費電力の大きい時間を短縮させることは、電気代の節約にもなります。

そのため、トータルの電気代はあまり変わらないことが多いです。

むしろ、広い部屋を冷やす際などはパワーの大きいエアコンが能力を発揮できる環境の為、200vの方が電気代は安くなる可能性があります。

環境によって適したエアコンも電力も異なります。

まずは何が最適か家電量販店やメーカーに確認しましょう。

電気工事や設置にかかわる疑問につきましては、街の修理屋さんにご相談ください。

お見積りも無料でご提示しております。

街の修理屋さんでは電気工事をともなう設置工事もお受けしています。全国各地に多数の拠点があるため、ご連絡いただいた日にお近くの作業員が向かいます。年中無休で対応しておりますので、平日はお仕事が忙しい方も休日にご連絡が可能です。エアコンの設置や点検は5,000円より受け承っております。お見積り・ご相談も無料で対応しております。興味のある方はお電話やメールでお問い合わせくださいね。お待ちしております。

おすすめの記事

記事を探す

カテゴリから探す

ジャンルから探す